大反響!?テレビ出演

昆知宏

集客を有利にするために、
知名度を上げるにはどうしたらいいのか?

日々いろいろ考えます。

あなたもあれをするには
いくらかかるとか、取材を受ける
にはどうしたらいいのかなど、

次の一手を打つために日々悩んでいませんか?

私は定期的にマスメディアへの
露出を戦略的に組み込むのですが、

今年の一発目の仕掛けとして、

“TV出演”

を選択しました!

もちろん、自分のタイミングで
仕掛けたかったのでスポンサー料を
支払って出演するスタイルです。

放送が終わると同時に、現在進行中の
顧客、OB顧客、取引先各社の皆さんから

「見ましたよー」
「人気者ですねー」
「緊張してましたね笑」

などのメールを頂きました。

出演した番組は総合情報番組の
ような感じで、ラッキーにも
ディズニー特集の会だったので
かなりの高視聴率のようでした。
(12%くらいみたいです)

数にすれば20万人くらいが放送を
見ていたのではないかと思われます。

さて、ここで問題です。

新規相談者何組獲得できたと思いますか?

・・・・

・・・・

・・・・

メディアは2次利用が大事

視聴率が高いので、もしかして、
もしかして20組くらいの大反響!?

も、ほんのちょっとだけ考えていたのですが、、(笑)

まあ余計な心配でした。

新規獲得という意味での数値は

「3」

でした。

これを見て少ないと思うか?多いと思うか?

あなたはどっち派ですか?

私は思ったより多かったなと思いました。

正直テレビ放送だけで新規相談者を
獲得するつもりなんて全くなかった
のですが予想外にありラッキーみたいな感じです。

だって普通に考えれば、

『TV見る → 行動を起こす』

とはなかなかならず

『TV見る → すぐにそのまま忘れる』

となるのがどう考えても普通です。

あなたもテレビを見てこれ
いいなあーってその場で思っても、

じゃあ申し込みをしようとまでは
なかなか思わないはずです。

なのでテレビ出演の本当の目的は、
2次利用にあります。

2次利用とは、

自社のWEB等でテレビに出ました!とPRしたり、

セミナーをするときにオープニングで
その動画を流して見たりするなどの活用方法です。

メディア掲載の充実化

TVに出るには当たり前ですが審査があります。

そして見込み顧客の皆さんは、
テレビに出ている人は
凄い人だと思ってもらえます。

※実際には別に凄くもなんともないのですが

つまり、

TVに出ている人=信用出来る人

という効果が働きます。

例えば、

今後何らかのきっかけで自社の
WEBにアクセスしてくれた相談を迷っている方が、

人気番組でTV出演実績があることを知ったとします。

書店でよく目にする雑誌で記事を
書いていることを知ったとします。

そうなると、自分の知っているもの
からも認められている人だと
思ってもらえることにより、、

相談のハードルを大きく下げる効果が生まれます。

申し込もうか迷っている人に、
信用力のある媒体の力を貸してもらい
申し込みの決意をしてもらう。

これがメディア掲載の力になります。

出演だけで結果を出そうとするとコケる

あなたが気合いを入れて
TV出演をしたり、雑誌にお金を
払って広告を出したとしても、、

反応「0」なんてザラに起こります。

むしろ確率的に言うとそうなるほうが多いでしょう。

私も過去にいろいろやりましたが、
まあたいていは反応「0」です。

しかしメディア掲載実績として、
その出演した動画やページを
2次利用していけば新規集客の
大きなツールになります。

ただ、それをしないで、

TVに出たから・・・
雑誌に広告を出したから・・・

ただ待っているだけで集客が
できると思うと痛い目にあいます。

というわけで私たちは
お金を無駄にしないように、
メディアにお金を支払うときは、

直接的な反応を期待するのではなく、
2次利用の動線までをしっかりと組み立てておく。

こちらのほうに圧倒的に重点を
置いて考えることをおすすめします。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします