成功へのショートカットを見つける方法

石塚駿平

FP事業を行っていくにあたって・・・

 

「自分と同じことをしている人が周りにいないので、

一体どうやすれば上手くいくのかわからない」

 

「お客さんが目の前に来ても、

なかなか収益に結びつかない」

 

このような悩みを抱えている

FPはかなり多いようです。

 

それもそのはず、FP業界は

比較的できたばかりの業界です。

 

確固たるビジネスモデルや営業手法が

確立されている訳ではありません。

 

「”こうすればいい!”という方法が

わかっていれば楽なのに・・・」

 

あなたもこう思った事はありませんか?

 

確かにそうですが、

確固たる道筋は示されていないのが現状です。

 

 

簡単に成果を出す方法?

 

 

こういった状況を考えると、

手探りでやっていく必要があるように思いますよね。

 

■ 自分でやり方を考えて・・・

 

■ それを試してトライ&エラーを繰り返し・・・

 

■ 何とか形にしていく・・・

 

そんなイメージがあると思います。

 

そして、実際に試行錯誤されいてる方も

多くいるはずです。

 

しかし、こういった苦労をせずに

”勝ちパターン”を見つける方法があります。

 

この方法を使えば、自分で苦労をせずに

簡単に大きな成果を手にする事ができるかもしれません。

 

その方法について、

今からお伝えしていきたいと思います。

 

 

他業種を見ろ!

 

 

自分で試行錯誤をせずに”勝ちパターン”

を見つける方法。

 

それはどのようなものかというと、、、

 

「他業種の成功例をパクる」

 

というものです。

 

ただ、「他業種」といってもただ他の業界を

見ればいいというわけではありません。

 

「違うサービスを提供しているけど、

自分とビジネスの属性が似ている所」

 

を観察するのです。

 

例を出して説明しましょう。

 

例えば、あなたが・・・

 

「お客さんが相談に来てはくれるけど、

なかなか単価が上がらない」

 

という悩みを持っていたとします。

 

そしたら、「お客さんと対面して話をして、

有料サービスへの誘導を上手く行っている所」

 

を探すのです。

 

この例でいうと、保険代理店、エステ、歯医者

等が該当してくると思います。

 

そして、そこで実際に行われている方法や、

トークの内容を観察するのです。

 

 

アイデアの本質をパクる

 

 

このように観察をしていければ、あなたは、

「上手く行っているノウハウ」を簡単にを知る事ができます。

 

特に、長い間ビジネスを行っている所や、

競争の激しい業界の場合は洗練された

ノウハウを見つける事が可能です。

 

それを見つけたら、

 

「これを自分に当てはめるとどうなるだろう?」

 

と考えていくのです。

 

そうすれば、他業界の成功事例を

自分のビジネスに取り入れることができます。

 

これが、正しい他業種のノウハウの取り入れ方です。

 

ただ、ここで注意して欲しいのは、

 

「表面的な内容をパクる」のではなくて、

「アイデアの本質をパクる」べきだということです。

 

例えば、歯医者さんに行って診察前に

”カウンセリングシート”というものを記入したとします。

 

そして、そのシートの項目の中に、

 

”口内環境を整えて、

虫歯が発生するリスクをできるだけ抑えたい”

 

という項目があったとしましょう。

 

その項目に事前にチェックを入れておいたら、

診察の時に”虫歯にならない為のメンテナンスパック”

を提案されたという体験をした時・・・

 

「表面的な内容をパクる」考えの持ち主は、

『継続的なメンテナンスをお客さんに勧めればいいんだ!』

と解釈してしまいます。

 

しかし、、、

 

「本質的なアイデアをパクる」考えの持ち主は、

 

『そうか、お客さんに何か提案をする時には、

予め関心があることを示してもらってから

話をすればスムーズに進められるのか。』

 

と解釈します。

 

どちらが上手くノウハウを取り入れられるかというと、

明らかに後者の方ですよね。

 

後者の考え方であれば、どんなFPサービスでも

お客さんにスムーズに勧めるヒントを得る事ができます。

 

他業種の例を見る時には、表面的なものにとらわれずに

根底にあるアイデアを見れると良いでしょう。

 

 

他業種を見るメリットとは?

 

 

よく感じることなのですが、短期間で成功を収める人ほど、

他業界をしっかりと見ている人が多いです。

 

「何か自分のビジネスに応用できないか?」

と常に考え、良いアイデアがあったら実行するタイプの人ですね。

 

FPの方でも、こういった考え方で

成功していった人を何人か知っています。

 

あまり積極的に行っている人は少ないように感じますが、

この方法は、多くのメリットがある優れた方法です。

 

どんなメリットがあるかと言うと・・・

 

 

時間のショートカットができる

 

 

まず、自分で1から考える必要がないので

大幅に時間を節約する事ができます。

 

自分で新しい方法を考えようとすると、

時間がかかりますし、何よりも労力がかかります。

 

しかし、他業界のノウハウを盗んでくれば、

自分で考える必要なんてないですよね?

 

事業主であれば、自分で考えないといけない問題、

やらなければいけない作業がたくさんあります。

 

そういった貴重な時間を節約できるのは大きなメリットです。

 

 

思わぬ成功アイデアが見つかる

 

 

他業界を見る事で、「考えが凝り固まってしまい、

月並みな発想しか出ない」という問題を避ける事ができます。

 

長い間業界の中にいると、その中の常識にとらわれない

革新的な発想はでづらいものです。。。

 

しかし、常識にとらわれていたらその範囲での

成功しか収めることはできません。

 

大きな成功は、業界の常識にとらわれない

発想から出ることはよくあります。

 

ファーストフードでおなじみのドライブスルーは

元々銀行が始めたサービスでした。

 

今となっては当たり前ですが、

その当時としては革新的なものだったはずです。

 

また、整骨院がスポーツジムと同じ会費制を

取り入れて大成功をしている例もあります。

 

同じように、野菜の販売を月ごとの定期販売に

して成功している例もあります。

 

このように、他業界を見る事でそれまで

思いつかなかった成功アイデアが出る場合もあるのです。

 

 

失敗する可能性が低い

 

 

この方法は、他業界の”成功している”ノウハウを参考にするので、

そのまま取り入れることで上手くいく可能性が高いです。

 

特に競争の激しい業界では、生き残る為に

必死でノウハウを磨き上げる必要があります。

 

なので、実際に使われているノウハウは、

トライ&エラーを繰り返し改良を重ねた質の良い

ノウハウである可能性が高いのです。

 

自分で考えた、「まだ試してもいないし、

上手くいくかどうかわからないアイデア」

 

を実行するよりも、、、

 

そういった”既に成功している”ノウハウを

取り入れた方が失敗をする確率が低いです。

 

それに、もし仮に失敗したとしても

精神的にも労力的にもそんなにダメージはないでしょう。

 

 

成功への近道

 

 

最初にお伝えした通り、FP業界はまだまだ

他の業界と比べて歴史が浅いです。

 

ビジネスモデルも確固なものが確立されていません。

 

ともすると、「一から全部手探りでやるんだ!」

と思ってしまいがちです。

 

しかし、少し視野を広げるだけで思わぬ方法を思いついたり、

良いアイデアが浮かぶ事はよくあります。

 

ぜひ、自分のいる業界だけではなく、

他の業界のノウハウにも目を向けてみて下さい。

 

そして、そのノウハウの根底にあるアイデアを理解し、

どう応用できるかを考えてみて下さい。

 

成功への近道を発見できるかもしれません。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします