運用相談特需にFPができること

昆知宏

このところ知人からの資産運用相談依頼が続いています。

金融庁2,000万円年金問題は思った以上に、
多くの方へ影響を与えています。

結果的には今まで投資に興味がなかった層が
つみたてNISAを始めるきっかけになっており

金融庁としては目的はしっかり達成した・・・
ということろでしょうか。

投資を始めたばかりの方とセッションを
していつも思うのは、

投資ブログや書籍の影響を受けすぎて
いるなと思うことです。

情報を安易に得る手段としてはまあ
そうなってしまいますね。

全体的な傾向としては投資のいい面ばかりを
フォーカスしすぎており、

悪い面を過小評価しているように
感じることがとても多いです。

つまりリスクを取りすぎている方が
多いのでは?ということです。

本当に株100%でいいの?

独学で運用をしている人は経験上
株100%運用が多いように見受けます。

実際ネット証券のつみたてNISA設定
ランキングを見ればそれは顕著に分かります。

『株式は長期成長が約束されており、
ドルコスト平均法で積み立てればOK』

という着地の本やブログが多いため、
きっとそうなるのでしょう。

しかし仮に教育費を貯めたいという目的で
投資をしてそのお金を使う時期が明確に
なっている場合は、

株100%で運用をすると大きく
目的からブレてしまうことを
理解されている方は多くありません。

資産運用シミュレーションで単に
年利5%計算をした「期待リターン」ベースに考えてしまっている方が
ほとんどのように思います。

実際は標準偏差によって大きくブレて
確率的には年利5%の中心線よりも

下振れする確率が高くなることまで
理解している人はあまりいないようです。

FPはリスクを教える必要がある

この時私が思ったのは、
相談者がただ単にきれいな成長線の
期待リターンだけで考えていることが多いので
敢えてリスクの話を重点的に話すようにしています。

ただ不安で資産運用をするのではなく
明確にいつ、何に使うことが目的で
資産運用をするのかを考えてほしいからです。

そういうふう話すと、

”多くの方はリターンを過大評価し、リスクを過小評価している”

ことが分かってきます。

つまりここがFPとしてしっかり
教育をすべきところであると思うのです。

こういう人が多くなると、
リセッション局面、株価がクラッシュした際に

「金融庁に騙された!」

という言う人が後を絶たないのではないでしょうか。

事前知識が弱いまま株100%で運用を
するとこうなる確率が高く、

マイナスになったタイミングで多くの方が
離脱してしまうように感じます。

教育ツールに使えるロボアド

今回の老後資金騒動で初心者がまず
やっていたらいいのは個人的には
ロボアドだと思っています。

そのロボアドで典型的なポートフォリオを
自分のお金を少し入れてみて
値動きを実感してもらい、

更に興味をもったのであれば
手数料的に有利に動けるよう手動で

ポートフォリオを組んだり、
ETFをアレンジしたら良いと思うのです。

例えばウェルスナビで採用されている
VTIじゃ物足りなければ、

株の割合は維持したまま中身を
SPY+QQQに変えたり、
VTI+VDCにしたりと
そういった具合です。

セミナーでフックをとるために、
輝かしい未来を見せなければ
多くの人が投資に参加しないのも分かります。

でもFPができることって、

「何もしなくてもお金が増えるよ!」

ってことではなくて、

「リスクとリターンを理解して、
ライフプランのそれぞれのステージで
より効率的にお金を得られるように
しましょう!」

ということではないでしょうか。

この分野もこれからいろいろと議論されて
良い方向に向かっていきそうで楽しみですね!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします