ブログやyoutubeが続かないあなたへ

中西雅司

「ブログが続けられません。どうしたらいいでしょうか?」

先日、そんなお悩み相談がありました。

ブログもそうですが、youtubeやSNSも、続けることって簡単ではありませんよね。

ついつい、後回しにしてしまって、気づいたら何週間、何ヶ月と発信が止まってしまう・・・

あなたもそんな経験があるかもしれませんね。

今日は、そんなお悩みを持つあなたのために、

「この方法なら長く続けられそう」

というアイデアを考えてみましたので、シェアしたいと思います。

この方法を上手に活用すれば、あなたも継続的な発信につなげられるはずです。

いつも読んでいただきありがとうございます

オリンピックが始まりましたね。

「見たい!」

でも、見てしまうと、仕事が全く進まないので、

強い意志を持って、このメルマガを書いています。

先ほど、最初の頃のメルマガを見てみましたが、

こちらのメルマガを書き始めて4年以上が経過しました。

こんなにも長く続けられているのは、

これは、執筆の機会を与えてくださっている、このメルマガの運営者の石塚さん、

月曜日の担当をされていて、いつも刺激をいただいている昆さん、

そして、いつも読んでくださっているあなたのおかげです。

本当にありがとうございます。

欠かさず書けている理由

4年もやっていると様々な状況がやってきます。

体調がすごく悪いこともあります。

交通事故に遭ってしまったこともありました。

北海道で地震に被災したこともありました。

忙しくて忙しくて、どうしようもないときもありました。

うまく文章表現ができなくて、苦しんだこともありました。

でも、そんな色んなことがあっても、欠かさず発信をしてくることができました。

その理由。

それは、先ほどお伝えしたように皆さんのおかげが大きいのですが、

それ以外にもう1つ理由があります。

この理由に、

「ブログなどを続けるヒント」

があると考えたのです。

もし、自分が書かなかったら

私が、これを続けられている理由。

それは、、、

「自分の媒体(メルマガ)ではないから」

です。

自分の媒体ではなく、石塚さんの媒体に書いているから。

つまり、もし、自分が書かなかったら、

「もし、書かないと、他の人に迷惑をかけてしまう。」

そんな想いがあるから、欠かさずに続けられている面があります。

私は、この感覚を応用すれば、良いと考えました。

つまり、、、

「書かなかったら、他の人に迷惑をかけてしまう状態」

を作ってしまえば、

「ブログを書き続けられる仕組みが作れる」

と考えたのです。

2人で実施をする

具体的にはこうです。

2人でペアになります。

AさんとBさんとします。

2人とも、

「継続してブログを発信したい人」

が良いです。

そして、2人で、ブログの発信頻度や曜日などを決めます。

例えば、

「週に1回、木曜日の20時に発信する」

などです。

掲載作業を相手にやってもらう

ここまで決めたら、それぞれブログ記事を書きます。

ここまでは普通。

この先が今回のアイデアです。

ブログ記事を書いたら、相手に記事をメールなどで送ります。

AさんはBさんに、BさんはAさんに送ります。

そして、その

「掲載作業を相手にやってもらう」

のです。

ブログを書くのは、自分。

掲載作業を行うのは相手。

そんな仕組みにするのです。

良さそうだなと思ったらやってみて

こういう仕組みにしておけば、

「自分がやらなければ、相手に迷惑をかける状態」

が完成します。

もし、ブログを送付しないと、相手が掲載作業をできなくなってしまいますから。

良さそうだなと思ったら、ぜひやってみてください(^^)

やってみたら、色々と問題も出てくるかもしれませんが。

私も、どなたかにやってもらって、検証をしてみたいと思います。

P.S.

先日から燻製づくりにハマっているという話をしましたが、

ついに、念願の

「ホタテの燻製」

を作ってみました。

めちゃくちゃ美味しかったです。

オリンピックを見ながら、おつまみにして、美味しいビールをいただきました。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします