ちょっと変わった集客サービス

石塚駿平

今回は、ちょっと変わった
集客サービスを紹介したいと思います。

特に自分で使ったわけではないので、
効果の実証はできていませんが・・・

型にはまればかなり有効な
集客方法になるのでは?

と感じる集客の方法です。

特に、

『見込み客の電話番号
もしくは住所の情報がわかれば、
そこから顧客開拓ができる』

という体制が整っている場合は、
有効なんじゃないかと思っています。

どんなサービス?

その集客の方法とは、

『オートコール』

というものを使う方法です。

『オートコール』とは、
録音されたメッセージを使って
通話者とやり取りをするものです。

よくNTTとか、大手メーカーの
サポートデスクに電話をかける時に、

『○○について知りたい方は、
1番と※印を押して下さい』

みたいな録音メッセージが
流れる場合がありますよね。

その仕組みを利用したサービスです。

録音音声を使ったアンケート

もっと詳しくその集客サービスに
ついて説明をすると・・・

そのオートコールの仕組みを使って、
自分の商圏範囲の人に一斉に電話をかけます。

電話に出ると、予め設定をされた
録音メッセージが流れます。

その録音メッセージは、
基本的にはアンケートの形を取ります。

例えば、保険の分野だったら、、

・現在医療保険には加入していますか?

・現在がん保険には加入していますか?

・専門家による保険の見直しに興味はありますか?

このような質問が流れ、その質問に
対して回答していくことになります。

見込み客のリストができ上がる

電話の発信を行なうと、

『アンケートに答えた人のリスト』

ができ上がります。

そして、そのアンケートの結果を
見ながら振り分けをしていくと、、、

『その分野に興味のある人のリスト』

ができてきます。

これは言い換えると、
有望な見込み客のリストになりますね。

アンケート回答者の電話番号は
記録として残っているので、
あとは見込み客リストに電話をします。

そして、面談のアポだったり、
資料送付の許可を取っていくのです。

実際の成果は?

このサービスを使った時に、
アンケートの回答者はだいたい
全体の1〜3%くらいになるそうです。

結構な数の人が答えてくれるみたいですね。

そして、そこから実際に顧客獲得に
成功している事例もあるそうです。

このサービスを利用すれば見込み客が
獲得できるのは間違いないので、

・いかに反応率の高い
トークスクリプトを作れるか?

・初回アポの確率を
いかに上げられるか?

・資料送付を行なう場合は、
資料送付から次のステップへの
移行率をいかに高められるか?

・面談から収益発生までの
確率をいかに高められるか?

・1人あたりの顧客単価をしっかりと
確保できるビジネスモデルができてるか?

こういう所がポイントに
なってくると思います。

ただ、上に挙げたような部分が
しっかりとできているのなら、
良いサービスだと思います。

見込み客のリストを作る手間が
あまりかからないですからね。

アポ取りのハードルが低い場合は、
直接アポを取りに行って、、、

アポ取りのハードルが高い場合は、
資料請求のステップをはさむ、
という形になりそうです。

もし有効そうだったら・・・

このサービスは最初にもお伝えした通り、
型にはまれば有効な集客方法になり得ます。

※ただ、一定の成果を出す為には
トークスクリプトの改善を繰り返す
必要があるかとは思います。

具体的な業者としては、

http://ac-system.net/

こういう業者があるみたいですね。

僕はこのサービスの販売業者ではないので、
無理に勧めることは全くないですが・・・

自分にとって有効そうであれば、
検討してみるのもアリかと思います。

 

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします