“もう知ってる病”にかかってませんか?

石塚駿平

「いやー、高い金払ったけど全部知ってたよ」

 

ある人は、セミナーを受けた時に、

こんなことを言いました。

 

つまり・・・

 

“セミナーの内容は自分の知っているもので、

新しい知識は何もなかった。

だから、価値を感じなかった”

 

ということです。

 

こういう人に、

 

「じゃあ、今どういった形で

その内容を実行されてるんですか?」

 

と聞くと、

 

「いやー、それは、、、」

 

と、話をそらされてしまいます。

 

つまり、”知っているけど、実行していない”

 

という場合がほとんどなのです。

 

 

ノウハウコレクターの罠

 

 

結局、知識はあるけれども実行に移していない。

だから、結果が出ない。

 

でも、知識は身につけ続ける。

 

そして、ただただ「それ知ってる」

という範囲を広げていくだけ。。

 

知識が身に付いてるけれど、

実際は前に進んでいない。

 

これは、典型的なノウハウコレクターの状態です。

 

実務知識やマーケティングに関する

勉強をしていると、この罠にはまりやすいです。

 

正直なことを言うと、

僕もこの状態になることがあります。

 

セミナーに行って、

講師のスライドを見たときに、、、

 

「あ、次はこのこと話すんだな・・・」

 

とわかってしまうことがあるのですが、

そしたらもう頭は完全にシャットアウト。

 

講師が話している内容は全然頭に入ってきません。

 

本でも同じなのですが、

自分の知っていることが書かれていると、

どうしても興味が失せてしまいます。。

 

 

「知っている」と「やっている」は別問題

 

 

これは、自分でもとーーーっても

マズい状態だと思います。

 

なぜなら、ビジネスの世界では、「知っている」

ということは何の役にも立たないからです。

 

いくら新規のお客さんの獲得方法を知っていたって・・・

いくらお客さんから紹介をもらう方法を知っていたって・・・

いくら顧客単価を上げる方法を知っていたって・・・

 

実行しなければ意味がありません。

 

なんも結果はでないのです。

 

たぶん、「知っているかどうか」だけで大丈夫だったら、

事業に成功する人は今の何百倍にも増えるはずです。

 

それに、実行をしなければ成長もしません。

 

例えば、広告を作るにしても、

 

「知ってます。知ってます。

知識はあるから大丈夫ですよ」

 

と言っている人がアウトプットするものを見ると、

てんでダメなものが出てくることはよくあります。

 

知識があっても実行が伴わないと、

実力がつきません。

 

僕も本やセミナーで広告の作り方を勉強をした後に、

いざその内容を実行をしようとしても、最初のうちは

 

「どうすればいいんだっけ?」

「やっぱり頭でわかってるのとやるのは別だな・・・」

 

と思ったものです。

 

そんな状態から下手でも何とか広告を作ってみて、

何回も失敗を重ねながら上手くなってきた、って感じです。

 

 

実行する人のほうがはるかに強い

 

 

実行して得られる経験値と、勉強から得られる

経験値の間には雲泥の差があります。

 

だから、僕は成果を出すという目的で

クライアントをサポートする場合・・

 

「勉強をしてて知識があるけど実行していない人」

 

よりも、、、

 

「知識はなくても実行をすぐしてくれる人」

 

の方を選びたいと思っています。

 

そっちの方が成果が出るのが早いからです。

 

 

“もう知っている病”に気をつけろ!

 

 

もしあなたが、セミナーに出た時や本だったり

教材を見た時に、「これ知ってるな」と思うことが

多くなったら注意して下さい。

 

そう思った時点で何も行動しなくなるはずです。

 

これは、「もう知ってる病」とでも

名付けたいと思います。

 

この病気にかかってしまうと、

何にも成果が出ないままムダに時間が過ぎてしまいます。

 

ちなみに、確かなデータはないですが、

「自分の知らない情報」と「自分の知っている情報」

というのは、聞いたり見た時に使われる脳の部位が違うはずです。

 

「自分の知らない情報」は重要な情報だと判断されますが、

「自分の知っている情報」はどうでも良いと判断され、

あまり関心が持てなくなるように人間の脳がなっているかと思います。

 

でも、、、

 

繰り替えしになりますが、

重要なのは「知っているかどうか」じゃありません。

 

「やっているかどうか」です。

 

だから、あなたが何かセミナーに出るとき、

本や教材で学ぶときは・・・

 

「知っているか」という基準ではなくて、

「やっているかどうか」という基準で

情報を判断してはどうでしょうか?

 

そっちの方が、成果に直結すると思いませんか?

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします