自信を持て!あなただけの強みを見つける方法

中西雅司

6月になりました。

最近は、気温もあがり、夜は雷雨になることも多く、

夏が迫ってきた感じがしますね。

あなたは、夏は好きですか?

私は、顔の系統としては、東南アジアやインドなどの暑い地域なのですが、

それとは裏腹に、昔から、夏はあまり好きではありませんでした。

その理由は2つあります。

1つは、暑さがあまり得意ではないこと。

もう1つは、

「そんな理由??」

とよく言われるのですが、、、

夏が好きではない理由

私は日焼けしやすく、あっという間に真っ黒になるので、

それがすごく嫌だったのです。

今でこそ、ほとんど気にならなくなりましたが、

小学校や中学校の時は、日焼けが、すごくコンプレックスでした。

しかも、野球をやっていたので、あっという間に焼けてしまうのです。

なので、夏になるのが、恐怖でした。。。

今は全く気になりません

でも、今となっては、大丈夫です。

昔を振り返ると、

「なんで、そんなこと気にしていたんだろう?」

という感じです。

むしろ、、、

今は、夏に日焼けしすぎた場合は、ネタにして、プラスに変えるようにしています。

弱みというのは、多くの場合、本人が思い込んでいるだけ。

考え方次第で、

「0にもプラスにも変えることができる」

のです。

これは、FPのビジネスにおいても同様です。

自分に強みなんて何もない・・・

先日、私の所に相談に来られたFPの方も、

「自分に強みなんて何もない・・・」

と悩んでおられました。

ところが、

ヒアリングしていくと、たくさんの強みが見つかってきました。

1つ具体例を挙げると、、、

この方は、

「金融機関での、FPに関する実務経験がないこと」

を最大の弱みだと考えていらっしゃいました。

ところが、これは、視点を変えるだけで、強みに変えることができます。

それは、、、

金融機関で実務経験がないという強み

確かに、

金融機関での経験がないことは、

「実務の知識や経験がない」

という点ではマイナスです。

でも、一方で、消費者としての経験が長いことから、

「消費者の悩みがよくわかる」

というプラスがあります。

また、無意識に専門用語を使ってしまうこともないので、

「お客さまに、よりわかりやすく説明することもできる」

というプラスもありますよね。

つまり、

「金融機関で実務経験がないことは、強みでもある」

のです。

あなただけの強みは必ずある

このように、弱みというのは、

「考え方や視点を変えるだけで、簡単に強みに変えることができる」

のです。

もしあなたが、

・まだ自分の強みを見つけられていない

・FPとしての経験や実力に自信が持てない

のなら、

「視点を変えて、弱みを強みに変えることができないか?」

を是非考えてみてください。

誰一人として、全く同じ過去の経験をしている人はいませんから、あなただけの強みは、必ず見つかります。

自信を持って前に進んでいってください。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします