仕事を第一に考えると人生がダメになる

石塚駿平

先日、とある方のZoomセミナーを受けていました。

どんな方かというと・・・

・NLPやコーチングの卓越したスキルを持っている

・しかし外国で語学ビジネスを展開している

・日本ではなくシンガポールに住んでいる

・さらに大学院にも通っている

・エンジェル投資家で投資した企業が複数上場する予定

という感じの、すごい成功している感じの人です。

と言っても、感じが良く謙虚で話しやすい人でしたね。

セミナーの内容としては、

『自分のビジネスや人生のステージを上げていくにはどうすればいいか?』

というものだったのですが、、、

僕がそのセミナーを受けて印象に残ったことをシェアしたいと思います。

趣味と遊びを中心に考える

僕が一番印象に残ったことは、

『自分の人生の目標を考える時には、趣味と遊びを中心に考えるべき』

という考え方です。

普通、目標設定を考える時は大体ビジネスの目標を立てますよね?

『売り上げ5000万を達成する!』

とか、

『年収1000万を稼げるようになる!』

とかです。

しかし、そうじゃなくて最初に考えるべきなのは、

『趣味のサーフィンを好きなだけ楽しみたい!』

『海外旅行に毎月行きたい!』

『マラソンのベストタイムを更新したい!』

とか、仕事ではない所だというのです。

その他の目標を後で考える

なぜそうするべきかというと、

『趣味や遊びは純度100%で自分の欲求を出せるから』

だそうです。

仕事だと周りの目を気にしたり、社会一般的な成功基準を無意識の内に使ってしまうけれども・・・

趣味や遊びの場合はそれがない。

だから、本当に自分が幸せになる目標を立てたいのなら、趣味や遊びを最初に考えて・・・

それに合わせて、

・仕事の目標

・金銭的な目標

・人間関係の目標

・学びの目標

・家族、パートナーの目標

・健康の目標

などを考えて行った方が幸せになれるとのことでした。

仕事を第一に考えると人生がダメになる

これは、なかなか普通に考えると出てこない発想だと思います。

しかし、本当に幸せな人生を過ごそうと思ったら、この考え方は参考になるはずです。

仕事を最優先にして、その目標を達成することを第一に考えたらどうなるでしょうか?

子どもと遊ぶ時間が取れない・・・

家族との関係が悪くなる・・・

自分の健康が崩れてしまう・・・

など、悪いことが起こるようになります。

『家族を楽にさせる為に仕事をしてるんだ!』

と自分の中では仕事優先の状況を正当化できても、家族はそのことをわかってくれません。

実際に、このような状況に陥った人を僕は何人も見てきました。

とある大企業のCEOの話

特に印象に残っているのは、誰もが知っている大企業のCEOだった方の話です。

世間一般から見ると、

「あの会社のCEOだなんてすごい!」

と誰からも思われるような成功者です。

本も複数出版しており、人気になっています。

仕事もできるし、人間力も高い人格者です。

しかし・・・

その方は忙し過ぎて家族との時間が取れず、こどもが不登校になってしまったそうです。

そして、

「もし人生をやり直すとして、同じ道を歩むかと言われるとそうではないと思う」

と語ったそうです。

僕は直接この言葉を聞いた訳ではなく、仲の良い方から聞いた話ですが・・・

とても考えさせられますよね?

人生を変えるきっかけになるかも

もちろん、事業の立ち上げの段階だったり、、、

集客をこれから始めていく段階の時は、仕事の優先順位は上がります。

大量に行動をする必要があるので、時間も取られるでしょう。

しかし・・・

その段階を過ぎて自分の人生をどう過ごせばを考える時が来たら、

『自分の人生の目標を考える時には、趣味と遊びを中心に考えるべき』

ということを頭に入れて、これからの目標を考えてみてはどうでしょうか。

人生は仕事だけではありません。

もしかしたら、人生を変えるきっかけになるかもしれませんよ。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします