「Googleで検索しても見つからない」を解決

中西雅司

「Googleで検索しても、求めている情報が出てこない・・・」

あなたはそんな経験ありませんか?

ネット上には、たくさんの情報があるはずなのに、、、

必要な情報が見つからないっていうことってありますよね。

今日はそんなあなたのために、

「検索力を高める3つのツール&テクニック」

をご紹介します。

これを知っておくことで、

「今までは諦めていたもの」

が、解決に繋がるケースが増えます。

ビジネスだけではなく、日常でも使えるので、知っておいて損はないはずです。

このテーマにした理由

今日はなぜこんなテーマにしたかというと、

先日、検索に関する相談を受けたからです。

その方曰く、

「検索しても、知りたい情報が見つけられないことが多い」

とのこと。

詳しく聞いて見ると、今日、お伝えする方法で、解決できました。

なので、あなたにも共有したいと思います。

論文などの学術文献を検索

1つ目としてご紹介するのは、

「Google scholar」(グーグル スカラー)

です。

これは、論文などの学術文献を検索できるものです。

どんな場面で使うかというと、

・ブログ記事で、ちゃんとした記事から引用をしたい時

・業界の詳しい情報を知りたい時

・何かを売るための記事を避けたい時(バイアスのかからない情報が欲しい時)

などです。

論文などですから、情報のバイアスがかかりにくいですよね。

通常のグーグル検索で見つからない場合で、論文などに情報がありそうなものは、一度検索してみると良いです。

本の中身の検索が可能

2つ目は、こちらです。

「Google ブックス」

こちらも1つ目と似ています。

先ほどは、論文などの学術文献を検索できるツールでしたが、

今度は、

「本の中身(文章)を検索できる」

ものです。

もちろん、すべての本のすべての文章を検索できるわけではありません。

でも、著作権が切れた書籍は全ページが表示されるようですし、著作権がある本でも、一部検索が可能なものもあります。

こちらも「グーグルスカラー」と同様に、困った時に検索してみると良いですよ。

宣伝記事しか出てこないケース

3つ目です。

こちらは、ツールではなく、テクニックですが、

「グーグルで検索をしても、宣伝記事しか出てこない」

といった場合に使える方法です。

実際、、、

グーグルで、特に検索数が多いキーワードの場合、

宣伝記事が上位に表示されるケースは結構多いです。

自社のサービスに誘導する記事もたくさんあるため、役に立たない場合もありますよね。

そんな時に使えるのが、

「Twitter(ツイッター)」

です。

ツイッターも、グーグルと同じように、宣伝的な投稿もたくさんありますが、

グーグルと比べると、一般の人の本音が投稿をされています。

なので、宣伝ではない情報を知りたい時は、

一度ツイッターでも検索をしてみてください。

ツイッター内を簡単に検索する方法

ちなみに、ツイッターを使っていない人でも、ツイッター内を、簡単に検索する方法があります。

それは、

「yahooリアルタイム検索」

というもの。

下図はヤフーの検索画面ですが、

赤丸で示している、

「リアルタイム」

をクリックして、検索すると、ツイッター内の検索が可能です。

スマホのアプリもあります。

グーグルの検索結果とは異なり、本音ベースの声がたくさん出てきて、面白いですよ。

より良い人生のために有効活用

今日は、検索力を向上する3つのテクニック&ツールをご紹介しました。

解決できる問題が増えると、ビジネスも加速しますし、日常生活も充実します。

あなたにとってより良い人生となるよう、ぜひ有効活用してみてください。

これからもあなたの活躍を心から応援しています。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします