お客様の声よりも優秀なモノ

石塚駿平

サービスの良さは、自分で言うよりも
他の人に言ってもらった方が良い。

これは、あなたもご存知のことだと思います。

「当レストランは最高のサービスを提供しています。」

とレストランの人が言うよりも、
そのレストランに行ったことのある友人が、

「ねえ、この前あのレストランに行ってきたんだけどさ、
めちゃくちゃサービスが良くて感動しちゃった!」

と言っているのを聞いた方が、
100倍信憑性がありますよね。

それに、多くの人はアマゾンや楽天で
買い物をする時に他人のレビューを参考にします。

飲食店に行くときは、食べログやぐるなび
の評価を参考にしています。

これは、マーケティングを行なう上では
忘れてはいけない事実です。

集客を上手く行ないたいなら、

『あなたのサービスの良さを、
“他人の口から”伝えてもらうこと』

を常に考えるべきです。

お客様の声以外の方法

その具体的な方法として挙げられるのは、
“お客様の声”を利用する方法です。

あなたのサービスを利用した
お客様の喜びの声を活用するのです。

※詳しい活用方法は、この動画で説明しています。
https://www.youtube.com/watch?v=BajLA12cox0

そうすることによって、
あなたの提供しているサービスは、

「他の人にも評価されているから信頼できる」

という風に思ってもらえます。

これは、本当に効果のある方法です。

ただ・・・

今回は、お客様の声よりも効果がある、
より発展させた方法についてお伝えしたいと思います。

“事例広告”を活用する

その方法とは、

『事例広告を作る』

という方法です。

“事例広告”とは、実際にサービスを受けたお客さんに
インタビューを行ない、その受け答えを書き起こしたものです。

ただ、すぐにはイメージがわかないと思いますので、
実例をみてもらえればと思います。

実は、この事例広告を専門で作っている会社があるんですよ。。

顧客事例制作の専門会社:株式会社カスタマワイズ
http://www.customerwise.jp/

このページの中の顧客事例を見れば、
イメージが掴めるはずです。

インタビュアーが実際にサービスを
受けたお客さんを取材し・・・

・サービスを受ける前はどんな状況だったのか
・どんなきっかけでサービスを受けたのか
・そのサービスを受けることでどんな変化があったのか

このような受け答えをする構成になっています。

一見すると、「そんなの効果があるの?」
と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

事例広告は、あなたのサービスの申し込みを
増やす為に大きな力を発揮します。

専門でやっている会社があるということが、
その証明になっていると思います。

なぜ事例広告は効果的なのか?

では、事例広告はなぜ大きな効果を発揮するのでしょうか?

その理由を説明していきたいと思います。

理由1:見てもらえる

まず、事例広告は見てもらいやすいです。

そのサービスを受けた人がどうなったのか?
ということは気になるものです。

『自分は失敗したくないから、
他の人の事例を見て参考にしよう』

という気持ちが働くので、他のコンテンツと
比べて見てもらえる可能性が高くなります。

理由2:売り込みの感じがない

事例広告は、”売り込み臭”がありません。

なぜなら、インタビューの形を取っているからです。

他のコンテンツは、”売り込みの為のもの”
だと思われて警戒されますが、
事例広告の場合はそんなことはありません。

警戒をしない状態で見てもらえるので、
伝えたいことがしっかりと伝わります。

理由3:情報量が多い

お客様の声の場合、お客さんに書いてもらうので
どうしても情報量は少なくなりがちです。

お客さんが1,000文字も2,000文字も書くことはないですからね・・・

しかし、事例広告の場合はQ&Aの形になるので、
必然的に情報量は多くなります。

その結果、自分の伝えたい情報をしっかりと、
そしてたっぷり伝えることができます。

より多くの情報を受け取ってもらった方が、
お客さんが行動を起こす確率は高くなります。

お客さんと話す時間が5分だけの時よりも、
60分話した方が興味を持ってもらえますよね。

理由4:ビフォーアフターがわかる

事例広告では、質問の仕方を工夫することで、
こちらの伝えたいことを引き出すことができます。

特に、お客さんが知りたいことは、

『そのサービスを受けることで、
”自分”にどんな良いことがあるのか?』

ということです。

その答えを引き出す為に、

「サービスを受ける前と後ではどう変わりましたか?」

という質問をすれば、自然と読み手が
知りたい情報を提供できるようになります。

そういった情報を提供して、興味を
持ってもらえれば申し込みの確率は高まります。

事例広告を活用してみては?

あなたも事例広告を活用してはどうでしょうか?

使い方はいくらでもあります。

・ホームページに掲載する
・資料請求に同封する
・DMとして同封する
・事務所の紹介チラシ代わりに使う

などなど・・・

一度作ってしまえば、何度でも使える
強力なマーケティングツールになることは間違いありません。

P.S.
もっと詳しく学びたいなら、本を読むの手です。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478005974

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします