宝の持ち腐れ。あなたもなってませんか?

石塚駿平

マーケティングを行なう上で、
“顧客情報”は重要な役割を果たします。

例えば・・・

・名前を住所だけの顧客リスト

と、

・幼稚園に通っている
子どもがいて、賃貸物件に
住んでいる人の顧客リスト

があったとしましょう。

この場合、より価値のある
顧客リストはどちらでしょうか?

もちろん、後者ですよね。

特に、住宅購入に関わっている
人からしたら、後者の顧客リストは
喉から手が出るほど欲しいでしょう。

顧客情報が多ければ多いほど、
その人に合わせたアプローチが
可能になり、、、

成約率も、収益性も高くなります。

FPの優位性

そして、幸運なことにFPは
顧客情報を入手しやすい
立場に立っています。

家族構成や年収に加えて、
どんな人生プランを持って
いるかもわかりますからね。

これは、他の業界から見たら
羨ましがられることだと思います。

そこで質問なのですが、あなたは
お客さんの情報を活かした
マーケティングを行なっていますか?

・・・どうでしょうか?

もしこの質問に対する答えが
“No”ならば、、、

それは大きなチャンスです!

なぜなら、手持ちの情報を活用して
より多くのチャンスを得る
ことができるからです。

”使える”情報

FPが持っている情報のうち、
もっとも収集が簡単で、
かつ使いやすい情報があります。

それは、お客さんの
『誕生日』に関する情報です。

誕生日というのは、
誰にとっても特別な日です。

『誕生日おめでとう!』

と言われて嬉しくない人なんて
まずいませんからね。。

なので、誕生日を活用した
キャンペーンは成功する
可能性が高いです。

ただ、もちろん単純に

“誕生日おめでとうキャンペーン”

みたいなものを行なうのも成果が
出ますが、もっとオススメな方法があります。

ねんきん定期便を活用する

それは、ねんきん定期便を絡めて
キャンペーンを行なう方法です。

FPならではの戦略ですね。

ねんきん定期便は、基本的に
誕生月に届くようになっています。

※1日生まれの方は前月の
いずれかの日に届くそうです

ということは、例えば

『今月は○○さんの誕生日ですね。
おめでとうございます!

誕生月にはねんきん定期便が
届くのですが、もしかしたら

“どうやってみたら
いいのかわからない”

と感じるかもしれません。

(実際に、私もこのような
相談はよくお受けしています)

なので、もしねんきん
定期便が届いた時に、

“見方を教えて欲しい”

ということがありましたら、
お気軽にご連絡下さいね。

今月は○○さんの誕生月ということで、
特別に(割引や特典のオファーを入れる)
で相談を受けさせて頂きます。』

というメッセージを伝えれば、

誕生日を祝う事でお客さんとの
絆を深めつつ・・・

全くいやらしくない形で顧客の
掘り起こしをすることができます。

実際、ねんきん定期便というのは
僕もそうですが素人目で見ると
ほとんど意味がわかりません。

誰か教えてくれる人が
いるととても心強いものです。

なので、この方法を使えば
こちらから売り込むというより、

“お客さんから感謝
されながら相談を受ける”

という形が実現できます。

メッセージの伝え方

このメッセージの伝え方としては、
一番スタンダードなのは郵送で
DMを送る方法ですね。

この方法は、既にお誕生日カードを
送っている人であれば追加コストが
かからずに試すことができます。

ニュースレターを送付している人も
同様に、追加コストがかかりません。

誕生月にあたる人をピックアップして
その人たちだけお祝いと案内を
同封すればそれでOKです。

(ニュースレター作成代行サービスを
使っている人はぜひ試してみて下さい)

顧客情報というのは、
収益を生み出す源泉でもあります。

既存顧客の顧客情報を活用した
マーケティングというのは、
成功する確率が非常に高いです。

あなたのお客さんとそのお客さんの情報は、
あなたにとって貴重な財産です。

宝の持ち腐れにならないように
ぜひ活用してみて下さい。

きっと、その成果に満足できるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします