新しいFPのビジネスモデル

石塚駿平

FPには、決められた
ビジネスモデルがありません。

これが、FPビジネスの難しい
所であり、面白い所でもあります。

FPも税理士みたくビジネスモデルが
固まっている状態なら、もっと
独立FPが増えると思いますが・・・

残念ながらそうではありませんよね。

そこで今回は、以前から考えて
いたFPのビジネスモデルについて
お話をしてみたいと思います。

このモデルはずっと可能性があると
思ってましたが、実際にできている
FPの方もいらっしゃるようですね。

なので、十分に現実的で、
再現可能なモデルだと感じています。

スクーリングのモデル

それはどんな
ビジネスモデルかというと・・・

『スクーリング』

を中心としたビジネスモデルです。

具体的に言うと、数十万円レベルの
講座やスクールを中心として
収益を上げていくというものです。

お金に関する知識というのは、
このビジネスモデルにマッチします。

情報から得られる価値が高いですし、
需要もかなりありますからね。

これが日本で一番できいるのは、
ファイナンシャルアカデミーさん
だと思います。

かなり大きい所なのであなたも
知っているかもしれませんが、、、

・お金についての知識
・株式投資の方法
・不動産投資の方法

など、お金に関する知識を
スクール形式で教えている会社です。

ホームページを見ると、
誰もが知っている有名人が
何人も出ていますね。

http://www.f-academy.jp/

素晴らしいマーケティング戦略だと思います。

この会社は、

・最初に無料セミナーを行う

・そこから各自の興味に応じて
高額の講座に進んでもらう

という形をメインにして
事業を展開しているようです。

既に、かなりの数の
受講者がいるみたいですね。

個人でもできる?

こういった大きな会社を
例に出して説明すると・・・

「そんなの、大きい会社
だからできるんでしょ!?

自分みたいに個人でやっている
所じゃ真似できないよ!」

と思うかもしれません。

でも、全然そんなことはないんですよね。。

確かに、病気をしてしまった時に
替えが効かないということはありますが、
個人でも十分に運営をすることが可能です。

僕の知っている限りでも、
個人レベルで講座やスクールの
運営をしている人は結構います。

なので、別に会社組織じゃなきゃ
できないという訳ではありません。

ただ、何も能力がなくても
できる訳ではありませんので・・・

今から、このビジネスモデルを
構築するのに必要な能力を
説明して行きたいと思います。

セミナーの集客力

はい、これが一番大事な能力ですね。

一番最初のセミナーに
お客さんを集めてくる能力です。

この能力さえあれば、
スクーリングのビジネスモデルを
構築するのは簡単です。

しかし、最も大事な能力だからこそ、
これができる人はなかなかいません。

全くの0から始めた人は、何を
すればいいのかわからないでしょう。

ここに関しては色々と方法がありますが、
個人レベルでスクーリングのビジネス
モデルを構築する場合、、、

メルマガを中心にしたマーケティングを
組み立てるのが一番の方法です。

これに関しては断言できます。

他にも色々と方法がありますが、
メルマガを使って見込み客との関係を
長期的に作れる人が最も強いです。

講座のセールス力

次に挙げられるのは、
メイン商品である高額講座の
セールス力です。

どういうものかというと、
最初のセミナーに来てもらった人に、
次のステップの講座に

『参加したい!』

と思ってもらう能力です。

この確率が低いと、
収益が上がりません。

なので、しっかりとプレゼンを
組み立て、高確率で次の講座に
進んでもらう必要があります。

その為に、人間心理を理解して
一定以上の確率で申し込みが入る
プレゼンを練る能力が求められます。

講座の構築能力

いかに講座を価値のある
内容にできるかどうか?

これはこのビジネスモデルを
構築する上で大前提になるものです。

この部分が抜け落ちてしまった
ものがいわゆる”詐欺”ですね。

そうではなく、参加した方が

『この話を聞いて本当に良かった!
払った金額以上の価値があった!!』

と言ってくれるような講座を
構築する能力も求められます。

こういった能力というのは、
FPとして相談業務を繰り返せば
自然と磨かれる場合もあります。

セミナー講師力

最後に、セミナー講師として、
しっかりと話ができる能力です。

これは、苦手な人じゃない限り
そこまで難しいものではありません。

人前で話す事に慣れて、
伝えたい事をしっかり伝えられる
ようになれば大丈夫だとお思います。

高額の講座をするには、
講師の養成講座などに高いお金を
払って通わなきゃいけないのでは?

と思う方も中にはいらっしゃいますが、
僕の周りで高額をチャージしている
講師の中にそんな人はいません。

それよりも、自分のキャラを出して
伝えたい事を伝えられるのが
一番大事なことじゃないかと思います。

FPの可能性

以上、大まかにですが上記の
能力があればこのビジネスモデルを
構築することができるはずです。

1対1のビジネスモデルではなく、
1対多数のモデルになるので、
売上げの上限値も高くなります。

また、一気に多くの人に価値を
伝えることが可能になりますね。

講師として活躍するには、
どこかにセミナー講師として雇って
もらうだけではなく・・・

自分で全てをプロデュースして
組み立てて行く方法もあります。

このビジネスモデルは現実的に
構築がしやすいものなので、

『自分にもできるかもしれない』

と感じたのならば、
真剣に考えてみるのも良いですね。

参考になると嬉しいです。

P.S.
このモデルを昇華させると、

“一般社団法人を作ってその講座が
できる認定講師を養成していく”

というビジネスモデルになります。

難易度は高くなりますが、
これも面白いビジネスモデルです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします