収入や貯金が少ない人へのアドバイス方針②

中西雅司

今日は、最初にご案内です。

先週、簡単に、お伝えしましたが、

金融庁や日銀などで、様々な委員を務められてきた、

独立系FP歴21年の神戸孝さんの講演会を企画しています。

特に、、、

・独立したばかりの人

・独立するかどうか迷っている人

・将来、独立を考えたい人

などには、未来の指針になるはずです。

参加申し込みはこちら
>> https://fpa-20210218seminar.peatix.com/
※オンライン参加可

さて、本題です。

今日は前回の続き。

前回は、

「収入や貯金が少ない人へのアドバイス方針」

の1つ目をお伝えしました。

今日は、2つ目です。

前回の記事の概要

前回の記事では、、、

収入や貯金が少ない人に対しては、

「お金の使い方を変えるアドバイスが有効」

ということをお伝えしました。

つまり、

「浪費を消費や投資に変えていく」

というアドバイスです。

結果として、

・時間が生み出されて、自己研鑽や副業などに時間を使えるようになる

・精神的に満たされるようになり、仕事効率が上がる

・お金を使うことが、お金を生み出すサイクルになる

につながっていくはずです。

前回の記事はこちら
>> https://fprise.com/money_low_empower/

では、ここから2つ目をお伝えしていきます。

今日お伝えする2つ目は、私もまだちゃんと整理しきれていませんし、検証中の部分もあります。

ただ、間違いなく、

「アドバイス方針の1つの方向性にはなる」

と考えていますので、これまでの私の経験もふまえて、中間報告という形で、お伝えしていきます。

今年の5月のこと

今年の5月に、こんなことがありました。

私は、FP関連のyoutube動画の調査をしていたときのことです。

「お金」というワードでyoutube検索をしたところ、面白い動画が見つかりました。

それは、、、

「これを1回聞いただけで、8時間後に収入が発生した奇跡の音楽」

というもの。

この音楽のyoutubeのコメント欄を見ると、

「半信半疑で聞きましたが本当にびっくり……1万円臨時収入がありました。これだけでも嬉しい!」

などの、臨時収入が入ったというコメントがたくさんあるのです。

私も友人も変化が

私も、この方と同様に、半信半疑で、

「ほんとかな?」

と疑いながらも、1時間程度のヒーリング系の音楽を聞き流しながら、仕事をしました。

すると、2時間後のこと。

2ヶ月近く音沙汰なかった持続化給付金が、私の口座に振り込まれたのです。

さらに、そんな私の経験を、友人に伝えました。

すると、その音楽を聞いた友人から、

・建築会社からログハウスをもらった

・知人から商品券をもらった

・私も持続化給付金が入った

などの、連絡が続々とあったのです。

別の動画の話

私は、そんな経験をしているので、youtubeでいろんな動画を時々見ています。

すると、それに近い動画がたくさんあります。

例えば、心理カウンセラーの人がアップしている動画で、

お財布に、「お金は、いくらでも入ってくる!」というような言葉を書いただけで、収入が増えた。

そんな動画を見つけました。

こちらは私はまだ検証中ですが、

どうやら、その動画を見た人で、
効果が出た人はたくさんいるようです。

マインドや意識が変わり、行動も変わる?

これらの現象を、私の知識の範囲で、論理的に考えてみると、

一番大きい点としては、

「マインドや意識が変わり、行動が変わる。結果として、周りの環境も変わる。」

ということかなと思います。

例えば、

「お金が貯まらないマインド」

「お金が貯まらない行動パターン」

などに、変化が起きるのではないかと考えています。

もしかしたら、、、

意識的には変えることができないと言われている

「潜在意識」

に何らかの変化が起きているのかもしれませんね。

現時点では、これくらいしか伝えられませんが、

私自身も色々と試してみて、あるいは、心理学の専門家の話を聞いてみたりして、こちらのメルマガでも報告していきますね。

心理学が1つの鍵

というわけで、

今日は、とてもふんわりとした内容にはなりましたが、

「収入が少ない人や貯金がない人」

に対して、効果の高いアドバイスをしたいのなら、

方向性の1つとして、

「心理学を学んでみる」

というのはありかなと考えています。

あるいは、

「心理学を学んでいる専門家と連携して対応をする」

という方法もありですね。

所得が伸びない現代社会の力に

日本全体の所得水準が伸びない、現代社会において、

今後、収入や貯金が少ない人の割合がさらに高まっていくことも、想定されます。

なので、

「この分野について、アドバイスができるFPや専門家の必要性」

は、ますます高まっていくのではないかと考えています。

今までのFPの教科書の知識だけでは対処できないこの分野について、今後も研究をしていきます。

また新しいことがわかってきたら、こちらでもまたフィードバックをさせていただきますね。

では。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします