個人的にお話を聞かせてくれませんか?

石塚駿平

ホームページを持っていると、
必ず来てしまうものがあります。

そう、営業電話&メールです。

電話は基本的に僕は出ないので
迷惑になることはありませんが、、、

メールはちらほらと入ってきますね。

そして、この営業メール。

比較してみると、

『できの良い営業メール』

と、

『できの悪い営業メール』

があるんですよね。。

これを見比べるのはメッセージ作り
の勉強になるので、今回は実例を
挙げながら学んでいきましょう!

最悪な営業メール

まずは、悪い例からです。

以下に実際にあった営業メールを
記載するので、どこが悪いかを
見てみてください。

==========================

ご担当者様

初めまして。
■■株式会社の田中と申します。

私たちは、Facebook広告代理店900社の中から
最優秀賞(1位)を受賞した代理店です。

この度、Facebook社と提携し、
Facebook広告のプログラムにアクセスできる
権利を特別に取得いたしました。

これにより、Facebookページの「いいね!」を
効率的に獲得できるようになりました。

必ずお役に立てると思い、ご連絡いたしました。

Facebookのいいね!を獲得することには、
見込み客を獲得できるだけでなく、
サービスに興味のあるユーザーの
マーケティングデータが得られるという
とても大きなメリットがあります。

さらには、「いいね!」をしたユーザーや、
その類似ユーザーに商品購入やサービス
利用・会員登録などの行動を起こさせる広告を
配信できるなど、様々な形で利用ができます。

実は、いいね!を効率的に獲得するなら、
今がチャンスです。

質の高いファンを安く爆発的に獲得できます。
お手伝いさせていただければ幸いです。

ご興味がございましたら、
このメールに「興味あり」とご返信いただくか、
03-0000-0000(担当:田中)までお電話ください。

先着順に対応させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

悪い点は?

どうでしょうか?

何か、感じ悪くないですかね??

これは、反応する人の数は
少ないであろう営業メールです。

なぜなら、、、

自分の自慢ばっかりしてるからです。

これは最悪です。

相手に反応をしてもらいたかったら、
自分の自慢ではなく、相手が興味を
持っていることについて話すべきです。

また、、、

>ご担当者様

これは調べろよ、って感じですね。
雑なのが目に見えてわかります。

>実は、いいね!を効率的に獲得するなら、
>今がチャンスです。

>質の高いファンを安く爆発的に獲得できます。
>お手伝いさせていただければ幸いです。

こういう文言には、裏付けがないですよね。

理由がないと怪しさしか残りません。

良い例

では、今後は良い例を見てみましょう。

これは、かなりよくできた営業メールです。

あなたも、工夫されている点は
どこかを考えながら見てみて下さい。

【石塚様:御社のご活動内容に興味があり、
ご面談の機会を頂きたくご連絡いたしました】
■■株式会社 高橋

株式会社FPライズ
代表取締役 石塚 駿平様

突然のご連絡で恐れ入ります。
私、■■株式会社の高橋と申します。
【会社HP】■■■

この度は御社のご活動内容を拝見し、
石塚様とご面談の機会を頂きたく、
ご連絡をさせて頂きました。

「独立FPの集客に特化した情報を発信」
という点に、高い独自性を感じ、
個人的にも一度 御社ご事業を
お話をお聞きしたく存じます。

【弊社紹介】
私どもは、『■■通信』や『■■通信』、
『■■通信』といった雑誌を
15年間運営している会社です。

※過去2,300以上の個人、
経営者様の記事を作成させて頂いております。

【弊社メディア一例】
・■■通信:リンク(業界唯一の経営者専門情報誌)
・■■通信:リンク(投資家向けに流通している情報誌)
・■■通信:リンク(自治体に流通している情報誌)
・■■通信:リンク(大学に唯一流通しているベンチャー情報誌)
※石塚様にもお届きになっておりますでしょうか。

また最近では、法人、個人問わず、
業界内で質の高いサービスを展開されていたり、
独自性の高い事業を行っている方々を
ご紹介する下記メディアも運営しております。

====================
★『■■』
リンク

過去に、ファイナンシャルプランナー
関連企業様にも多数ご掲載いただいており、
『新規顧客の開拓』につながった
などのお声も多数頂戴しております。

※文末に過去にご掲載いただいた企業、
個人様の事例を記載させていただいております
=====================

★もしご負担にならなければ、
弊社メディアのご紹介のほか、
ご挨拶と情報共有も兼ねまして、一度、
ご面談の機会を頂戴できませんでしょうか。

また私自身、1日 約2,3名の中小・ベンチャー企業の
経営者にお会させて頂いており、ニーズがあれば、
お引き合わせなどもさせて頂いております。

※貴重なお時間を頂戴するお話ですので、
今後 何かしら御社のお役に立ちたく存じます。

ご掲載の際は費用がかかるお話となりますので、
すぐすぐのご掲載でなくとも
今後の情報収集の一環としてでも構いません。

ちなみに来週、再来週あたりの
ご都合はいかがでしょうか?

ご負担になりませんお日にちに30分ほど、
お時間を頂戴出来れば幸いです。

■お手を煩わせませんように、
私の空き日程を記載させて頂きました。

************************************************
・■月■■日(月)11:00~19:00
・■月■■日(火)10:00~12:00、16:00~19:00
・■月■■日(水)10:00~16:00
・■月■■日(木)13:00~19:00

上記日程以降でしたら、
比較的柔軟にご対応できますので、
ご都合宜しいお時間帯がございましたら、
ご教示いただけましたら幸いです。
************************************************

【自己紹介】
私は栃木出身で大学進学を
機に東京に出てきました。

新卒で帝国データバンクに入社し、
その後転職で弊社に入社。

将来は独立を考えており、
その為に、日々経営者とお会い
して勉強させて頂いております。

ご多忙の折、ご無理を申し上げまして恐縮ですが、
どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。

素敵なご縁になれば嬉しく存じます。

■■株式会社 高橋■■

~ご参考までに~
過去掲載いただきました
『ファイナンシャルプランナー』
や『保険関連事業』の企業様です(一例)

○企業例
リンク
○企業例
リンク
○企業例
リンク

どこが良い点なのか?

どうでしょうか?

一体どこが良いのかわかりましたか??

この営業メールは、
かなり洗練されたものです。

恐らく、かなりブラッシュアップ
された結果こうなっていると思います。

実際に連絡を入れる人も結構いそうですね。

ざっと工夫している点を挙げると、
このような感じです。

・個人的な連絡に見えるようにしている
・自分のことより相手のことを優先している
・相手に対する”個人的な”興味が感じられる
・自社の実績を示し信頼性を確立させている
・メリットのある提案をしている
(経営者同士の引き合わせなど)
・相手の時間を尊重している
・行動を起こしやすくしている
・自己開示をしている

あなたは、これらの工夫が感じ取れましたか?

これは、何となく作ったメッセージではなく、

『反応を取るため』

に洗練されたメッセージです。

今回はたまたま営業メールという形ですが、
これは別のメッセージにも応用ができます。

ぜひ、こういった活きた実例を
参考にして、取り入れられる所は
取り入れてみて下さい。

そうすれば、あなたの作るメッセージが
より良いものになるはずです。

P.S.
こういった考え方について学びたければ、
『人を動かす』という本を読んで下さい。

http://www.amazon.co.jp/dp/4422100513/

マーケティングのみならず、
人生にも大いに役立つ一冊です。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします