FPビジネスの収益性を上げる方法

石塚駿平

今回は、FPビジネスの収益性を劇的に

変化させる方法についてお話しします。

 

その方法とは、

『継続課金を導入する』

というものです。

 

継続課金とは?

 

継続課金とはどんなものかというと、

契約をするとお金が継続的に

入ってくる料金システムのことです。

 

インターネットや携帯電話を利用したり、

新聞を購読するには毎月料金を

払う必要がありますよね?

 

それが継続課金です。

 

この継続課金を、FPビジネスの

中に組み込むのです。

 

実際に、FPでも顧問契約を

している所があると思いますが、

最も多いのは年間3万円ですね。

 

そうではなくて、もっとしっかりと

継続課金を組み込むのです。

 

一部のビジネスしかできない?

 

そう聞くと、

 

「でもそれって、一部のビジネス

じゃないとできないんじゃないの?」

「 FPだったら、やっぱり年で3万円くらいが

限界だと思うんだけど?」

 

と言われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

実際に、「継続課金なんてできないだろう」

と思われていた業界が継続課金を

導入する例はたくさんあります。

 

例えば、野菜の販売。

 

オイシックスという会社は、

野菜を月4,000円前後で毎月届ける

という継続課金のシステムで成功しています。

 

・・・ “野菜”で、ですよ。

 

普通、野菜っていったら八百屋や

スーパーで買うものですよね。

 

継続課金が導入できるなんて

誰も思っていなかったはずです。

 

他にも、例はたくさんあります。

 

整体とかもそうですね。

 

普通は1回5,000円という形ですが、

そうではなくて、”月額○千円”

という形で大成功している所があります。

 

なかなか珍しいので知る機会は少ないですが、

この業界に継続課金を導入した方で、

年収1億を稼ぐようになった人を僕は知っています。

 

また、健康食品もそうですね。

 

最初は1袋○○円という形が普通でしたが、

今では月々の継続購入が当たり前に

なってきています。

 

たしか、やずやが健康食品の

継続課金モデルで大成功してから

今のような形になっていると思います。

 

他には、コンタクトレンズもありますね。

 

メニコンのメルスプランは、コンタクトを

定額でお届けするというサービスを展開しています。

(榮倉奈々がCMやってるやつです)

 

どのビジネスでも応用できる

 

つまり、この”継続課金”という

料金システムは、やろうと思えば

どのビジネスでも使うことができるのです。

 

そして、これが重要なのですが、

こういった”他の人がやっていないこと”

を業界に持ち込むと、大成功をする可能性があります。

 

上の例で挙げた継続課金のシステムは、

最初に始めた所が大成功をしている例です。

 

FPのビジネスでも、この発想を取り入れることは

収益に大きな影響をもたらします。

 

継続課金のメリット

 

継続課金にはどんなメリットが

あるのかというと、

 

『生涯顧客価値(LTV)の増大』

 

です。これが本当に大きな影響を与えます。

 

例を挙げて説明しますね。

 

例えば、今で1回の相談で1万円の

相談料という料金システムを

取っていたとしましょう。

 

そして、1人あたり平均で

2回相談してくれるとします。

 

そうすると、1人あたりの

顧客単価は2万円になりますね。

 

※わかりやすくする為に、

コミッションの収入は抜いて考えます。

 

一方、継続課金を導入して、

月々5,000円でサービスが受けられる

という料金システムにしたとします。

 

このような形になると、それまでは

 

『相談したいと思ったときだけ料金を払う』

 

というものだったのが、

 

『何もしなくても料金がかかる』

 

という形になります。

 

そうなると、料金を支払って

くれるスパンは確実に長くなります。

 

仮に、平均して1年間継続を

してくれるとしましょう。

 

そうすると、1人あたりの顧客単価は

(コミッション抜きで)6万円になります。

 

つまり、1人あたりの顧客単価が

格段に増えるのです。

 

さらに、継続課金を導入すると

お客さんとの接触機会が増えるので、その分

コミッション収入が増える効果も期待できます。

 

このような状態が実現できると、

ビジネス上とても大きな変化が起きます。

 

使える広告費が増える

 

そう、お客さん1人を獲得する為に

かけられるお金が大きくなるのです。

 

例えば、1人あたりの顧客単価が

2万円の場合は・・・

 

集客をするのに1人1万円かかってたとすると、

残る利益は1万円です。

 

しかし、1人あたりの顧客単価が

6万円ならば・・・

 

集客をするのに1人5万円かけても

同じく1万円の利益が残ります。

 

こうなると、積極的に広告活動を

行うことができるので、、、

 

集客の選択肢が増え、

ビジネスをより早いスピードで

成長させることができます。

 

顧客数が増えれば集客の必要性がなくなる

 

また、継続課金を導入すると、

顧客数が一定以上になると集客を

しなくてもいい状態になります。

 

お客さんが逃げていかないので、

既存客だけで回していけるようになるからです。

 

これも、継続課金ならではのメリットですね。

 

「お客さんが来なかったらどうしよう」

 

という不安がなくなります。

 

あなたもわかると思いますが、

ビジネスをやる上ではこの部分は

とても大きいですよね。。

 

継続課金を導入できないか?

 

是非あなたも、

 

『継続課金を導入できないか?』

 

を考えてみて下さい。

 

何かしら方法があるはずです。

 

実際に個人相手に月5,000円以上の

顧問料を取っているFPを僕は知っています。

 

最高だと、個人相手で月7万円という方もいました。

(もちろん、対象顧客は限定されますが・・・)

 

また、マーケットを変えて法人をターゲットにし、

月数万円レベルでなく、さらに高い金額で継続課金を

成功させているFPの方も知っています。

 

『そんなの自分には無理だよ〜』

 

と思わずに、自分のビジネスに継続課金を

取り入れられないか考えて見て下さい。

 

超えるべき壁は高いかもしれませんが、

ビジネスの収益性は格段に変わるはずです。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします