※音声が聞こえない場合は、画面左下の音声ボタンから音量を調整下さい。


FPオフィスクライアントサイド
代表
久保 逸郎




1970年愛知県名古屋市生まれ、福岡県春日市在住。

中学時代に反抗期を迎えたこともあって、高校受験で苦戦。

唯一受かった年間退学者200人超の超底辺高校も1年で中退、アルバイト中心の生活をしていた時期があったが、たまたま書店で見かけた雑誌をきっかけに大学でアメリカンフットボールをやりたい気持ちが芽生え一念発起。独学で大学入学資格検定を取得して大学に進学する。

大学卒業後は大手リース会社の営業職としてファイナンスリース、自動車ローン・住宅ローンなどのローン商品の営業・与信業務に従事した後に、外資系保険会社を経て、2003年春にファイナンシャルプランナー(FP)として独立開業。

顧客本位の姿勢を貫きたいという思いから、屋号を『クライアントサイド』とした。

独立の後、資産運用に強いFPの第一人者の神戸孝氏(FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社代表取締役、日本FP協会理事、金融庁金融経済教育懇談会委員、同金融審議会専門委員などを歴任)に出会い、ライフプランをベースにしたFPらしいコンサルティング手法と、「資産運用と保険はクルマの両輪」という考え方に賛同。

2006年に大手乗合代理店から移籍して、顧客のライフプランをベースにした資産運用コンサルティングのノウハウを学ぶ。

独立から15年以上にわたり相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近い講演や、マネー雑誌やコラム等の原稿執筆を行うなど活動は幅広い。

中心である相談業務では「90歳まで安心のライフプラン」を合言葉に、顧問契約を中心としたモデルで長期的なライフプランのサポートを行い、顧客から高い満足度を得ている。

プライベートでは大学時代から約25年間アメリカンフットボールに携わっていて、選手として九州社会人リーグ優勝10度・西日本選手権(グリーンボウルJrトーナメント)2度の優勝などを経験。

現在も社会人チームのコーチをしており、週末には現役選手とともに汗を流している。また、近年は週2回程度テニスをしているほか、マラソンやキャンプ・スキー&スノーボードなどアウトドアの趣味が多い。