お金をもらう罪悪感を消すには?

fprise | マインドセット

石塚駿平

FPが抱える悩みの1つとして、

 

『申し訳なくてお客さんに

十分なお金を請求できない』

 

というものがあります。

 

僕が話したFPの方でも、この悩みを

持っている方は少なくありません。。

 

『こんなアドバイスだけで

お金をもらうのは申し訳ない』

 

『お客さんに、”何でこんなに金取るの!?”

と思われないだろうか・・・』

 

と思って、なかなかお金を

請求できない方が多くいます。

 

特に、保険業界出身の方はお客さんから

相談料やコンサルティング料をもらう

のに抵抗がある方が多い気がします。

 

この”罪悪感”を無くす為には、

一体どうしたらいいのでしょうか?

 

今回は、このテーマについてお伝えしたいと思います。

 

お客さんにしっかりと料金を提示できるようになるだけで、

事業の収益は劇的に変わる可能性があります。

 

これまで無料でやっていたアドバイスを、

お客さんからお金をちゃんと頂ける形にするだけで・・・

 

年収が200万円は変わる可能性がある、

という人も実際に何人か見てきました。

 

特に、住宅ローンの借り換えですね。

 

FPビジネスを行なう上で、

“お金をもらう罪悪感とどう向き合うのか”

ということは非常に重要な問題です。

 

罪悪感が生まれる一番の理由

 

お金をもらうことに罪悪感を感じる理由は

いくつかありますが、その中で一番大きいのは、

 

『自分の提供するものの価値を正しく認識していない』

 

ということだと思います。

 

例えば、自分がお客さんに知識を与えてあげることで、

お客さんが100万円のお金を節約できる場合。

 

しっかりと自分の頭の中で、

 

『自分は100万円分の価値を提供できている』

 

と自信を持って言えるのならは、

20万円をもらっても問題ないはずですよね?

 

お客さんとしては、

80万円も得したことになります。

 

マイナスではなく、プラスです。

 

しっかりと考えてみれば・・・

 

お客さんから頂くお金 < 提供した価値

 

である限り、罪悪感は生まれないはずです。

 

つまり・・・

 

『自分の提供している価値を正しく認識する』

 

ことができれば、ほとんどの場合で

お金の罪悪感を払拭することができます。

 

雑音に惑わされるな

 

しかし、多くのFPはこのことを純粋に

考えることができず・・・

 

・同業者はこうしてるしな、、、

・無料でアドバイスをしてる人もいるし、、、

・金額が高いんじゃないか、、、

・コミッションがもらえるし、、、

・お客さんに申し訳ないな、、、

 

このようなことを考えてしまいます。

 

しかし、 これらは全て雑音です。

 

大事なのは、、

 

『あなたが提供している

ものに価値があるかどうか?』

 

です。

 

ここにフォーカスをする必要があります。

 

あなたの目の前にいるお客さんは、

 

あなたがもらうコミッションのことや、

あなたの知り合いがどう商売をしてるのか

なんて気にしていません。

 

そういったことを色々と

気にしているのは自分だけです。

 

自分の提供できる価値は?

 

もちろん、自分の提供しているものの価値を

認識するには、経験や自信は必要です。

 

でも、それがあってもお客さんから料金を

受け取ることができないFPが多い気がするのです・・・

 

あなたは、どうですか?

 

自分に十分なスキルがあり、

ちゃんとした価値を提供しているのに、

あまりにも低い見積りをしていませんか?

 

お客さんから正しい対価を

受け取ることから逃げていませんか?

 

もしそうなら、一度自分の提供している

価値が一体どんなものなのか。

 

しっかりと考えてみても良いと思います。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。