年収5億円男の金言

fprise | マーケティング

昆知宏

有言実行ビッグマウス男ヒカル。

誰それ?と思ったあなた。
流行から置き去りにされています。

ヒカルさんは小学生が将来なりたい
職業にも入っている、
カリスマユーチューバ―。

なんと、その年収は5億円とのことです。

チャンネル登録者、
いわゆるお気に入り登録者は、
100万人を超えるとのことで、
その影響力たるやとてつもないですよね。

「祭りのクジにあたりはあるのか?」

というタイトルで、

祭りのくじ引き屋のくじを全部買い占め
当たりがないことを証明し警察に通報する。

という怖いもの知らずの動画を
投稿したりと話題を集めています。

私も今までユーチューバ―が、
実際どんな動画を投稿しているかは
知らなかったのですが、

再生数を確保するために、
興味関心を惹く動画を数多く投稿して
いるのは勉強になるところが
たくさんあります。

興味関心を惹く

ユーチューバ―は、
とにかく注目を集めることに
全エネルギーを注いでいます。

単純に動画再生数が収入に
直結するからです。

そのため、

祭りのくじを買い占めたり、
贅沢なお金の使い方をしたり、
ギャンブルに大金を張ってみたり

ときわどいネタが目立ちます。

面白いと思う人と同じくらい、
不快を思う人もいて、

賛否両論の渦をうまく発生させ、
とにかくアクセス数を稼いでいるのです。

大胆なテーマで注目を集めるという
手法はセミナーなどでも使える
王道手法ですね。

さすがにヒカルさんのように
極端すぎるのは品位の問題で
私たちは真似できませんが、

例えばこの方向性で考えると、

「住宅購入の業界裏話」

「営業が絶対教えてくれな家のこと」

系のネタのセミナーは、

興味関心を惹きやすいので、
集客はうまくいくことが多いです。

年収を増やす究極の極意

ヒカルさんはインタビューの中で、
あることを言っていました。

これは金言ですので、
ぜひあなたも覚えてください。

「魅力的な動画を、
”毎日”投稿し続ける。

それと日本一と
言い続けることも重要です。

洗脳ではありまませんが、
それを視聴者さんに刷り込んでいく。

もしかしてヒカルが
日本一になるんじゃないか、
と思わせる。

いま3割くらいの視聴者さんは、
本気で本気で考えていると思います。

それが半数を超えると、大きな風になる。

僕の頭の中では、既に1位になった自分が
見えています。」

※AREAdotより

すべては定期発信

さて、どんな感想をお持ちですか?

ファンを作り定期発信を繰り返し、
専門家としてどんどんPRする。

私はこれが答えと思いました。

確かにこれができれば、
どんなビジネスだって、
絶対にうまくいくのです。

発信の頻度が月1回は問題外。
週1回が最低ライン。

週2、3・・・そして毎日。

あなたの発信する情報頻度が
高ければ高いほど、

あなたのビジネスは成功に
近づくのです。

そんなに投稿してウザがられるのでは?
と思わなくても大丈夫です。

そもそもファンじゃない人は、
あなたの売り上げに1円たりと
なりません。

そういう方が離脱するのを恐れ、
情報の頻度を落としてはならないのです。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。