オンライン化の波が来る中でFPは何をするべきか?

石塚駿平

オンライン化の加速。

これは、日本にいるみんなが実感していることだと思います。

僕の周りではZoomを使っている人が多いので、
最近バリバリ使っています。

元々使ってはいたのですが、
コロナの影響で使う頻度が増えて色んな使い方を覚えました。

中西さんもメルマガでZoomの便利な機能を教えてくれてますね。

こういう風に、FPがオンライン会議に馴染んできたと感じるのと同時に・・・

大きな変化が日本中で起こっていると感じます。

一般の人に起こっている変化

それは、FPだけではなく一般の人もオンライン会議に慣れてきている、ということです。

今までは、

「オンライン相談はちょっと・・・」

という雰囲気だったのが、

「むしろ、オンラインでできませんか?」

という感じになっていると感じます。

というのも、今はかなりのものがオンライン化されたからです。

全てがオンライン化する

例えば、語学教室。

僕の妻は日本語を勉強しているのですが、
この記事を書いている今、Zoomを使ってレッスンを受けています。

電車移動をする必要がないので、

「これが終わって、電車で新宿とかまでいかなきゃいけないのは面倒くさい・・・」

と言っているくらいです。

もはや、オンラインの方が優位性がある良い例ですね。

この他にも、パーソナルトレーナーが筋トレをオンラインで一緒にやったり、、

整体院がストレッチのやり方をオンラインで教えたり、、

ピアノ教室がオンラインで指導をしたり、、

枚挙に暇がありません。

オンラインで何かをやる機会の爆増

さらには、大企業もZoomなどを使ったセミナーを主催したりしています。

こういった、

『オンラインを使った活動』

に触れる機会が、今日本で爆発的に増加しています。

そして、一度でもそれを経験したら抵抗感はなくなるでしょう。

そういった人が、現在進行形で増えてきているのです。

FPにも押し寄せるオンライン化の波

もちろん、FP相談というのもオンラインで行うことができます。

ということは、

『FP相談のオンライン化』

の波が急速に来ている、ということになりますね。

もちろん、いきなり取って代わられることはありません。

しかし、この傾向はこれからどんどん加速していくでしょう。

そんな中、FPは一体何をすればいいのでしょうか?

FPが今やっておくべきこと

僕が考えているのは、主に2つです。

1つは、オンライン会議ツールに慣れておくこと。

使えるツールとしては、

・Zoom
・スカイプ
・LINE
・グーグルミート(グーグルの新しいサービス)
・Webex(ウェベックス)

がメインになると思います。

基本的に、選択肢は複数あったほうが良いです。

なぜなら、相談者は使ったことがあるツールを使いたがることが多いからです。

この選択肢は今後変わる可能性はありますが、主要なものは積極的に使ってみて慣れておくのがおすすめです。

ちなみに、LINEは手軽ですが通話の品質が悪くなる場合が多いみたいです。

グーグルミートは、新しいサービスなので僕も試しに使ってみようと思います。

ウェブセミナーへの対応

もう1つは、ウェブセミナーに対応できるように準備をしておくことです。

Zoom等を使ってウェブセミナーをする場合、リアルとは勝手が違います。

表情を読み取るのが難しいですし、

『場の雰囲気』

みたいなのが感じにくいという欠点があります。

しかし一方で、例えばZoomの場合は

『手を挙げる』

という機能を使って質問に反応をしてもらったり、
チャットに質問を書き込んでもらうことが可能になります。

これは、対面だとなかなかできないので、オンラインセミナーの特徴ですね。

こういった機能を使いこなせるかどうかが大きなポイントになってきます。

今後は、

ウェブセミナーの開催→個別相談への誘導

という経路が絶対に強くなってくるので、対応できるようにしたいですね。

オンライン化の波に乗り遅れるな!

以上、

『オンライン化の波が来る中でFPは何をするべきか?』

ということを書いてみました。

オンライン化の波は、問答無用で押し寄せてきています。

ここに対応できるかどうかは、これから活躍できるFPになれるかどうかに大きな影響を与えるでしょう。

まずは、親しい人と実験がてらツールを使ってみたり、
オンラインセミナーに参加して見る所から始めてみても良いと思います。

この波に乗り遅れないようにしましょう!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします