【無料ビデオ】価値の方程式

fprise | マーケティング

中野のスタバより

株式会社FPライズの石塚です。

 

今回は、「価値の方程式」というテーマをお伝えします。

↓↓こちらの動画をご覧下さい。

 

 

ホームページからの集客にしろ、
他の媒体からの集客にしろ、
必ずお客さんに伝えないといけないことがあります。

 

それは何かと言うと、、、

 

あなたのサービスを受ける為に払う対価よりも、
得られる結果の方が大きいと伝える事です。

 

払う対価 >>> 得られる結果
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

式にすると、こんな感じですね。

 

払う対価というのは、料金とかかる時間のことです。

 

つまり、「払う料金」よりも「得られる結果」
の方が大きくないといけない。ってことですね。

 

これができていないと、あなたのサービスを
受けたいと思うお客さんは少なくなってしまいます。

 

あなたも普段買い物をしようとして迷う時に、

 

「これはこの金額を払う価値があるのかな・・・」

 

と考えた事、ありますよね?

 

申し込もうかどうか迷っている時ほど、
こういったことを考えるものです。

 

人は、買い物をする時に失敗をしたくありません。

 

「結局、お金をムダにしちゃったな〜」
とサービスを受けた後に思いたくないのです。

 

特にFPのサービスはお金に関することなので、
「料金以上の価値を得られるかどうか」
はお客さんにとっても重要な問題です。

 

例えば、ホームページだったら
ホームページを見ただけで、

 

「こんなに価値のあるものが、
こんな料金で受けられるんだ!それならお得だ!」

 

と思ってもらえるのが良いですね。

 

ここで重要なのは、”ホームページを見ただけで”
そう思ってもらう必要がある、ということです。

 

あなたのサービスが本当に素晴らしくて、
最低でも払った料金の10倍の効果を得られるとしても、

 

それが伝わらなければ意味がありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「受ければ価値がわかるのに・・・」
と思っているだけでは何も起こりません。

 

具体的に、あなたのサービスを受けると
得られるリターンがどれくらいかを説明しましょう。

 

例えば、住宅購入相談のサービスを紹介する時に、
こういうメッセージがあるとしましょう。

 

———————————————————————————-
「あなたの家計の状況を分析し、
あなたにとって最適なプランを提案します。」
———————————————————————————-

 

コレだけだと、どれくらいの価値が
得られるのかわかりませんね・・・

 

サービスを提供する側からすれば、
どれくらいの価値があるかがわかるかもしれませんが、
これを見た人はそこまでわかってくれません。

 

ほとんどのお客さんは、
住宅購入の相談をすることで得られる価値を知りません。

 

なので、こちらから教えてあげる必要があるのです。

 

———————————————————————————-
・住宅ローンの選択が違うと、
最大で○○万円支払い額に差が出ます。

・火災保険を正しく選べば、
○○万円の節約ができます。

・諸費用を節約することで、
○○万円の節約ができます。

私は、こういった節約ができるように
あなたにアドバイスをすることができます。

その為の料金は、○○円です。
———————————————————————————-

 

こういったことをわかりやすく伝えてあげて、
あなたのサービスの価値を教えてあげれば、

 

払う対価 >>> 得られる結果

 

この方程式が成り立ってきますね。

 

「こんなに価値のあるものが、
こんな料金で受けられるんだ!それならお得だ!」

 

とお客さんに思ってもらえるわけです。

 

お金に関わる相談をする場合、
この方程式を成り立たせることが重要です。

 

いや、成り立たせるというよりは、

 

あなたのサービスの案内を見たお客さんの頭の中で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この方程式が成り立っている状態にする。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

というのが正しい表現ですね。

 

あなたが伝えたつもりでも、
お客さん伝わっていないと意味がありません。

 

あなたのサービスの案内を見た人の頭の中では、
この「価値の方程式」が成り立っていますか?

 

ちょっと考えてみて下さい。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。