”神タイトル”を誰でも思いつく方法

昆知宏

ipad proをポチっ。

価格コムの一番安いところで、
買ったのですがそれでも
80,000円ちょっとくらい。

めっちゃ使えて大満足なのですが、
ある目的のために買いました。

というのも最近通っている美容室に、
ipadが置いてありました。

美容室というと雑誌やマンガが
たくさんあったりしていて、

施術中に読まれる方も
多いと思います。

しかし、この新しい美容室には
雑誌は全くありません。

とってもスッキリした洗練された
オシャレ空間になっています。

空間にふさわしい意識高い系風の
オーナーに聞いてみたら、

「雑誌や映画がipadの中に、
入っているので良かったら
見てください。」

という感じでした。

そしてipadを開いてみると、
最新の雑誌が200種類くらい
見放題でした。

これって月10,000円くらい
かかるのかな?!

クリックするたびに課金される
のかな!?

と怯えた私はその場では、
遠慮がちに数誌に留め、

自宅に帰ってから料金を
調べたらなんと月400円でした。

「なんだ遠慮して損した(笑)」

と同時に私はこういうサービスが
あることを全く知りませんでした。

既存サービスを使いこなせ

私はこれを知った瞬間ipadを買い、
読み放題サービスに申込ました。

だってだって、

今まで書店にネタを回収しに
行っていたのをせずに済むからです。

しかもipadのいいところは、
いい記事をそのままスクショして、

最新のOSである”iOS11”だと、
タッチペンでその画面にメモまで
書き込めるからです。

さらに両記事やお金のまとめ
記事などをストックしておけば、

ブログネタには困らないし、
お客さんにイメージを瞬時に
視覚的に使えることができます。

え?
昆さん今さら何言ってるの?

と思う方ごめんなさい。

最新のテクノロジーと
サービスを知らなかった私には、
強烈なインパクトでした。

雑誌読み放題のメリット

この雑誌読み放題には、
もうひとつ強烈なメリットが
あることをお伝えします。

それは、『タイトル力』が
劇的に向上することです。

雑誌は書店にて、
新聞広告にて、
電車の広告にて

雑誌はとにかく目立つことが
要求される媒体です。

そのため記事のタイトルや
写真などで人々の眼を引く
努力が全力でつぎ込まれているのです。

ということはつまり、

どういうタイトルを付けた方が
人々の目を引くことができるのか?

今世間で興味関心のある
強い言葉は何なのか?

ということを自然に学ぶことが
できるのです。

これはメルマガやブログにも、
役立てるスキルですよね。

人気記事ランキングの真実

コピーライティングを学んだことが
ある人はもう分かるでしょう。

ランキングで必然的に現れる結果、
想像できますよね?

お店で買わなくてもいい雑誌で・・・
読みたい雑誌(特に男性)で・・・

という考察から、
人気記事ランキングをみると

・「無敵の神ボディ」袋とじスペシャル
・特典:「欅坂46」愛される理由
・大特集「女子アナたちの恋」25連発!
・袋とじ「奇跡の色気、ありのまま」
(自己規制でこの辺までで)

、、、

、、、

う、ううん、、、。

基本を確実に押さえている、
秀逸すぎるコピーたちです。

コピーライティングの鉄板は、
性的コンテンツ。

我々FPがこの分野を応用するのは、
なかなか難しいですが、

性的コンテンツと同じくらい、
お金コンテンツにも
パワーがあるのは事実です。

下品にならずに、
でも上品になりすぎず人々の
注目を浴びられるようになるには

お金系雑誌のまとめ方はとても
参考になります。

非エロ系の人気タイトルだと、

・ゼロ円で始められる!AI家電&サービスでラク・トク生活
・メイク下手でも失敗しない!美人が叶う!コスメの大実験
・特別付録「離婚していいですか?」
・特集:輸入車100のQ&A 2018

めっちゃいいタイトルたちですよね。

この辺りの絶妙なバランス感覚も
複数の雑誌を流し読みしていると
いつの間には分かってきます。

英語のスピードラーニング
みたいな感じでしょうか。
(したことないですが)

ブログネタに困らず、
読まれるタイトル力を付ける。

新しい武器を手にした気分です。

あなたもどうぞこの武器を
使いこなしてみてくださいね。

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします