いけ好かない提携話

fprise | マインドセット

石塚駿平

先日、メールボックスにとある
会社からのメールが届いていました。

『新規お取引のご提案』

という件名で届いたメールを開封して
みると、そこに書かれていたのは
提携に関する話でした。

なりふり構わず一斉に送るタイプ
ではなく、FPライズのHPを見て
連絡をしてきたみたいなので、

一応見ることには見たのですが・・・

その内容が、ちょっとなんというか
“いけ好かない”ものだったんですよね。。。

この話について、

「あなたはどう感じるのか?」

ということにちょっと興味が
あるので、シェアしてみたいと思います。

メールの内容

以下に、メールの内容を一部
省略して記載してみますね。

はじめまして

私、株式会社■■の■■でございます。

ホームページを拝見させていただき
新規のお取引ができないかと思い、
ご連絡を差し上げました。

弊社は(中略)収益用ワンルーム
マンションの販売をしており、

(中略)

主に医師やサラリーマン、
OLに向けて毎月将来の
資産形成やお金の運用に対する
考え方についての勉強会やセミナーなどの
イベントをファイナンシャルプランナーや
税理士、様々な協業パートナー様と開催しております。

会場として弊社本社の研修室、
会議室やカフェスペースなど
各イベントに適した会場を
ご提供させていただいております。

パートナー様へご依頼したい
事項は2パターンございます。

まず1つ目、直接顧客をご紹介頂き
その方がご成約となった場合1戸当たり
~50万円のFeeをお支払いたします。

2つ目、弊社主催もしくは共催の
セミナーにご集客頂きご成約と
なった場合にFeeをお支払いたします。

セミナー開催形式は様々で弊社もしくは
他社様のセミナーにご集客頂くことは
もちろんセミナーにご登壇いただき
そのセミナーにご集客頂くことも可能です。

集客方法としてはHP等のWEBや
対象となる顧客様へご案内、集客媒体を
使用されるといった方法がございます。

貴社へのご提案は上記のものではございません。

上記スキームを顧客のFPに対して
落とし込み貴社が取りまとめ窓口となる。

獲得に至った成約Feeをどの程度
FPに還元するかは貴社に設定
していただければと思います。

具体的な取り組みなどFee等
含めご面談の機会を頂きたいと
考えております。

あなたはどう感じる?

どうでしょうか?

まとめると、ワンルームマンションの
販売促進に協力をして欲しい。

販売が成功したら報酬を払う。

そして、FPライズは多くのFPと
繋がっているだろうから、
元締めとして取りまとめて欲しい。

ということですね。

このメールを見た時、

“いけ好かない”

と感じ、そのまま受信ボックスから
メールを削除しておきました。

なんで僕がそう感じたのか?

それには、2つの理由があります。

商品ありきになる

まず、この話を受けてしまったら

「顧客の利益を優先する」

のではなくて

「ワンルームマンションの販売を優先する」

ということになってしまいますよね。

つまり、”商品ありき”の状態になる訳です。

確かに、高い収益は魅力かもしれません。

でも、それに釣られて顧客が二の次に
なってしまったら意味がないですよね。

特に、大きな買い物になる
ワンルームマンションならなおさらです。

それに、向こうから営業が来る
時点であまり信頼できません。

顧客との関係性が終わる

そして、2つ目の理由としては、

「顧客との関係性がただの”金づる”になってしまう」

と感じたことが挙げられます。

マーケティング的に考えれば、

1、FPを提携先として開拓したい

2、FPと繋がっている会社はないか?

3、見つかったのでアプローチをかける

というのは間違いではありません。

むしろ、ちゃんとわかっているな、
という印象さえ受けます。

でも、、、

でも、、、

この話を僕が受けてしまったら、

「顧客との関係性を金儲けの手段にしよう」

と考えてることの証明に他ならないですよね。

僕が中間に入ることによって、
顧客もしくはFPに利益が
もたらされる訳ではありません。

そうではなくて、ただただ
中で利益を抜くことになるだけです。

本当にその商品やサービスが
顧客やFPの為になり、不利益が
ないのであれば問題ないと思いますが・・・

個人的に、これは好きではありません。

これをやってしまったら、
きっと顧客との関係性がお金だけの
ものになってしまう気がするからです。

「それをやってしまったら終わりだな」

とさえ思います。

あなたの心の中には何がある?

こういった理由があって、
僕はこのメールをすぐに削除しました。

あなたは、この話を
聞いてどう感じましたか?

顧客との関係性というのは、

「お金儲けの手段」

ではないはずです。

確かに、収益を上げることは大切です。

でも、あなたもそれ以上のものを
心の中に感じているでしょう。

もし、この考えに賛成してくれるのなら、、、

ぜひ新年が始まったこの機会に、
あなたが感じたものはどんなものなのか?

自分は顧客とどんな関係性を
作っていきたいと思っているのか?

その考えを明確にして、それを
実現させる年にしてみて下さい。

そうすることで、目指すべき道が
はっきりするかもしれませんよ。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。