松竹梅の法則で”竹”取るな!

昆知宏

松竹梅の法則をご存知ですか?

コンサルティングの仕事をしていると、
まず登場してくる法則ですよね。

先日興味があったセミナーに品川まで
行って参加してきたのですが、
その先生も松竹梅の法則の話をしていました。

要はあなたが今設定している
価格を「梅」に設定して、

「松」コースを高額なスペシャルプランにして
「竹」コースをいつも通りなんだけど値上げして、
「梅」コースを今までの値段のままちゃっとサービスを落として…

なんて感じですると、

特に何も変えないで簡単に収益が上がる
というものです。

人が中間点を取るという行動心理を
活用したテクニックですね。

これは今までに参加したセミナーでも
多くの先生が言っていて、

確かに単純に収益を上げたいのであれば
最も早く効果が出る方法と言えるでしょう。

でも、
でもでも、

このメルマガを読んでくれている
あなたはもうこんなこと知っていましたよね。

そう、知っている側からすると、
違って見えてくる世界があります。

「梅」でいいんじゃない!?

あなたが購入側の立場に立つと
「竹」を選んでほしくて意図的に

サービス設定されているケースは
簡単に見抜くことができますよね。

例えば飲食店なんかは、

お客が竹コースに集中してくれるほど
利益も上がるし料理の質も
あげることができるでしょう。

セットメニューなんかが「竹」
コースとして提案されることが
多いのですが、
正直単品の梅でもいいですよね。

モスバーガーなどに行くと、
ついついポテトドリンクセットを
オーダーしたくなりますが、

ハンバーガー単品と水でも満足度は
そんなに変わらないものです。

まあ、食べ物は満腹度と好みも
あるでしょうけれども、

あなたがコンサルティングを受ける立場で
3つコースを提案されたら私は
迷わず「梅」をお勧めします。

「梅」だからって手を抜けない

講師をした経験がある方なら
分かると思いますが、

金額の大小にかからわずお金を
払ってくれた参加者に対して
「手」を抜く人なんていますか?

いませんよね。

あなたは竹だから
あなたは梅だから

とか講師側としてはあんまり
関係ありません。

私が今回申し込んだ講座も、
松竹梅で3段階コースがあったのですが、

松はよくわからないけど凄そうで(笑)

竹コースは7回の講義に先生との
個別コンサルとグループコンサルが
ついているものでした。

そして梅は7回の講座にSkypeと
e-mailでのコンサルティングが
期間内無制限で付いていました。

松が80万円。
竹が50万円。
梅が30万円。

くらいだったように思います。

さあ、あなたは何を選びますか?

「梅」からステップアップすればいい

私はこれまでにいろいろなセミナーに
参加してきましたが、

失敗したなあと思うのは、
いきなり最初から高額な講座に
申し込んでしまって、

講座の内容はいいものの、
どうも参加者のみなさんと波長が
合わなかったりして

モチベーションがなくなった
こともありました。

高額講座はグループセッションも
多いため意外な落とし穴でもあります。

自分の得たいものは結果的に、
安いコースでも良かった…

と言う経験を何度かしました。

また、安い梅コースから入って自分に
ドンピシャだった場合は、

先生にお願いすると高い「松」コースに
移動させてくれることはほぼ可能かと
思います。

逆だと言いずらいのですが、
安いコースから入って高いコースに
変更することは先生受けも良いです。

あなたがもし高額なサービスを
申し込もうとしていたら

松竹梅の法則でなんとなく流されず
まずはとにかく何考えずに梅で試して、
合えば松にステップアップ

することをすると余計なお金を
支払ずに済みますよ!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします