この広告、知ってました?

fprise | リスティング広告

石塚駿平

前回の記事に引き続き、

リスティング広告(PPC広告)についてお話をしてきます。

 

今回は、リスティング広告の種類についてです。

 

まず復習ですが、

 

 

上記画像の上側と右側に表示されているのが

リスティング広告でしたね。

 

ここの部分をクリックすると、

広告主がお金を払う仕組みになっています。

 

一般的にリスティング広告と言うと、

この広告のことをさす場合が多いですね。

 

この検索結果に出るタイプの広告ですが、

ヤフーとグーグルの2種類があります。

 

ヤフーで検索した人の検索結果に広告を

出そうと思ったらヤフーに広告主として登録をします。

 

↑これがヤフーの広告登録画面です。

 

 

広告の名称は、「Yahoo!プロモーション広告」と言います。

 

 

ただ、ヤフーの場合はなぜか

名称がコロコロ変わるんですよね・・・

 

 

名称が変わる以前は、「オーバーチュア」

「Yahoo!リスティング広告」とも呼ばれていました。

 

 

グーグルの場合は、「Googleアドワーズ」

というサービスに申し込む事になります。

 

 

以下が申し込み画面です。

 

 

どちらも開設は無料で、

手続き自体は簡単にできます。

 

—————————————————————————————————————————

【注意!】

アカウント開設と同時に、ヤフー・グーグルどちらも

広告の初期設定を担当者してくれるというサービスがあります。

 

これを使うと、「プロが最初の広告出稿をサポートしてくれる」

ように思えますが、そのサービスを利用してもあまり良い設定になりません。

 

特にヤフーの場合は、ほぼ確実にお金を無駄にするような

設定にされてしまうので注意しましょう。

 

何回もそのサポートが作った広告設定を見たことがありますが、

オドロキな事に素人同然の設定をしてきます。

—————————————————————————————————————————

 

 

これ以外のタイプもあります

 

 

一般的には、検索結果に出るものが

リスティング広告だと思われていますが、

それ意外のタイプのものもあります。

 

ここからはちょっと複雑ですが、

説明をしていきますね。

 

まずは、グーグルからです。

 

 

ディスプレイネットワーク

(Googleアドワーズの一部)

 

 

グーグルの場合、検索結果に表示されるものの他に、

ディスプレイネットワークというものがあります。

 

これは、サイト内に表示される広告です。

 

さらにこの中でも

 

1、文字(テキスト)で表示される広告

2、イメージ画像で表示される広告

 

この2種類があります。

(複雑ですね、、、大丈夫ですか?)

 

 

まずは、テキストで表示される広告を見てみましょう。

 

 

この赤枠で囲った部分が

ディスプレイネットワークのテキスト広告です。

 

ブログやサイトの中によく出ていますね。

 

次に、イメージ画像で表示される広告は以下のようなものです。

 

 

この赤枠で囲った部分が

ディスプレイネットワークのイメージ広告です。

 

どちらも1クリック毎に広告主が

グーグルにいくらかを払う仕組みになっています。

 

小さいので分かりにくいですが、

「Ads by Google(グーグルの広告)」と

表示されているのがディスプレイネットワークの広告です。

 

このディスプレイネットワークは、

世の中の無数にあるサイト内に表示されます。

 

どんなサイトでこの広告が表示されるかと言うと、

「自分のサイトに広告を貼りたい!」と思った

サイト所有者が自分のサイトに貼るんですね。

 

その広告主は、自分の貼った広告がクリックされると

グーグルからいくらかお金をもらえる仕組みになっています。

 

ディスプレイネットワークの広告は、

本当に無数のサイトの中にあります。

 

なので、検索結果の広告と比べてクリック数を

たくさん集められるという特徴があります。

 

また、比較的1クリックあたりの単価が安いです。

 

この広告はどのように配信できるのか?

ということですが、、、

 

全くランダムに表示されるわけではありません。

 

ディスプレイネットワークの場合、

キーワードを登録すると、そのキーワードに関連した

サイトに広告が表示されるようになります。

 

例えば、「生命保険」というキーワードを登録すると、

「生命保険」に関連したサイトに広告が表示されるのです。

 

このような形で広告を掲載することができます。

 

 

さて、頭がごちゃごちゃするかもしれませんが、

ヤフーの方でも検索結果以外の広告がありますので、

簡単に見て行きましょう。

 

 

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク

(Yahoo!プロモーション広告の一部)

 

 

カタカナばかりで混乱しそうですが、、、

 

ヤフーの場合はYaoo!ディスプレイネットワーク

という広告があります。

 

これは、ヤフーが提携しているサイトの広告枠に

広告を出稿できるというものです。

 

 

上記のような、かなり大きめのサイトに広告を表示させる事ができます。

 

広告は、以下の図のように表示されます。

 

広告の表示方法としては、

 

・年齢・性別などの顧客属性別に表示させる方法

・ユーザーが持っている興味に合わせて広告を配信する方法

(例えば、健康情報が好きな人向けに配信をする等)

 

主にこのような方法がありますが、、、

 

正直使い勝手が悪いのと、

思うように広告の配信をするのが難しいことから

FPの場合はこの広告を使うことは考えなくても良いでしょう。

 

それよりも、他のものに力を入れた方が賢明です。

 

 

結局、何からやればいいの?

 

 

広告の種類だけ知っていても意味がないので、

成果を出す為にどういう考え方をすれば

いいのかをお伝えしますね。

 

まず、基本的な考え方ですが、

 

費用対効果の高いものを優先的に使う

 

のが鉄則になります。

 

「じゃあ、どれが一番費用対効果がいいの?」

 

という話になると思いますが、

これはやってみないとわかりません。

 

というわけで、理想的な利用方法は、

 

 

————————————————————————————-
グーグルアドワーズの検索とディスプレイネットワーク、

ヤフーの検索を全て同時に行う。

費用対効果の良いものを残す
————————————————————————————-
 

こういった方針で運用をすることです。

 

 

ただ、予算が少ない場合や、とりあえず広告の掲載をしてみたい場合は、
まずは検索のみをやっていくのがお勧めです。

 

検索の方がわかりやすく、
広告の運用にあまり知識が要らないのが理由です。

 

まとめ

 

【リスティング広告の種類】

リスティング広告に、主に以下のような種類があります。

 

【運用方針】

取りあえず全部試してみて、

費用対効果の良いものを残す。

 

予算が少ない場合は検索のみを行うのがオススメ。

 

 

これが、リスティング広告の全体像です。

 

全体像をざっくりと俯瞰してみましたが、

これだけ理解するだけでも違うはずです。

 

P.S.

文字だけだとわかりづらいので、動画も付けました。
こっちを見るとよりわかりやすいと思います。

 

 

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。