ブログネタに困った時の解決法

昆知宏

あなたは自分に絶対に課している”何か”はありますか?

私はというとどんなことがあっても月曜日朝に必ず
記事をアップするということを決めています。

実際は予約投稿をするので前日には
それぞれの設定を終える必要があります。

先週は少しピンチでした。

日曜日の21:00時点で執筆が
終わってなくてネタも決まってない。

しかも夕方からパーティーに参加
していたのでアルコールも残っている。

疲れて、眠いし、お酒も入っている。

この状況ならあなたはどうしますか?

諦めるという方もいるでしょう。

月曜日ではなくて火曜日にアップ
すればいいやと思うかもしれません。

しかし私は24時頃に力を振り絞って執筆を終えました。

それはなぜかというと、

月曜日の定期発信が途絶えた時は、
”FPを廃業する時だ”と決めているからです。

だから絶対に原稿を落とすわけには
いかなかったのです。

小さな目標をルーチン化する

情報発信は定期的にすべき。
これは私の持論です。

なぜなら書くことは習慣化しないと
なかなか定着しないし、

読者もいつ更新されるか分からない
ブログ等に付き合うのは辛いからです。

例えば毎週月曜日に更新される
ことが明確であれば、

興味のある読者は定期訪問
してくれるようになります。

これは端的に言うと問い合わせ率の
向上効果があります。

これは実際に自分が読者サイドに
なると分かりますよね。

当然ながらあなたの読者も同じように
思うはずです。

ネタが出せない場合

とはいえ、定期更新の悩みの種が
「ネタ」かと思います。

フリースタイルで記事を書くのは、
慣れるまでは正直しんどいというのは
承知です。

ではどうすればいいか?

おすすめがあります。

それは直近のお客さんのQ&Aを
記事にすることです。

例えば私であれば、

「中古マンションをリノベする際の
住宅ローン減税ってどうなの!?」

という質問を頂いたのでその解答を
記事にまとめてみる。

「〇〇銀行と〇〇銀行ってどっちが
いいんですか!?」

という質問を客観的視点でまとめて
みたりとこんな感じになります。

ある見込み顧客が悩んでいるテーマは
必ず類似顧客も同じことで悩んでおり、
反応が高い鉄板コンテンツにもなるのです。

最近、集客が多くない場合は!?

直近でお客さんからの質問がない
場合はどうすればいいかというと、

その場合はヤフー知恵袋でネタを
探すのがおすすめです。

ヤフー知恵袋は身近な悩みを
ネットで相談できるコンテンツですが

特に相談者の悩み部分は鉄板の
コンテンツとなります。

もし時間があれば、

例えば住宅ローンに関する
質問を100個くらいピックアップし
グループ分けしていくと、

だいたい似たようなテーマになる
ことは分かります。

そこで出てくるキーワードを
10個くらい絞り、

そのキーワードを入れて記事を
書くとSEO的にも有利になります。

最近はコンテンツマーケティングという
方法が流行っていますが、

優良な記事を書くための調査として
ヤフー知恵袋は極めて優秀です。

いずれにしてもブログで
ネタに困った時は、

新しく面白いことを書くのではなく
普遍的な悩みにフォーカスして
記事を書くとネタも出やすく
結果にもつながりやすい。

これを覚えておくだけで、
結果は大きく変わってくるでしょう。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします