やってはいけない仕事

fprise | コピーライティング

石塚駿平

僕は起業をする時、こんな言葉が
書かれた本を読んだことがありました。

「起業家の成功を妨げているのは、日常業務である」

今は起業して5年目になりますが、
振り返ってみるとこの言葉は
完全に正かったと痛感します。

自分でなくても誰でもできるような
日常業務に追われてしまうと・・・

本当にやるべきことに手を付けられずに
ひたすら時間が経ってしまう。。

「ああ、またメールの返信と雑務で
1日がほとんど終わってしまった・・・」

と嘆き、前に進んでない自分に
イライラすることもあるでしょう。

これは、一人で起業している人が
感じる“あるある”だと思います。

こんな状態にならない為には、

「自分でなくてもできること」

はどんどん人に任せて、
生産的な仕事の時間を増やす
ことが必要になってきます。

でも、、、

わかっちゃいるけどやめられない

言うは易し、行なうは難し。

本当に実行できる人は多くはありません。

「自分でやっちゃった方が早い」

という理由で、何の収益にもならない
雑務を全部自分でやってしまう。

自分でやるべきでないことも
自分でやってしまう。

その結果、いつも時間が足りない。。

忙しいけど儲からない。。

こんな状態に陥ってしまっている
FPは、結構多いと思います。

もちろん、ビジネスを始めてばかりの
時は全部自分でやる必要があります。

でも、ずっとそのままではいけません。

とある”基準”を超えたら、
積極的に仕事を手放すことを考えるべきです。

あなたが持つべき基準

この”基準”を自分の中に持つことは、
一人でビジネスをやっている人に
とってめちゃくちゃ重要です。

これが成功を左右すると
言っても過言ではありません。

なので、集中して聞いて下さいね。

その”基準”とは・・・

「自分の時給より低い仕事は外注する」

というものです。

例えば、あなたのビジネスの
月商が100万円だったとします。

そして、1日8時間、週に5日
働いているとすると、、、

100万円÷(8時間✕5日✕4週間)=6,250円

ということになります。

(正確に言うと、時給というよりは
“時間あたりの単価”ですが、ここでは
わかりやすくするために”時給”とします)

で、、、

この時給以下の仕事は、全て外注する。

これが、あなたが持つべき”基準”です。

任せるほど売上げアップ!

例えば、あなたが行っている雑務を
誰かに時給2,000円で10時間分頼むとします。

そうすると、増えた時間で
6,250円以上の売上を作ることができます。

ということは、、、

自分の時給以下で頼める
仕事は人に頼めば頼むほど、
売上は上がるということです。

それに、効果はそれだけではありません。

面倒な事務作業や単純作業から開放されます。

精神的なストレスも少なくなり、
より生産性の高い”考える”時間を
増やすことができます。

また、集客の仕組みづくりや
新しいサービスの開発など、
より有効に時間を使えるようになるのです。

新時代のサービス

「でも、そんな細かい仕事を
どうやって頼めばいいの?まとまった
仕事じゃないとパートも雇えないでしょ?」

と思うかもしれませんが、
ラッキーなことに最近では

『オンライン秘書サービス』

が充実してきています。

これは、例え少ないボリュームでも
秘書に仕事を頼めるというサービスです。

「人を雇うほどでもないけど、
雑務を任せられる人が欲しい」

という人にはぴったりですね。

僕も『スーパー秘書』という
サービスを利用してメルマガ配信や
フェイスブックの投稿、メール対応や
発送業務等を依頼しているのですが・・・

正直、めちゃくちゃ便利です。

生産性がかなり高まりました。

もうこれなしでは生きて行けないくらいです。

残念なことに僕が使っている
このサービスは人気すぎて半年待ち
とかになっているみたいですが、、、

他にも色々な会社が同じような
サービスを提供し始めています。

『オンライン秘書サービス』

と検索すれば、色々出てきますよ。

また、まとまった仕事を一人の
秘書に頼みたいのなら、
こういったサービスもあります。

http://www.e-secretary.net/

こういったサービスが整ってきた今、
使わないのは損だと思います。

今回お伝えした基準を元にして、
人に任せるべき仕事はどんどん
人に任せていきましょう。

最後に冒頭の言葉をもう一度。

「起業家の成功を妨げているのは、日常業務である」

facebookでのコメントはこちら

記事にコメントする

名前
コメント

コメントの一覧

まだコメントはありません。