ノウハウばかりを学んでもなかなか結果がでない理由

昆知宏

最近参加した集客のセミナーで、

「ああ、確かにそう!すごくそう!」

という内容がありました。

有名なマーケター神田昌典さんが
言っていたらしいのですが、

「ノウハウではなく、これからはツール格差だ。」

という言葉でした。

昨年秋からアウトプットをものすごく
意識しているのですが、

簡単に実行できるものはアクションに
移せるもののそうでないものも
たくさんある。

特にアクションできていない部分には
共通点がありそれがまさにツール格差に
あたる部分だったのです。

これがとても腑に落ちたのです。

例えばYouTube

まずマーケティングのトレンド動画。
プラットフォームは圧倒的にYouTubeですよね。

よーしじゃあ、やるぞー!と思い立ち

コンテンツを企画する→クリア!
動画を撮る→クリア!

とここまでのアクションは実行
できるのですが、

動画を編集する→できない!

となってしまう方が多いですよね。

動画企画のノウハウは持っていても
その先のツールを使いこなせない。

これはコンピュータの知識というか
操作レベルに由来するものです。

多くのユーチューバーは、
アドビのpremierePROというソフトを
使って編集をしているそうなのですが、

結局このツールを使えるか
使えないかでアクションの幅が
グッと変わってくることを意味します。

ちょっと学べばそんなに難しくは
ないようで要はこのステップ、

ツールを学ぶところまで来れる人は
とても強い!

こういうことのようです。

ランディングページもそう

コピーライティングを学んで、
ある程度ものにして

じゃあいざランディングページを
一から書き起こそう!

と思っても、

先ほどと同じようなフローに
なりますよね。

コピーライティングを学ぶ→クリア!
原稿を書く→クリア!
LPを作る→できない!!

とこうなってしまいます。

ワードプレスの知識があったり、
見栄えをよくするのにデザインの
知識も求められるからです。

ハッキリ言ってこれは素人には
無理なレベルだと思います。

しかし従来は無理であったものが、
最近では「ペライチ」のような
ランディングページ生成サービスが
普及してきており、

こういったツールを使いこなすかが
決定的な差を生む要素になっている
ようです。

確かにペライチであれば普通にPCが
使えれば問題なくできるので、

トライしたものがどんどん結果を
出していくというのは
間違いなさそうです。

Facebook広告もそう

素人にはネット広告と聞くと、
難解なイメージがありますよね。

私もそうでした。

ただFacebookはGoogleとは違い
そこまで複雑化しているわけでは
ないみたいです。

つまり自分で少し勉強して、
運用すればプロ並みにはいかなくても
80%くらいのパフォーマンスは
十分出せるレベルには
いけるようなのです。

つまり広告代行会社に手数料を
支払って出稿するのであれば、

自力で運用すればよりお金を
実広告費に回せるようになります。

何も知らない時はあまりにも
そのハードルは高いのですが、

1日、2日学ぶだけである程度の
知識レベルに到達できるツールものは
たくさんあるようです。

こういうのを自在に使えると、
自分が思いついた施策を

スピーディになおかつ低コストで
運用することが可能になります。

ノウハウ系セミナーに参加しても
結局最後の実行ができないのは、
ツール格差があるから。

最近たくさんのノウハウ系セミナーに
参加して最後の結論はこんな感じでした。

ノウハウを得て終わりにせずに
もう一歩努力してみることって
大事ですね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします