FPにとってベストな提携先

石塚駿平

セミナー開催→個別相談という流れは、
FPにとって王道の集客手段の1つです。

しかし、セミナー集客を自分でやるのは
結構ハードルが高いですよね。

できないことはないですが、
マーケティングのスキルが求められます。

しかし、他の会社や団体とコラボをして、
集客をそこにやってらえれば苦労せずに済みます。

自分で集客をしなくてもいいので、
だいぶラクチンですね。

このような、『提携から集客経路を確保する』
という方法は、とても有効です。

身に付けてしまえば、
集客の悩みの大半はなくなりますからね。

そこで、今回はそういった提携先を見つける為に
必要な考え方をお伝えしたいと思います。

ベストな相手

FPがセミナー開催という接点で提携を行なう時には、
次の2点を満たしている所が最高です。

・自分の見込み客を大量に抱えている
・セミナーの会場を持っている

もちろん、この条件を満たしていないと
いけないということはありません。

しかし、こういった所と組む事ができたら、
あなたのビジネスに大きなインパクトをもたらします。

あなたの見込み客を大量に抱えている所と組めば、
その見込み客を自分のものにできます。

また、セミナー会場を持っている所と組めば会場代がかかりませんし、
セミナー開催に慣れている場合が多く、話がスムーズに進みます。

では、具体的にどんな所がこの条件に当てはまるのか?

少しだけ一例を挙げてみたいと思います。

ただし、ここで挙げるのはほんの一例なので、
それだけにとらわれないで柔軟に考えて下さいね。

結婚式場

結婚式場は、これから家を買ったり、
保険を見直す人たちを抱えています。

セミナーができるスペースもたくさんあります。

また、仏滅などの日は結婚式の数が少なくなるので、
結婚式場は何とかしたいと考えている所が多いです。

この状況を考えると、FPとして提携が
できる可能性は十分にあるでしょう。

それに、毎年毎年結婚する人は増えていきます。

なので、定期的に同じ内容のセミナーを開催して、
お客さんを確保することもできるはずです。

それに、結婚して新しい生活を送るにあたって、
“FPがパートナーとして共に歩んでいく”という
形ができれば素晴らしいですよね。

不動産投資会社

不動産投資会社も候補に挙がってきます。

収益性のある不動産を持っている人に対して、
FPができることはたくさんありますよね。

そういったお客さんを抱えているのが
不動産投資会社です。

それに、セミナーを頻繁に開催しているので
セミナー慣れもしています。

こことの組み方は2つあって、

・新規客の集客用に使ってもらう事
・既存客のフォロー用に使ってもらう事

です。どちらかというと後者がお勧めです。

『既存のお客をフォローしたいけど、
なかなかできていない』

という問題意識を持った所は、好感が持てますし
提携先としてもふさわしいと思います。

全てが全てそんな業者ではありませんが、
フォローのことも考えている業者は有望です。

葬儀社

葬儀社も有望な提携先候補に挙がります。

葬儀社のお客さんは、相続の問題を抱えています。

また、セミナーを行う為のスペースも持っているでしょう。

こことの関わり方はここも2つあります。

1つは、それから葬儀が発生する可能性があるご家庭へ向けて、
葬儀社の知名度を高める為に使ってもらうことです。

葬儀社の場合は知名度がとても大事なので、
知名度を上げる為には色々と協力してくれる場合が多いです。

なので、相続に関するセミナー開催などを
好意的に受け止めてくれる業者も多いようです。

(ここらへんは、要リサーチですが・・・)

もう1つの関わり方は、葬儀が終わった方向けの
フォローとして使ってもらうことです。

この可能性も検討したい所ですね。

先方が問題意識を持っていれば、
可能性がない訳でもないと思います。

・・・

いかがでしょうか?

もちろん、提携先の状況や考え方、
担当する人によって受け止められ方は違います。

しかし、可能性としては十分にあるはずです。

特にお客さん志向で、”新しいものを取り入れよう”
という考えを持っている所は親和性が高いでしょう。

集客のヒントにしてみて下さい。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします