集客数が半分になった話

fprise | 集客アイデア

石塚駿平

今日お話するのは、

『集客数が半分になった話』

です。

『集客数が2倍になった話』

ではないですよ。。

つまりは、失敗談の話です。

自分のビジネスの話なので
そんなに誇れるものではないですが・・・

この話をシェアすることは
あなたの為になると思ったので、
詳しくお伝えをしたいと思います。

超重要な集客が半分に・・・

まず、何の集客が半分になったのか?

ということですが・・・

これは、FPライズのメルマガ登録ページです。

この記事を書いている今は、
縦長のランディングページと呼ばれる
ものでメルマガの登録者を集めています。

そして、、、

基本的にFPライズでは

メルマガに登録をしてもらう

セミナーや他のサービスを提供する

という形になっているので、
ここの集客ができるかどうか
というのは超大事なんですね。

ざっくりいうと、ここの集客が
半分になると売上が半分になる、
くらいのインパクトがあります。

何が原因だったのか?

これほど重要な部分の集客が
半分になってしまった。。

これは、非常に大きな問題です。

では、一体何をしたら集客が
半分になってしまったのか?

ということですが・・・

この答えは、

『掲載している”お客様の声”を減らした』

という施策です。

ページの長さというのは、
反応率の変動要因になります。

そして、FPライズのメルマガ登録ページ
には多くのお客様の声が載っています。

もしかしたら、このお客様の声の数を
減らしてページの長さを短くしたら
読みやすくなって反応率が上がるのではないか?

という考えから、試しにお客様の声を
5つから3つに減らしてみたのです。

大惨敗しました

結果は、大惨敗。

お客様の声をそのままにした
バージョンの反応率が10.7%に対して、

3つに減らしたバージョンの
反応率は5.7%まで落ちました。

ほぼ半分ですね。

ということで、

『お客様の声の数を減らすと
反応はものすごい落ちる』

ということがわかりました。

ここからわかること

この結果が示唆するのは、

『ページの長さが長くなっても、
お客様の声は載せたほうが良い』

ということですね。

ただ、こういう結果が出たことは、

『ページの長さが長くなっても、
お客様の声は載せたほうが良い』

ということを100%保証する
ものではありません。

しかし、可能性としては非常に高い、
と言うことができると思います。

社会的証明の力ですね。

これを見てあなたはどうする?

今回は新しいことをテストすることで
集客数が半分になってしまうという
結果になりましたが・・・

この結果を裏返すと、

『お客様の声を増やすことで
集客数が2倍になる可能性』

が十分にあるということです。

そして、これは僕が今まで何度も
繰り返し経験したことでもあります。

お客様の声というのは、
それだけパワーがあります。

ちょっと考えてみて下さい。

あなたのホームページにお客様の声が
十分に載っていないことで集客数が
半分になってしまっているとしたら・・・

ものすごくもったいないと思いませんか?

例えば、ホームページからの
集客数が月に3件あったとして、
2倍になったら6件です。

これは、1年で36件、5年で
180件の集客数の違いを生み出します。

売上にすると、数百万円の
違いは簡単に生まれますよね?

もちろん、この違いは2倍ではなく
3倍以上になる可能性も十分あります。

こう考えると、お客様の声を取る
ことの重要性が見えてきますね。

さて、あなたはこの結果を見て、
どう行動をしますか?

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。