コロナウイルスで潰れるビジネスの共通点

石塚駿平

コロナウイルスは依然、ニュースを騒がせていますね。

今週、ティッシュを買おうとしたら
売り切れになっていて驚きました。

どうやらデマが原因で買い占めが行われている
ようですが、普通の人のパニック具合が伺えます。

また、ビジネスにも大きな影響が出ていて、
旅館やイベント会社は倒産する所も出ているみたいですね・・・

経済産業省は資金繰りの支援措置として
融資枠を設けるとのことですが、、、

できることなら、そういったものに頼らずに
安定した経営ができるといいと思いませんか?

今回の件は、

『どうやったら予測できない外的要因に
左右されない経営をすることができるのか?』

ということを考える良いきっかけだと思います。

もし、あなたがコロナウイルスによって
危機感を感じたのなら・・・

一緒にどうすればよいのかを考えていきましょう。

潰れるビジネスの共通点

まず、今回どのような業種がピンチになったのか?

ということを考えていきましょう。

僕は、コロナウイルスによって経営が
悪化したビジネスには共通点があると思っています。

それは、

『不安定な1つの収入源に頼っているビジネス』

だということです。

例えば、イベント会社。

1つのイベントやコンサートに売上を頼っていて、
それが吹き飛べば一気に経営が悪化する。

こういった所は、モロにダメージを受けますよね。

観光客に頼るビジネス

また、観光客向けの旅館やお土産屋さんなども、
大きなダメージを受けています。

こういったビジネスは、観光客という1つの収益源に頼っていますよね。

観光客というのはほとんど一見さんです。

なので、顧客との信頼関係ができている訳ではなく、
きわめて希薄な関係になっています。

こういったビジネスは、今回のような
外的要因によってすぐに売上は急落してしまいます。

他にも、こんなビジネスは危ない

他にも、どんなビジネスが影響を受ける
可能性があるかを考えてみましょう。

まずは、1つの商品に頼っているビジネス。

これは、その商品の供給がストップしたり、
風評被害で一気に売上が下がる可能性があります。

また、1つの取引先に頼っているビジネスも危ないです。

例えば、その取引先がコロナウイルスの影響で
倒産した場合、その煽りをもろに受けることになります。

連鎖倒産という流れもありえますよね。

1つの収入源に頼っている場合も危険です。

法人保険に頼っていたら、いきなり販売がストップした、
というのは実際にありましたよね。

また、セミナー講師一本でやっていた場合、
今回のコロナウイルス騒動で危ない状況になった人もいるかと思います。

このように、

『不安定な1つの収入源に頼っているビジネス』

というのは、非常にもろい構造になっています。

砂でできた柱の上に立っているようなイメージです。

では、FPがこういった事態に陥らない為には何を意識すればいいのか?

ということですが・・・

これには、明確な答えがあります。

明確な答えとは?

それは、

『顧客との信頼関係を深めることに投資する』

ということです。

なぜかというと、

『顧客との信頼関係』

というのは、ビジネスにおいて最も大事な資産だからです。

「この人にならついていく!」

と思ってくれている顧客がたくさんいれば、
そこからお金を生み出すことができます。

信頼関係ができていれば、自分の提案に耳を傾けて聞いてくれるからです。

それに、信頼関係のできている顧客はいきなりいなくなることはありません。

全員が突然死んでしまうということはないですからね。

一体、何をすればいいの?

なので、もし今回のコロナウイルスの件で危機感を感じたのなら・・・

『顧客との信頼関係』

を構築することに注力しましょう。

じゃあ実際に、どうすればいいのか?

ということですが、答えは簡単です。

接触頻度を増やすことです。

1対1の対面でも、セミナーでも、メルマガでも、ニュースレターでも、メルマガでも方法は何でも構いません。

やり方によって濃さは変わってきますが、
役に立つ情報を提供したり、自分のプライベートなことを
話すような機会を増やしていきましょう。

そうすれば、顧客との信頼関係は深まっていきます。

これをきっかけに考えてみましょう

そして、信頼関係を築けている顧客が増えれば増えるほど、ビジネスは安定します。

その状態が実現できれば、例え収入源が
途絶えたとしても再起の方法を探ることができます。

コロナウイルスで倒産してしまった会社のように、

「為す術なくやられてしまう」

という事態にはならないはずです。

こういったことが起こった時は、自分のビジネスが危なくないかどうか点検するチャンスですよ。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。2019年はカナダを生活の拠点にしながら活動中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします