8年後のFP業界はどうなってる?

fprise | マインドセット

中西雅司

今日は、栃木県に来ています。

餃子の街、宇都宮で、
ジャンボ焼き餃子を食べてきました。

餃子と言えば、浜松と宇都宮が
いつも熾烈な1位争いを
繰り広げていますよね。

でも、

この2つの地域が1位争いを
しているニュースを見ていると
少し残念に思うことがあります。

餃子好きの私としては、
味や人気でもっと争ってほしいのに、

餃子の“消費量”で順位を
争っているからです。

さて、

先ほど、そんなことを
考えながら、宇都宮の街を
歩いていたら、

ある信託銀行の入口に
1枚の張り紙がしてありました。

文章を読んでみると、
どうやら、最近閉店したようです。

これを見て、私は、

「私たちFPの将来に大きな
影響がありそうなニュース」

を思い出しました。

それは、、、

みずほ銀行の25%の人員削減

3ヶ月ほど前のニュースになりますが、

「みずほ銀行、19,000人の人員削減」

こんな記事がありました。

読まれた方も多いと思いますが、

記事によると、

AI(人工知能)などを使った
効率化によって、業務量を減らし、
8年かけて、25%の人員を減らす計画のようです。

あなたはこれを聞いてどう思いますか?

銀行の内部の話なので、
一見、私たち独立FPには
直接の影響はなさそうに見えますが、

私は、

「私たちFPも、直接
影響を受ける話かもしれない」

と考えています。

なぜかというと、、、

FPが影響を受ける理由

もちろん、

この人員削減によって、直接
影響を受けるのは、銀行の
社員の方です。

なので、その部分だけをみれば、
私たちFPにはあまり影響は
ありません。

しかし、

人員削減によって、
会社を辞める人がいます。

そのまま、退職してしまう人も
いるでしょうが、

多くの方は転職するなど、新しい
仕事を考えるでしょう。

ところが、

これからの時代、どこの業界でも、
AIなどにより、大企業は
人員削減を進めるはずです。

そうなると、大企業への転職は
簡単ではなくなりますよね。

ベンチャー企業、中小企業などへの
転職が増え、

給料は大企業と比べると減って
しまう人が増えるでしょう。

結果として、

「資格を活かした独立や副業」

を選択肢とする人が増えてくる
のではないかと私は考えています。

そんな人の、有力な選択肢に
なるのが

「FP」

です。

独立のハードルが低く、

そして、

金融機関の人の多くはこの資格を
すでに持っているからです。

独立FP大増殖時代の到来?

過去の私がそうだったように、

営業も相談もやったことがない
にもかかわらず、

金融機関に属していて、
FPの資格を持っているだけの人が、

どんどん独立して、FPを始める
可能性もあります。

今でこそ、FPは稼げない
というイメージが強いので、

独立志向がある人はそれほど
多くありません。

しかし、

今後、稼ぐFPが増えてくると、
その印象ががらっと変わり、
独立FPが増えてくる可能性があります。

“経験のない独立FP”大増殖時代が
訪れるかもしれませんね。

確固たる地位を築くために

もし、

このような状態になった時に、
私が最も懸念するのは、

こちらのメルマガで一生懸命学んで
おられるような、FPのあなたにとって、

見かけ上のライバルが大量発生して
しまう危険性です。

すでに安定的に顧客獲得できる仕組み
を持っている方は問題ありませんが、

その時に、まだ安定的に
顧客獲得ができていないと、

後から独立した大量のFPの
人達と同じ土俵で戦わないと
いけなくなります。

「そんな経験や実力のないFPには負けない」

と考える方も多いでしょう。

でも、残念なことに、
一般消費者から見るとFPの
実力の違いは簡単にはわかりません。

お医者さんの実力の違いが、簡単には
私たちにはわからないのと同じですね。

私はあなたに、そういった
経験のないFPと比べられる
苦しみを味わってほしくはありません。

なので、、、

すでに独立しているけど、まだ
軌道に乗せられていない人や
これから独立を考えている人は、

FPの知識の学びは最初は
ほどほどにしておいて、

今のうちに、マーケティング、
ビジネスモデル、集客などの
顧客獲得のための知識を学んでください。

そして、実践してください。

最後までこの記事を読んでくれている
熱心なあなたは、正しく行動さえ
すれば、必ず成功できますから。

あなたの願望を実現するには?

モルガン財閥の創始者、
J・P・モルガンさんは
こう言っています。

「どこかにたどり着きたいと欲する
ならば、今いるところには
留まらないことを決心しなければならない」

と。

もしあなたが、
FPとして成功したいのなら、

今いるところに留まらない
ことを決心してください。

そして、

行動→改善→行動→改善を
繰り返していってください。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。