保険会社の呪縛

石塚駿平

「本当にお客さんはお金を
払ってくれるんだろうか・・・」

こう不安に思って、お客さんから
相談料やコンサルフィーをもらう
躊躇してしまう人、多いですよね。

コンサルタントやコーチ、
カウンセラー等の人もこのような
問題を抱えている人は多いですが・・・

FP業界の場合はこの傾向が
さらに顕著だと思います。

ものを仕入れてそれに値段を付けたり、
会社で決まっている料金があれば
全然抵抗はないと思います。

でも、

「自分で自分の提供する
サービスに値段を付ける」

ということになると、、、

話は別なんですよね。。

「本当にお金払ってくれるのかな・・・」

「自分にそれだけ価値があるんだろうか・・・」

「嫌な顔されたらどうしよう・・・」

という考えがグルングルンと
頭の中を駆け巡っていき、
結局安い値段付けになってしまう
というパターンは多いんです。

僕もこれで悩んだことがあるので、
気持ちはとてもわかります。

保険会社の呪縛

この悩みはFP全般に言える
ことだと思いますが、、、

特に、”保険会社出身のFP”が
より強いレベルでこの悩みを
抱えている気がします。

FPライズ主催のセミナーや
講座で講師を務めてくれている
FPフレンズの宮田さんは、
この悩みのことを

『保険会社の呪縛』

と表現しています。

保険会社時代はお客さんから
お金をもらうことなんて全くないので、、

「お客さんからお金を
受け取るなんて考えられない!」

となってしまうんですね。

FP自身の心の問題

でも・・・

僕が今までFPの方々を
見てきた経験からすると、、

FPが自分のサービスに高い
値段を設定できないというのは、

『お客さんが高いお金を払わないから』

ではなくて、

『FP自身の心の問題』

であることがほとんどです。

しっかりと価値あるサービスを
提供して、その価値をお客さんに
伝えることができれば、、、

お客さんはお金を払ってくれます。

この事実から目をそむける為には、

「うちの地域の人はお金を払ってくれない」

「相談にお金を払う習慣がない」

という言い訳を使うと楽ですが、
それではFPとしての道は開けないですよね。

実際は、無料よりも有料相談の
方が信頼感があるという人もいますし、、、

数十万円のコンサルフィーを
喜んで払う人もいっぱいいます。

なので、基本的にはFPの心の
中の問題ということになりますね。

この問題を解決する方法は
色々ありますが、その中でも
有効な方法を1つ伝えますね。

周りの人の影響

それは、周りの人を変えることです。

「保険会社の呪縛」

ということをお話しましたが、
人間は周りの人からの影響をもろに受けます。

周りの人がお客さんからお金を
取らない人しかいなかったら、
それが自然になります。

逆に、お客さんからしっかりと
お金を頂くというスタイルの人しか
周りにいなければ、それが自然になります。

なので、周りの環境を変えることは

「本当にお客さんはお金を
払ってくれるんだろうか・・・」

という不安を払拭する上では非常に有効な方法です。

周りにそういったFPがたくさん
いればいいのですが、なかなか
そういう人は多くないので、
他業種の人から影響を受けるのがいいですね。

高単価でビジネスができている
経営者との繋がりを増やすのは有効です。

・月30万円のコンサルフィーを
受け取っているコンサルタント

・1時間の相談で3万円をチャージするコーチ

・業界平均の3倍でホームページを受注している業者

など、こういった経営者の輪に入ると、
徐々に自分の意識は変わっていきます。

“普通の”FPの輪に囲まれて過ごしていたら、
そのレベルからは抜け出せませんよ!

勇気を出して、自分に良い影響を
与えてくれる場に飛び込みましょう。

P.S.
来週からプレセミナーがスタートする
住宅FPマスター講座では、お客さんから
直接数十万円のコンサルフィーを頂く
ことができる価値の伝え方もお伝えします。

プレセミナーに参加される方は、
お会いできるのを楽しみにしていますので
どうぞよろしくお願いします!

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします