アクセス集めの誤解

fprise | ネット集客

中野のスタバより

 

 

FPライズの石塚です。

 

ホームページからの集客には、

方程式があります。

 

この方程式のことを理解すればやるべきことが

はっきりするので、是非覚えておいて下さい。

 

その方程式とは、、、

 

—————————————————————–

アクセスの数 X ホームページの成約率

—————————————————————–

 

でしたね。

 

アクセスというのは、ホームページに訪れた人の数です。

 

例えば、1ヶ月に1000人がホームページに

来てくれたとしたら、1000アクセスが

あったということになります。

 

一方、ホームページの成約率というのは、

ホームページに来てくれた人が問い合わせする確率です。

 

例えば、100アクセスにつき問い合わせが

1件入るとしたら、成約率は1%です。

 

そして、ホームページの成約率がどう決まるかと言うと、

 

—————————————————————–

ホームページの充実度 ー 競合の強さ

—————————————————————–

 

で決まって来ます。

 

ホームページの内容が、

充実してればいるほど成約率は上がります。

 

一方で、あなたと同じようなサービスを提供している競合の

ホームページが充実していればいるほど、成約率は下がります。

 

競合のホームページがあなたのホームページよりも

良さそうだと、そっちを選ばれてしまいますからね。

 

ただし、競合のホームページの

質を下げることはできません。

 

競合に電話して、

「頼むから、お前のホームページをもっとショぼくしてくれ!!」

なんて言えないですよね…

 

なので、ホームページの成約率を上げるには、

自分のホームページを充実させるしか方法はありません。

 

ここまでは、分かって頂けたでしょうか?

 

簡単な事ですけど、大事なことなので

しっかりと理解してもらえると嬉しいです。

 

ここをしっかりと理解していると、

ホームページから集客できない時に

何をすれば良いか明確に理解することができます。

 

—————————————————————–

アクセスの数 X ホームページの成約率

—————————————————————–

 

今回は、このうちの「アクセス」

について詳しくお伝えしたいと思います。

 

さて、「アクセス」についてですが、この方程式を見ていると、

単純にアクセスの数を増やせばいい気がしませんか?

 

100アクセスよりも200アクセス、200アクセスよりも

1000アクセスを集めればよさそうですよね。

 

ですが、、、

 

単純にそういう話でもないのです。

 

「えっ!どういうこと??

だって数が増えれば良さそうじゃん!?」

 

普通はこう思いますよね。

でも、確かに数が増えるのは良い事ですが、

実はそれだけを追い求めるのは間違っているのです。

 

 

これは、多くの人が見落としてしまうポイントですね。

 

 

どういうことかというと、

実はアクセスには”質”の良し悪しがあるのです。

 

ちょっと具体例を挙げてみましょう。

 

「ファイナンシャルプランナー 相談」

というキーワードを検索して、

あなたのホームページに訪れた人がいるとします。

この人は、「ファインナンシャルプランナー 相談」

というキーワードで検索をしている人ですから、

 

「ファインナンシャルプランナーに相談したい!」

 

と思っていますよね。

 

この人があなたのホームページに訪れた場合、

問い合わせをする確率は低いでしょうか?高いでしょうか?

 

正解は、高いです。

 

既に相談したいと思っているのですから、

当然ですよね。

 

 

次に、「ファイナンシャルプランナー」

というキーワードを検索して、

あなたのホームページに訪れた人がいるとします。

 

この人があなたのホームページに訪れた場合、

問い合わせをする確率は低いでしょうか?高いでしょうか?

この場合は、低いです。

 

なぜなら、「ファイナンシャルプランナー」

と検索している人の中には、、、

 

・ファイナンシャルプランナーってどんな職業なんだろう?

・ファイナンシャルプランナーの資格を取りたいな。

・ファイナンシャルプランナーで独立ってできるのかな?

 

など、様々な思惑を持っている人がいるからです。

 

こういう気持ちで検索している人が

あなたのホームページに訪れても、

お問い合わせなんてしないですよね・・・・

 

つまり、アクセスに関しては、

数を集めるのも大事ですが、、

問い合わせに繋がりやすいアクセス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

を集めるのがもっと大事になります。

 

どうでしょうか?

ここまでは分かって頂けましたか?

 

このポイントが分かっていないと、

むやみやたらに無駄なアクセスを集めてしまい、

結局は意味がなかった・・・

 

ということになりかねませんので、

気を付けましょう。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。