理想のお客様を集めるコツ

中西雅司

「なぜ、FP向けのコンサルティングをされているのですか?」

最近、FPの方や異業種の方からこのように聞かれることが多いので、

今日は、私が、

「なぜ今の仕事をしているのか」

「なぜFPの方がフィーで稼ぐための、コンサルをしているのか」

について、書きたいと思います。

こちらで、記事を書き始めた時や、その後にも少しずつ何度か書いたことはありますが、改めてお伝えしておきたいと考えています。

FPのあなたが、

「理想のお客様を集めるヒント」

にもなっているので、是非読んでみてくださいね。

今の仕事で面倒なこと

私は、2013年に独立し、最初は独立FPとして仕事をしていました。

その後、2015年から、今のFP向けのコンサルをしていますので、もう3年以上が経過しました。

現在の肩書きは、

「FP専門の経営コンサルタント」

です。

独立FPの時代からそうなのですが、今も、「FP」という名称が肩書きに入っています。

そのため、異業種の人に会うと、ある面倒なことがあります。

それは、

「FPとは言っても、保険を売らないFPを育成しているんですよ」

という説明を、毎回しないといけないことです。

なぜなら、多くの異業種の人が

「FP=保険の人」

と認識しているからです。

まだ世の中的には、「FP=保険」という認知が大勢を占めていますよね。

こちらを読んでくださっているあなたもそうだと思いますが、

私も、日々名刺交換で体感していますから、その状況に大きな変化はないと思います。

80%くらい?

体感値でいうと、80%以上でしょうか。

一刻も早く、

「FP=保険」

というイメージではない社会になればよいと思っていますが、簡単ではありませんよね。

でも、それを変えるのが私の役目だとも思っていますので、必死に頑張っていきます。

さて、前置きが長くなりましたが、

私が今のFP向けのコンサルを始めたきっかけは、独立FPとしてやっていた時代にさかのぼります。

変わることはありえない

私はもともと保険会社の本社で働いていましたが、経営を改善する部門にいました。

会社を変えることができるはずの部門でした。

「お客様の声を元に、経営を変える」

そんな仕事を5年ほどやっていましたが、残念ながら、会社は大きく変わることはありませんでした。

「変わることはありえない」

ということにも気づいてしまいました。

そのため、私は、

「外から社会を変える」

「お客様を直接幸せにする」

との思いでFPとして独立。

最初は、FPという仕事をあまり深く知らずに独立をしました。

当然・・・

そして、当然のごとく、大失敗しました。

多くの独立FPが陥るのと同じように、全く上手くいかなかったのです。

その頃のお客様からいただくフィーは1万円でした。

500万円の年収に到達するために、年間500人のお客様対応をしなければならない計算になります。

しかし、その後、色んな学びをしながら、色んな人に会いながら、独立してから約2年後には私は独立FPとして軌道にのせることに成功します。

フィーは30倍の30万円になりました。

しかも、集客のためにあまり努力をしなくても、お客様が来てくれる状態になりました。

本当に幸せな毎日になりました。

しかし、私には、1つ違和感が残っていました。

私に残った違和感は?

私は、フィーだけで生計を立てられる状態になりました。また、集客にも困らなりました。

それはとても良かったのですが、一方で、1人のお客様対応にかかる時間が長くなってしまいました。

結果、年間の顧客対応できる人数が30人ほどになってしまいました。

先ほど記載したように、私は、会社を辞めた時、

「社会や業界を変える」

というもっと大きな思いがありました。

しかし、年間30人しか対応ができないとなると、その想いの実現はできないことに気づきました。

その時に考えたのが、今の仕事です。

「私と同じようなことができるFPを増やすことができれば、より多くのお客様を幸せにできる」

そう考えたのです。

これが、今の仕事をやるきっかけになりました。

そして、今の仕事はやればやるほど楽しさを増しています。

なぜなら、自分で独立FPをやっていた頃よりもさらに、

「独立FPの仕事は魅力的だ」

「独立FPの仕事は世の中の他の多くの仕事と比べても稀に見るくらい価値がある」

ということがわかってきたからです。

この価値があるFPをもっと世の中に広めるべく、お客様からフィーを得ながら、自立して活躍できるFPを増やしていくべく、必死で努力をしていきたいと思います。

想いを伝えることは大切

今日の記事を読んでくださった方。

いつも記事を読んでくださっている方。

本当にありがとうございます。

今日は私の今の仕事への想いを伝えました。

どのように感じられましたか?

感じ方は人それぞれだと思います。

でも、何か感じるものがあったのではないでしょうか?

私は昔は、自分のビジョンや想いを人に話したり、文字にしたりすることを避けていました。

なぜなら、

「ビジョンは、自分の心に留めておけばいいもので、人に話すようなものではない」

と思っていたからです。

でも、私が独立成功のきっかけになった方に、

「ビジョンは人にどんどん伝えるもの」

ということを教えてもらいました。

最初は、戸惑いました。

でも、思い切って、ビジョンを伝えるようにしました。

結果、私の人生は変わりました。

想いが周りの人に伝わって、多くの方が共感をしてくれました。

そして、私の力になってくれました。

多くのお客様も自然に近づいてきれくれました。

しかも、自分の想いに共感してくれる理想的なお客様が。

想いは伝えるもの

最初は恥ずかしいと思うこともあるかもしれません。

でも、少しずつでも自分の想いを伝えていきましょう。

言葉でも文章でも、その両方でもOKです。

必ずその想いは伝わり、あなたの力になってくれる人が現れるはずです。

そして、それだけでお客様になる人も現れてくるはずです。

是非やってみてください。

P.S.

先週、石塚さんと一緒に

「高単価・高成約率FPワークショップ」

を2日間でやってきました。

感想・結果等はまた次回以降のメルマガで書きたいと思いますが、

受講生の志の高さ・必死さ・想いが伝わってきて、とても嬉しかったです。

そして、皆さんの成果物がとてもワクワクする内容で、私自身本当に幸せな時間でした。

これからが本当に楽しみです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします