お金を使わないと貧乏になる理由

石塚駿平

FPとして独立したけど、
いつまでたっても

『そこそこ』

の結果しか出ない人。

そういう人がいる一方で、
独立をしてすぐに軌道に乗り
飛躍的な成長を続ける人。

僕は色々なタイプのFPを
見てきましたが、、、

前者のような人もいれば、
後者のような人もいます。

あなたは、
どちらになりたいですか?

・・・答えは、聞くまでもありませんね。

後者の方が良いに決まっています。

違いを生み出すもの

では、この2つの違いを
生み出すのは何なのでしょうか?

一体何が、低い位置にとどまって
しまう原因を作り出し、、、

一体何が、右肩上がりの成長カーブを
生み出す原動力になるのでしょうか?

その答えの1つは、

『正しいお金の循環が作れるかどうか』

だと思います。

言い換えると、

『事業を軌道に乗せる為に正しく
お金を使うことができているか?』

ということですね。

これは、最も大きな要因と
言っても過言ではありません。

何にお金を使うのか

右肩上がりのカーブを描いて成長を
続けていているFPの話を聞くと、
ほぼ必ずと言っていいほど

『ビジネスの為の投資』

を行なっています。

それも、2、3万円ではなく、
30万とか50万とか、そういった金額を
自分の成長の為に使っています。

大きなイベントに出展する為の
費用を払ったり・・・

ノウハウを得る為に高額の
セミナーに参加したり・・・

お客さんを生み出す仕組み
(ホームページ等)を作ったり・・・

などなど、成功をしている人は
決まって自分のビジネスに投資をしています。

そうすると、全てが成功する訳では
ありませんが、その中の一部は
大きなプラスになります。

そうしてできたお金をさらに
自分のビジネスに投資することで、
さらなる成長を続けているのです。

成長しない人

一方で、なかなかビジネスが
軌道に乗らない人は、
こういった行動をとりません。

『お金がないから』

といって、なるべくお金を
使わないようにしています。

お金を使うとしても、
せいぜい2〜3万円くらい。

10万円とか20万円という
金額を出そうとはせず、

『なるべくお金をかけない
ようにしたいんです。。』

と言う人が多いです。

その結果、新しいノウハウを得たり、
集客の仕組みが作れずに、
その場で停滞してしまうのです。

お金を正しく使えないと、
成長のスピードは格段に遅くなります。

お金の出て行く流れを作る

『流れる水は腐らず』

という言葉がありますが、
これはビジネスでも当てはまります。

入ってくる水(お金)の出所を作らず
いつまでも自分の池に留めようとするなら、
すぐに水は腐ってしまいます。

一方で、入ってくる水(お金)の
出所(投資)を上手く作っていくことで、
自分の池をキレイに保つことができます。

そうしていくうちに、
池の大きさはどんどん大きくなり、
それが収入となって現れてきます。

ちなみにですが、入ってきた水
(お金)をすぐに自分の懐に
入れてしまうのはダメですよ。

まずは、正しい流れを
作ることに注力をすべきです。

正しい流れとは何かというと、

『プラスになって返ってくる投資をする』

ということです。

10万円出したら、
50万円になって返ってくるもの。

あるいは、ビジネスに継続的な
売上げをもたらしてくれるものに
投資をしていきます。

この見極めをちゃんとして、
“正しい”投資を行なっていくのです。

成功者の条件

そうすれば、成長の矢印が
常に右上を向くようになります。

これは、FPのみならず
ビジネスで成功している人
全員に共通して言えることですね。

僕の会社も、やっと毎月50〜100万円
はお金が出て行くようになりました。

そして、この流れはプラスに
なって返ってきているので、
もっと増やしていきたいですね。

僕の周りを見渡してみると、
成功している人はみんなそういう
お金の使い方をしています。

自己投資に1,000万円以上
使っている人も珍しくありません。

これは、ビジネスで成功する為の
必須条件と言ってもいいかもしれませんね。

お金を”正しい”投資先に使っている
人は早いスピードで成長をしています。

逆説的ですが、

“お金を使わないと貧乏のまま”

ということですね。

あなたは、”正しい”お金の
流れが作れていますか?

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします