2年無駄にせずに済みそうです

fprise | マーケティング

中西雅司

私は今追い詰められています。

なぜかというと、このメルマガの
締切が迫っているからです。

というより期限を越えています。

私は文章を書くことがあまり好きでは
ないので、

どうしても後回しにしてしまいます。

その結果、追い詰められてしまったのです。

でも、今回後回しにしたのは、
それだけが原因ではありません。

後回しにしてしまった理由が
もう1つあります。

それは、、、

サボってしまった

私は基本的に仕事が好きなので、
あまりサボることはないのですが、

今回は単純にサボってしまったのです。

本当は、メルマガを書く時間は
たくさんありました。

でも、

「まだ期限まであるから今度にしよう」

を繰り返しやっていたら、
こんな時間になってしまって、

他の仕事もある中で、この
メルマガを書いています。

後回しにした理由が、、、

「スマホゲーム」

です。

私はゲーム世代です。

2歳の時にファミコンが発売され、
高校までは、

スーパーマリオ、ドラクエ、桃鉄など、
色んなゲームをしてきました。

親戚の家でいとこと遊ぶのも
テレビゲームでした。

でも、大学以降は、

「時間がもったいない」

と思って基本的にはやらないように
しているのですが、

それでもたまにゲームをしたくなって、

そうなると、時間を忘れて
没頭してしまいます。

気が付けば、深夜の3時なんて
いうのもよくある話です。

今回は、久々にこの状態に
なってしまって、先ほど
ようやく現実世界に帰ってきました。

という、メルマガの文字数稼ぎの
ための、

どうでもいい話は置いておいて、

まじめな話に変えます。

税理士を目指す後輩

先日、私は前の会社の後輩と
呑みに行ってきました。

彼と会うのは1年半ぶりです。

彼は税理士を目指しています。

税理士の資格を取得して、
独立したいそうです。

私は彼から、以前からその話を
聞いていたのですが、

いよいよ資格を取得できそうな
状態になってきたらしく、

こんな相談を受けました。

彼の悩みは?

「税理士の資格取得をしただけでは、
他の税理士に勝てないと思っています。

なので、付加価値をつけるために、
他にも新しいことを学びたい。

でも、何を学べばよいかわからない。」

そんな悩みでした。

その悩みを聞いて、私は、

「多くの税理士が、最初に陥る
思考パターン」

だなと思いました。

そんな彼に私はこのように
アドバイスをしました。

「付加価値は新たにつけなくても
勝てるよ」

と。

その内容を伝えたところ、彼は

「目からウロコです。2年くらいの
時間を無駄にせずに済みそうです」

ということを言ってくれました。

さて、

「なぜ付加価値を新たに
つけなくても勝てるのか」

「どうすれば勝てるのか」

あなたはどのように考えますか?

土俵を変える

このメルマガを読んでくださっている
熱心なあなたは、もう答えはお分かり
かもしれませんが、

税理士がうまくいかない思考として、

他の税理士に負けないようにするために、

「もっと税務に詳しくなろう」

とか

「他の資格もとろう」

というパターンになりがちです。

確かに、このように能力を高める
ことは、お客様のためには、
大事なことではあります。

でも、それだけやっていては
うまくいきません。

なぜなら、お客様を満足させる
上記のような力と、

お客様を目の前に連れてくる力は
別の力だからです。

お客様を目の前に連れてくる力は、
経営力、マーケティング力です。

なので、経営の観点をふまえて、
このようにアドバイスを
しました。

「税理士という土俵で勝負するのなら、
大変だよね。

知識をずっと高め続けなければならない。

でも、税理士という土俵ではなく、

例えば、

『保険代理店の税務に強い税理士』

という土俵で勝負したら、簡単に
勝てるのでは?

〇〇(会社の後輩)は、保険会社に
10年以上勤務しているのだから、

保険会社のことや保険会社の税務を
わかっていることを活かせるよね。」

と。

勝てる土俵で簡単に勝つ

このように、税理士が
経営やマーケティングのことを知ると、

あっという間に優先順位が
変わることがあります。

それまで、やる必要があると
思っていたことが、

不要であることに気付く
こともあります。

FPも同じです。

FPも、FPという土俵で勝負を
すると、簡単には勝てません。

自分よりも長くFPをやっている人、
自分よりも知識が豊富な人、
自分よりも話を聞くことが上手な人、

など、

「自分には勝てない」

と思う人はいっぱいいますよね。

でも、その人たちと違う土俵で
戦えば負けることはありません。

最近、大谷選手が大活躍の、
野球に例えて言うなら、

「勝てる見込ないのなら、
メジャーリーグに行かなければよい」

のです。

「地域の草野球で勝負を
しておけばよい」

のです。

FPも経営者です

FP実務の知識を高めることは
とても大事です。

でも、それと同時に学ぶべき
他のこともあります。

もし、あなたがFPとして少しでも
早く成功したいのなら、、、

優先順位を決して間違わないように
してくださいね。

「資格を活かして仕事をしている人」

は忘れがちになってしまいますが、

士業やFPも1人の経営者です。

FPも1人の経営者なのですから、
経営・マーケティングをしっかりと
学ぶ必要があります。

それだけで、何年も成功するまでの
時間を早めることができるのですから。

P.S.

優先順位を間違わないように
した結果、生まれた時間は
大切に使ってくださいね^_^

ゲームで無駄にしたり
しないように。

そんなのは私くらいだと
思いますが。。。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。