質問:マネーセミナーを開催したいのですが・・・

石塚駿平

久しぶりに質問が届きましたので、
今回はその回答をしたいと思います。

※ちなみに、質問はメルマガ本文の
下にある【質問投稿フォーム】から
受付をしています。

早速ですが、質問の内容はこんな感じです。

=================

FPニュースレターの雛形を
活用させていただいており、
大変助かっています。

私は、現在保険代理店に勤務し、
フルコミの保険募集に携わっております。

マーケット開拓に苦戦しているため、
AFP資格を活かした

「マネーセミナー」

の開催を検討しています。

つきましては、集客方法について
ご教示いただければ幸いです。

ターゲット層

・0歳~5歳までの子育て中のママさん
・資産運用に関心のある30代、40代会社員

(一部省略)
=================

わかりやすい回答が欲しい?

恐らく、この質問をして頂いた方は、

「集客するにはこれをやればいいですよ!」

という”わかりやすい回答”を
期待しているかと思います。

まあ、その”わかりやすい回答”
もあることにはあるのですが、、

例えば、

「私、転職をしたいんですけど
どの仕事がいいですか?」

という質問をされたら困りますよね?

その人のこれまでのキャリアや
適正、進むべき方向性など、
色んな要素を知らないと答えられません。

集客もそれと同じで、
わかりやすい回答をするためには
もっと色んな情報が必要になります。

そこで今回は、このセミナー集客を
していくにあたって、基本的な考え方
を一緒に見ていきたいと思います。

ターゲットは結局どっち?

まず見ていきたいのは、

ターゲット層
・0歳~5歳までの子育て中のママさん
・資産運用に関心のある30代、40代会社員

という部分ですね。

単純に、どっちやねん??

ってことです。

0歳~5歳までの子育て中のママさんと、
資産運用に関心のある30代、40代会社員

というのは全く別人物です。

2つを一気に追うと、

“二兎を追うもの一兎も得ず”

という状態になるので、
まずは1つに絞りましょう。

そして、絞った後は

『具体的にどんな問題や不安を抱えている人なのか?』

ということをリサーチしていきます。

上記のプロファイリングでは
漠然とし過ぎているので、
もっと詳細な情報が必要ですね。

実際にお客さんになってくれる人は
どんな人なのかを見てみたり、
相談に来た理由を聞いてみたりして、
さらに詳しくリサーチをしましょう。

セミナーのコンセプトは?

『マネーセミナー』というのは
あまりにも漠然とし過ぎているので、
もっと明確にする必要があります。

ターゲットを絞って、さらに
詳しいリサーチを行えば、

『どんなセミナーを開催すればいいのか?』

ということがだんだんと見えてくるはずです。

リサーチによって、その人達が抱えている
悩みや問題が明確になっていくからです。

その悩みや問題を解決できるように、
セミナーのコンセプトを作っていきましょう。

そうやってできたセミナーが、
”集客できるセミナー”になります。

自分の目的ありきで考えるのではなく、
相手の感情を起点にするのがポイントですね。

自分のマーケティング資産は?

セミナーのコンセプトが固まり、
実際に集客をする段階になったら、

『自分が持っているマーケティング資産』

を棚卸ししていきます。

例えば、、、

・告知力のある友人、知り合い
・提携できる業者
・自分のこれまでの既存客
・メルマガ
・ブログ
・名刺

などですね。

これらの資産がある場合は、
それを最大限活用していきます。

質問を頂いた方は、ニュースレターを
活用されているということなので、
それを活用できるかもしれませんね。

もしこれらの資産がない場合は、
全く見知らぬ新規の人にアプローチ
することを考えていきます。

全く見知らぬ新規にアプローチするのは、
コストがかかりますし成功率は
そこまで高くありません。

なので、マーケティング資産がない
場合はそこに頼る必要がありますが、
将来的なことを考えると、

『何度でも活用できるマーケティング資産』

を作っていけるのがベストです。

新規へのアプローチ方法

では、マーケティング資産がない場合、
もしくは既存のものだけでは不十分な
場合はどうすれば良いのでしょうか?

正しいアプローチとしては、

『ターゲットにアクセスできる
媒体を全てリサーチして、効果が
高いと思われるものから試していく』

ということになります。

これが定石なのですが、
今回のケースでは恐らく

“セミナー集客専用のランディング
ページを作成して、フェイス
ブック広告でアクセスを集める”

というやり方が最も費用対効果が
高い方法になるかと思われます。

FPのセミナーというのは
一般受けするものが多く、、

フェイスブック広告はまだ安定して
反応が取れている感があるので、
候補の筆頭に上がりそうですね。

以上、セミナー集客についての
基本的な考え方をお伝えしました。

参考になれば嬉しいです!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします