あなたの味方と顧客を同時に増やす方法

中西雅司

「寒すぎる。油断しすぎた・・・」

少し前になりますが、
12月上旬に札幌で、自主開催の
ビジネス交流会を開催してきました。

私は大学時代を北海道で過ごしているので、
その時の記憶から、比較的、薄着で
行ったところ、

残念ながら、マイナス7℃の寒さで
凍えそうになりました。

やっぱり北海道は
なめてはいけませんね。

そして、何事も慎重に
やらないといけないことを
改めて実感しました。

さて、今回の交流会は、私が
2年半後に北海道に移住をするので、

「そろそろ人脈作りを始めよう」

というのが、開催の目的だったのですが、
集客に苦しみました。

なかなか北海道の人が集まりません。

初めての試みだったので、ある程度は、
織り込み済みでした。

とはいえ、まあうまくいかない。

でも、あることをした結果、、、

とてもワクワクする
展開になったのです。

それは、、、

北海道の助けたい人達

私には北海道に移住する大きな
目的があります。

こちらに書くと長くなって
しまうので、それは追い追い
こちらでもお伝えしたいなと思うのですが、

ざっくりと伝えると、北海道に
助けたい人達がいるからです。

そのビジョン・想いを
東京で色んな人に伝えていたところ、

「それ、応援したいから、一緒に北海道に行く」

と申出てくださった方が何人も出てきて
くださったのです。

そして、さらには、

「一緒に行って、北海道の方を紹介したい」

とまで言ってくださる方も出てきました。

ほんとに嬉しくて嬉しくて、
涙が出そうになりました。

そして、私が独立FPとして
うまく回り始めた時も、

全く同じ感覚を味わったことを
思い出しました。

自己紹介でビジョンを伝える

私は当初は完全にダメFPでした。

いくら一生懸命自己紹介をしても、
私の仕事を理解してもらえない。

いくら一生懸命話をしても、保険の
営業マンと間違われる。

いくら一生懸命仕事をしても
お客様はお金を払ってくれない。

そんな状態でした。

しかし、ある工夫をしたところ、
今回の北海道の交流会のように、

多くの助けてくれる人が出てきた
のです。

何かと言うと、、、

「自己紹介で、ビジョンを語るようにしたこと」

です。

それまでは、自己紹介では
仕事内容の説明に終始していました。

「ファイナンシャルプランナーとして、
人生に関わるお金のアドバイスをしています。
住宅ローンや保険、資産運用・・・」

といった感じです。

それを変えて、

「なぜ私がFPとして仕事をしているのか」

を中心に話すようにしました。

私の場合は、こんな感じです。

「私は、保険会社の本社で40万件を超える
苦情を見てきて、苦しむお客様をたくさん
見てきました。

そのため、会社を変えられる部門にいましたので、
変えようと努力しました。

ところが、会社変わる気がないことが
わかったため、「外から変えて、
多くのお客様を救う」との想いで独立しました。」

といった感じです。

すると、どうなったか。

今回の北海道の時と同じように、
共感してくれる人が一気に増えました。

そして、共感してくれた多くの方が、
私の代わりにセミナー集客をしてくれたり、
私の事を色んな人に紹介してくれたりしました。

結果、集客に困ることがほとんど
なくなりました。

しかも、私の価値も代わりに
伝えてくださるので、料金を
いただくことも楽になりました。

少なくともこれだけで、無料の
壁は簡単に超えられるように
なりました。

自己紹介聞いてもらってますか?

もしあなたが自己紹介をした後、

「聞いている人の反応がないな」

と感じることが多いのなら、

「なぜ今の仕事をしているのか」

を重点的に話をしてみてはいかがでしょうか?

原稿を作って、少しずつ修正をしながら、
色々と試してみると良いと思います。

きっと少しずつあなたの想いに共感
してくれる人が増えてきて、仕事が
しやすくなるはずです。

私と同じように、集客が圧倒的に
楽になるかもしれませんよ。

かなり有効な方法なので、
是非試してみてくださいね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします