遊び気分でもできる集客強化策

fprise | 集客アイデア

中西雅司

池袋駅東口から徒歩5分。

小さく古びた
2階建てのビル。

横幅50センチほどの
細い階段を8段上がると、

辺りに広がる美味しそうな
香りと楽しそうな笑い声。

ビニール製の、高さ1メートルほどの
のれんをくぐると・・・

先日、面白いイベントに
参加してきました。

そのイベントの名前は、

「唐揚げの会」

ただ、唐揚げを食べて、
一緒に会話を楽しみたい人が
集まる会でしたが、

その運営方法が衝撃的だった
ので、今日はその話を
したいと思います。

もしあなたが、それほど手間を
かけることなく、集客ルートを
増やしたいのなら、、、

今日の話はきっと役に立つはずです。

集客力の秘密は?

このイベントは、毎月実施を
しているそうで、

先日私が参加した時は、
17回目の開催でした。

参加者は25名。

職業も業種も様々。

士業や経営者はもちろん
いらっしゃったのですが、
参加者の多くが会社員。

私の近くの席には、
高校教師、保育士、医療事務
という、

普段ほとんど会わないような
業種の方々がいて、とても
楽しい時間を過ごせました。

今回、この会に参加したのは、

「主催者の方に誘っていただいたから」

「色んな方との交流をしたいから」

「唐揚げをたくさん食べたいから」

などの目的でしたが、

それ以上に、この会の

「集客力の秘密」

を知りたいということがありました。

毎回この会が、20名以上の
集客をされている秘密です。

私自身も色んなイベントや交流会、
勉強会などを主催するのですが、

集客がうまくいかない時もあるので、

「何か参考になることがあるのでは
ないか」

と思って参加したのです。

会場に到着し、私は空いている
席に座りました。

近くに座っている方の、

「脱サラして高校教師になったお話」

「子どもを保育園に預ける親の
クレームが凄い話」

などのお話を聞いていると、
20分ほどが経過。

その後、

主催者の方が、別の参加者に
促される形で、立ち上がりました。

いよいよ会が正式に開始するようです。

私は、はじまりの挨拶として、
主催者の方がどんなことを
お話されるのか、

楽しみに待っていました。

すると、、、

○○な運営

「乾杯~!」

と主催者の方が発声。

「いきなり乾杯?」

とちょっとびっくりしましたが、

「皆さんお酒が飲みたいから
配慮されたんだな。」

と思って、

その後のご挨拶を待っていた
ところ、なんと、、、

その後は、特に何もありません。。。

主催者の方はすぐに
座ってしまったのです。

そして、会はそのまま
進んでいきました。

会の途中でテーブルごとの
写真の撮影はありましたが、

最後の締めの挨拶もありませんでした。

失礼にあたるかもしれませんが、
言葉を選ばずに言うと、

「すごく適当な運営」

だったのです。

こんなにざっくりとした運営でも、
17回も続き、

そして、

毎回20名以上の参加者が集まる。

私は感激してしまいました。

なぜなら、

「イベントや交流会の主催って
そんなに頑張らなくてもいいんだ」

と思わせてくれたからです。

会の主催は意外と簡単

イベントや交流会って、参加するのは
簡単ですが、主催するとなると、

結構ハードルが上がってしまいますよね。

私も昔は、

「主催なんて無理」

と考えていました。

でも、実際思い切ってやってみると、
意外と簡単なことに気づきます。

やってみると、準備することは
あまりありませんし、色んな方が
助けてくれるからです。

今回の「唐揚げの会」も、主催者は
当日はほとんど何もしていません。

それなのに、主催者は、

「一目置かれる存在」

になっているのです。

一目置かれると何がいいの?

会を主催する意味はここにあります。

主催をしているだけで、

「一目置かれる存在」

になれるということです。

そして、

そうなることができると、
仕事上とても良いことがあります。

それは、

「仕事の紹介をもらいやすくなる」

ということです。

主催をしていると名前を憶えて
もらいやすくなります。

また、一目置かれているので、

「仕事もきっとできるだろう」

と思われるようになります。

結果、紹介をもらいやすく
なるのです。

加えて、

直接の仕事の依頼も増える
可能性もありますよね。

今回の、

「唐揚げの会」

のようなビジネス色のほとんど
ない気軽な会であっても、

主催をしているだけで、
仕事が広がる可能性があるのです。

気軽に考えてみましょう

もしあなたが、何らかの
イベントや交流会などの主催は

「自分には無理」

と考えていらっしゃるのなら、

もっと気軽に考えてみると
よいのではないでしょうか。

思っているより、難しくない
ものですよ。

何らかの会の主催者になるだけで、

「一目置かれる存在」

になり、集客の強化に繋がり、
ビジネスも発展していくのなら、、、

悪くはないのではないでしょうか?

集客ルートの追加や集客強化策
として取り入れるのも
1つの方法だと思いますよ。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。