事業が軌道に乗った時にやったこと2つ

中西雅司
今、私は、時間に追われて、このメルマガを書いています。

なぜなら、

週末に新しいゲームアプリをダウンロードしてしまい、抜け出せなくなってしまったためです。

ゲームの名前は、、、

「パワプロ」。

野球のゲーム(パワフルプロ野球の略)です。

こちらのメルマガを一緒に書いている昆さんは、

「野球観戦が趣味」

と書かれていましたが、

私も昔、野球をやっていた関係上、野球が大好きです。

そして、野球のゲームも大好きなのです。

子どもの頃は毎日夜更かし

ただ、

ゲームというのは、本当に中毒性があって困ります。

一度やり始めると抜け出せない・・・

昨日も8時間くらいやってしまい、結果、今、メルマガに追われる結果に。。。

中学校や高校の時も、何時間も続けて、ゲームをやってしまい、毎日、夜更かしをしていたことを思い出します。

大人になっても、そんな自分は変っていないようです。

そんなに簡単に人間性を変えることってできないですよね。

きっと。

中毒性と言えば・・・

さて、

中毒性と言えば、仕事に対しても、ゲームのように熱中ができれば、

あっという間に独立して成功できたのだと思います。

ただ、

私の場合は、そうはいきませんでした。

私が独立したのは6年3ヶ月ほど前。

当時は、本当に一生懸命頑張っているつもりでした。

しかし、

後から考えると、明らかに行動が不十分でした。

特に、

最初の1年半ほどは、行動が足りなかったと感じています。

ところが、

その後、私の行動は変わることになります。

結果として、お客様から受取るフィーも30倍に高めることができました。

何をしたかというと、、、

私がやったこと。1つ目

私がやったことは、大きく2つです。

1つは、

「マーケティングを学び実践したこと」

です。

私の場合は、こちらのFPライズと志師塾というビジネススクールの2つで学びました。

これにより、

やるべきことが明確になり、前に進む自信がわいてきました。

目の前の霧がどんどん晴れていくような感覚です。

さらに、

学んだことを実践することにより、

「自分が向かう方向性」

に確信が持てるようになりました。

比較的早い段階でマーケティングの重要性に気づけたというのは、

「お会いした方に恵まれていたから」

だと思います。

もう1つは?

もう1つは、

「実践を継続する環境づくりをしたこと」

です。

私の場合、1人だと、どうしてもサボりがちになっていました。

そのため、

「人に見られている環境」

を作ることが大切だと思いました。

会社員時代は、サボることがあまりなかったので、それと同じ環境を作ることが大事だと考えたのです。

そこで私がやったこと(一部)は、こんな感じです。

===

①「一緒に頑張る同じ立場の独立開業仲間」を作って、自分の目標やビジョンを宣言した

これによって、一緒に頑張る仲間ができてモチベーションが上がりました。

また、「言ったからやらないと」という気持ちになり、行動が加速しました。

②シェアオフィスを借りて、人に見られる環境に身を置いた

これにより、孤独感が薄れて、モチベーションが落ちた時に復活しやすくなりました。

③当時、苦手だったセミナーをやることに決めて、会場を予約し、告知した

これにより、「逃げられない環境」ができて、その他の行動も進んでいきました。

===

あくまでも一例ですので、他にも色んな方法があると思います。

ただ、

私の場合は、こういった仕組みを作っていった結果、

「実践→学び→実践→学び」

というサイクルを回していくことができるようになりました。

自由で楽しい独立開業。でも、、、

独立開業をすると、とても自由で楽しいです。

でも、一方で、とても孤独です。

なので、

「自分の行動をいかにコントロールできるか」

が、成功するかしないかの大きな分かれ道になります。

色んな人の力を借りながら、是非色々と工夫しながらやってみてください^_^

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします