ほとんどのFPが知らない有望な提携先

石塚駿平

『プレゼント当選のお知らせ』

この前、個人用のメールフォルダを
チェックしていたら、こんな
件名のメールが届いていました。

「詐欺じゃないかこれ・・・」

と思いながら見てみると、
どうやら本物のようで、、、

ディズニーランドの
チケットが当たっていました!

当選したのは中野の地域情報
メールマガジンの抽選で、抽選に
つられて登録をしていたやつでした。

まさか当たるとは思って
なかったので、ラッキーですね。

ちなみに、その前にも中野の
商店街の抽選で、

ディズニー2DAYチケット
+ホテル宿泊券

が当たったこともあるので、
何だか運がいいですね。。

チケットの受け取り

さて、その当たったチケットですが、
郵送で届くのではなく、

『直接受け取りに来て下さい』

とのことだったので、
指定された場所に行くことに。

その指定された場所というのは、
トヨタの車を売っている車屋さんでした。

なんでも、抽選の景品を出す担当は
地域の企業で持ち回りをしており、
今回はその車屋さんだったようです。

個人的には車を持っていないですし、
これから買う気もないので、
申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・

(東京に住んでると車は必要ないと
感じます。実家に帰ると乗りますが。。)

まあ、とりあえずチケットを
受け取って帰ればいいや〜と
思っていたのですが・・・

店長の話が長い!

なぜかチケットを渡してくれた店長さん
と小一時間も話し込んでしまいました。

そんなつもりなかったのに・・・

僕は話を聞いていただけなので
ほとんど喋っていないのですが、
やっぱり、、、

『ちゃんと話を聞いてくれる人』

には心を開いてくれるものです。

その店長さんはちょっと強面の方で、
なぜだか忘れました色んな経験談も
話してくれました、、、

特に面白かったのは、、、

ヤバい系の事務所の人から、
車のクレームが入り、

『ぶっ殺してやるから今すぐ来い!』

と言われて、これはまずいと
一人で謝りに行き、

『ぶっ、ぶっ殺されに来ました・・・』

と事務所の恐い人たちに
囲まれながら謝っていたら、、、

『お前面白い奴だな。
今回は許してやるよ。
これからもよろしくな。』

と許してもらい、さらには

『よく見るとお前、即戦力に
なりそうな面してるじゃねぇか。

本当に車屋か?うちにこないか?』

とスカウトされたことなど
を話してくれました。

まあ、なんでこんな話になったんだろう?

と疑問に思いましたが、他にも
色々と興味深い話をしてくれました。

地域の人に認知される取り組み

特に面白いと思ったのは、
その車屋さんは

『地域の人との関係を深めたい』

という考えを持っていたということ。

今回のプレゼントの件だったり、
祭りに参加したり、地域のイベントに
車の展示ブースを出したりなど、

色々な手段で認知と関係性を強化
する為の施策を行なっていたのです。

なかなか車を売っている所は

『今すぐ車を買う人』

を相手にするだけで
こういうことをしませんから、
素晴らしい取り組みですね。

地域のイベントに車の展示ブースを
設置した時には、アンケートを実施し、
700人もの住所付き
顧客リストを獲得したそうです。

僕としては、そこまでできているなら、

『ニュースレター出せよ!
それで絶対に売上げ上がるから!』

と思いましたが、話が
長くなりそうなので辞めました。。

FPとの提携は?

もう何でも聞けそうな雰囲気だったので、
ファイナンシャルプランナーとの
提携についても質問をしてみました。

ライフプランを作る時って、
車の買い替えのタイミングとか
大体の予算感がわかりますよね。

なので、車のディーラーとの提携も
アリかな、とずっと思っていました。

その質問を店長にしてみると、

『とてもいい関係が作れると思いますよ』

と好感触でした。

なので、ここはFPが入って行く
ことのできる領域だと思います。

実際、その店長は不動産屋
とも提携をしており、

『引っ越してきたけど車の
ナンバーが変わっていない人』

を見つけたら、その車屋さんを
紹介してくれるようになっているそうです。

FPも、車の買い替えのタイミングで
車屋さんを紹介できたら強固な
関係が作れるはずです。

質のいい車屋さんを紹介できれば、
お客さんの為にもなりますからね。

関係が作れれば、その車屋さんの
既存顧客に対してセミナーの案内を
してもらい個別相談に繋げたり等、
その先の展開が見えてくると思います。

そういったことには今回の方は積極的でした。

しかも、子会社にベンツのディーラーが
いるそうなので、そういう所に入れれば
属性のいいお客さんと繋がれますね。

提携の注意点

ただ、車屋さんと提携をする場合は、
注意点が1つあります。

それは、

『店長によって方針が違う』

ということです。

今回の店長は非常にそういった
取り組みに積極的でしたが、
みんなそうとは限りません。

「とにかく、いますぐ車を
買いそうな人に営業をしろ!」

という方針の人がトップだと、
提携の望みは薄いでしょう。

そこで、僕が得た情報から
提携がしやすい車屋の見つけ方を
挙げて行きたいと思います。

提携がしやすい所の見つけ方

まず最初に挙げられるのは、

『既に一般向けの
イベントをやっていること』

ですね。

認知を増やす為の活動を
行なっている所は、

“存在を知ってもらいたい”

というニーズがあります。

セミナー開催等を通してそのニーズを
FPが満たすことができれば、
タッグを組んでやれると思います。

もう1つの見つけ方は、
提携先からたどって行く、
という方法です。

今回の車屋さんの場合は、
不動産屋さんと提携をしていました。

既に提携をしているということは、
協業に前向きの可能性が高いです。

この方法で見つける場合は、
関係業者からたどるのがいいですね。

最後に考えられるのは、

『地元密着で古い所』

を見るという方法です。

創業年数が古いと、地域のイベント等に
積極的に参加している場合が多いですし、
顧客数も多いので提携向きかと感じます。

今回僕があった所も、
地元で50年の歴史があるそうでした。

こんな感じで見つけて行けば、
FPにとって有力な提携先が
見つかるかもしれません。

ヤバい事務所の人が来たら恐いですが、
とても良い関係が作れるはずです。

可能性の1つとして
考えてみてはいかがでしょうか?

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします