開業15日で売上げ100万円突破のFP

fprise | マインドセット

石塚駿平

僕がコンサルティングを実施している
クライアントから、嬉しい報告を頂きました。

住宅相談を中心としてFPとして、
ついこの間独立したばかりの方です。

その報告とは・・・

『開業してたった15日で
100万円以上の売上げが上がった』

というものでした。

まだ半月も経っていないので、
月の総売上でいうともっと大きな数字になるでしょう。

しかも、原価はかかっていないので全部が利益です。

FPとしてはかなり優秀な成果だと思います。

僕がこの方のコンサルティングに入ったのは
開業する半年前くらいからです。

なので、開業前までに色々と”仕込み”をしていました。

そういった周到な準備の結果が、
こういった成果を出したのだと思います。

大事なのは・・・

この結果を受けて強く感じたのは、
やっぱりFPが収益を上げる為に大事なのは

『マーケティングとビジネスモデル』

だということです。

もちろん、その前提として相談業務のレベルが
一定に達している必要はあります。

しかし、FP業としての収益、
ひいては自分の収入を決めるのは、
やはり『マーケティングとビジネスモデル』です。

どうやってお客さんを集めるのか?
どういった収益モデルを作るのか?

この2つの質問の答え次第で、
大体の収益性は決まって来ると言えるでしょう。

真っ赤なウソ

そして、もう1つ強く感じたことがあります。

それは事業に取り組む心構えについてです。

むしろ、こちらの方が大事かもしれない・・
そう思うほど重要なことです。

どんなことを感じたかというと、

『FPで食って行く為には3年はかかる』

のような言葉は全くの”ウソ”だということです。

今回の事例が、それを証明しています。

実際に、他の業界でも

『食って行く為には○年ガマンしないとダメだ』

みたいなことはよく言われています。

しかし、その凝り固まった”常識”を
ぶち壊す人というのは存在するのです。

“食べて行くのに3年はガマンしなければならない
と言われている整体院業界で、開業わずか2ヶ月
で月商100万円を突破した若手整体師”

みたいな人は何人も見た事がありますし、
他の業界(飲食、美容院、歯医者などなど)
でも同じようなことは常に起こっています。

それは”事実”ではない

このような事実があるにも関わらず、

『FPで食って行く為には3年はかかる』

という言葉を信じている人は多いです。

でも、こういった言葉というのはあくまで、

“その人の個人的な感覚や体験談”

であって、”事実”ではありません。

なので、信じる必要は全くないと思っています。

経験のある人の言葉だと盲目的に信じてしまいがち
になりますが、そこは注意すべきポイントです。

その言葉を信じる意味は?

もしあなたが、

『FPで食って行く為には3年はかかる』

このような考えを信じているのなら、
こう自分に質問してみて下さい。

『その言葉を信じることで、
自分にとってどんな利益があるのか?』

・・・

・・・

・・・

どうでしょうか?

ちょっと考えてみれば、利益は
ほとんどないことがわかるでしょう。

この言葉を信じることによって得られるのは・・・

事業が上手く行っていなくても

『3年かかるだからこれが普通なんだ』

と現状に安心出来る。

ということくらいではないでしょうか?

つまり、

”事業が上手く行っていないことを正当化する為の言い訳”

として使うこと以外に利点はないのです。

一応、『独立をするんだったらそれ
くらいの心構えを持っておかないとダメだ』

と覚悟をする為に役に立つ人もいるのかもしれませんが、
それは独立するのであれば当然でしょう。

あなたはどう思いますか?

こういった言葉を信じるのは、
『自分の可能性を制限するだけ』だと思います。

そういう効果しかないのであれば、
そんなのは受け入れる必要はありません。

もっと生産的な考えを持ち、

『どうやったら成果を出す事ができるか』

を考えることの方がはるかに大事なはずです。

僕はこう思っているのですが、
あなたはどう思いますか?

P.S.
後々ですが、”どうやって開業すぐのFPが
このような成果を出せたのか?”

そのノウハウをまとめた
セミナーを行いたいと思います。

もっとノウハウを固めた上で
公開をしたいと思っていますので、
首を長くしてお待ち頂ければと思います。

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。