ゲリラ作戦だ!

fprise | 集客アイデア

石塚駿平

効果的なマーケティングに欠かせないもの。

それは、「有望な見込み客にアプローチすること」です。

痩せてる人にダイエットサプリは売れませんし、
マイホームを既に建ててる人に家は売れません。

しかし・・・

同窓会で久しぶりに会った友人に

「太ったんじゃない?」

と言われた女性にはダイエットサプリは売れます。

子供が小学生に入る前で、
金銭的にも余裕がある夫婦に家は売れます。

つまり、

“自分のサービスを求めている人はどこにいるのか?”

を考えることは、マーケティング
を成功させる為には必須なのです。

しかし、多くの人が、

『誰が自分のサービスを求めているかはわかるけど、
どうやってアプローチをすればいいのかわからない』

という壁に当たってしまい、
なかなか行動をすることができません。

そこで、1つ使える戦略をお伝えしたいと思います。

でも・・・この方法には拒否反応を示す人もいるでしょう。
万人に受け入れらるものではありません。

なぜなら、この戦略はとても直接的で、
スマートではなく、泥臭い方法だからです。

しかし、効果はあります。

直球アプローチ

例えば、家をこれから買う人に
アプローチしたい時を考えてみましょう。

家を買いたい人が集まる場所はどこでしょうか?

色々とありますが、住宅展示場が挙げられますね。

住宅展示場には、まさにこれから家を
買おうという人が集まっています。

まさに、”自分のサービスを求めている人”ですね。

それがわかったら、やることは単純です。

住宅展示場に行って、
チラシを配ればいいのです。

住宅展示場の出口に待ち構えて、

「諸費用を100万円節約する方法をお伝えしています」

とか、

「300万円支払いが変わる住宅ローンの選び方を教えます」

など、直接的なメリットを訴えながら
チラシを配っていくのです。

こうすれば、”有望な見込み客”に
アプローチをすることができますね。

もし直接配れなくても・・・

開場の立地的な問題だったり、
運営しているスタッフの方の目があったりで
無理な時でも、使える方法があります。

これは、まさにゲリラ作戦という方法なのですが、
様々な業界で成果を出しているものです。

その方法とは、”車のワイパーにチラシを挟む”
というものです。

車のワイパーに何か挟まっていたら、
絶対に何が挟まれているか見ますよね。

100%の確率で車の持ち主は
「何だコレ??」と思い、チラシを手に取ります。

そして、そこに書かれていることが、

「これって、まさに俺が求めてるものじゃん!!」

という内容だったら、何人かは反応してくれるはずです。

実際に、魚市場に魚を仕入れている業者の車に、
魚を安価で卸せる旨のチラシを挟んで成功した事例もあるそうです。

全く興味のない分野のチラシを入れられたら
イラっとしますが、自分の関心に合ったものであれば、
与える印象はだいぶ違うはずです。

自分のいらないものの広告はタダの迷惑ですが、
自分に必要なものの広告はもらって嬉しいものです。

また、ちょっと違った例も挙げてみましょう。

デイサービスの送迎車ってありますよね。

あれって、車の後を付けていると、
「デイサービスを利用する状態の高齢者がいる家」
を知る事ができます。

それがわかったら、直接その家にのピンポンを鳴らし、
高齢者向けのサービスの案内をしていく、という方がいました。

念の為に言っておきますが、詐欺的なことじゃないですよ!
本当に高齢者に役に立つサービスです。

この方も、短期間で抜きん出た成果を出しています。

この作戦、どう思う?

この話を聞いて、

「迷惑じゃないか」
「常識を考えろ」
「そんなことしたら怒られるだろ」

こういう反応をする人が多いことは知っています。

でも、そう考えて動かない人がほとんどだからこそ、
効果が出る方法なのです。

僕の知っている方でも、初めは怒られること
覚悟でこのような作戦を取っている人がいました。

「怒られればやめればいい」

という考えのもと、効果のある方法をやり続けたのです。

その方は今、業界でも屈指の
コンサルタントとして有名になっています。

そういった行動力のある方こそ、
成功する資質があるとも言えると思いますが・・・

あなたはどう思いますか?

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。