実務経験ゼロから独立する方法

中西雅司

今日は先日あるFPからいただいた
この質問に回答したいと思います。

昔の私も同じ悩みを持っていました。

==

(質問内容)

FPとしての実務経験・相談経験が
全くないのですが、FPとして
独立してうまくいきますか?

==

FPの資格は持っているものの、
実務経験はない。

でも、FPの仕事はとても魅力的
だからやってみたい。

とはいえ、稼げるイメージは全くない。

こういう考えの方は多いのでは
ないでしょうか?

私も実務経験がなかったので、
最初は同じように考えていました。

そして、実務経験を積むのに
どうすればよいのか悩んでいました。

お客様で練習するわけにもいかないし・・・

今日は、そんなあなたに
お役に立つ内容になっています。

結論だけまずお伝えすると、、、

「実務経験がなくても、独立FP
としてやっていける」

ということです。

では、どうすればよいのか?

その方法と考え方を、この後
解説していきますね。

実務経験がないFPの思考パターン

過去の私がまさにそうだったの
ですが、実務経験がないと、

「まずは、FPの資格の知識を
しっかりと復習しよう」

「実務の知識が足りないので、
セミナーなどで学ぼう」

という思考になりがちです。

でも、この行動をしたことを
ある方ならわかると思いますが、
大きな問題にぶち当たります。

それは、、、

FPの知識は範囲が広すぎるため、

「どの部分を深く学べばいいのか」

「どこまで深く学べばいいのか」

がわからなくなるのです。

そのため、いつまで勉強したら良いか
わからなくなってしまいます。

「いつになったら、自信を持って、
お客様対応ができるようになるのか」

というのが全く見えない状態に
なります。

そのため、すでに独立している人
にとっては、毎日が不安です。

当然のことながら、この思考や
行動パターンになってしまうと、

成功までに途方もない時間が
かかってしまいます。

では、どうすればよいのでしょうか?

実務経験ゼロから独立する方法

実務経験がゼロのFPがまず考える
べきことは、これです。

この思考ができると、あっという間に
成功のイメージが近づいてきます。

それは何かというと、、、

「他の専門家の頭を使う」

という発想です。

世の中には、各分野の専門家が
たくさんいます。

その頭脳には、多くの知識が
詰め込まれています。

そのため、FPがすべての知識を
自分の頭に入れる必要はありません。

色んな専門家の頭脳を使わせて
もらえば、いいのです。

そうすれば、各専門分野の深い
知識を自分で学ぶ必要がなくなります。

では、あなたは何を学べばいいかと
いうと、、、

大きく2つあります。

広く浅い知識

1つ目は、

「お金に関する広く・浅い知識」

です。

深い知識は各専門家の頭脳に
任せます。

あなたは、お金に関する広く・
浅い知識を活用して、

「お客様が、どの専門家にいつ相談すればよいか」

を教える立場になればよいのです。

コーディネートする立場ですね。

あらゆる職業の中で、この仕事が
できるのは、FPだけです。

なぜなら、

「お金に関する幅広い知識を持っていて」

かつ

「キャッシュフロー表という人生を
広く見渡せるツールを作成できるので、
お客様の現状分析ができる」

からです。

FPの最大の強みはこれですね。

つまり、実務経験がないFPが
学ぶべきことの2つ目は、

「キャッシュフロー表を作る技術」

です。

ヒアリング力も大切

もちろん、作業として、作れるよう
になるだけではダメです。

お客様へのヒアリングもしっかりと
できるようにならないと、

良いキャッシュフロー表が作れません。

でも、逆に、これさえできれば、、、

あとは色んな専門家の脳を使って
お客様の悩みや課題を
解決していけばいいだけです。

もし、保険の問題を解決したいなら、

保険の販売をしているFPや
保険の営業マン、保険ショップ
などと連携すればよいです。

もし、不動産の問題を解決したいのなら、
不動産業者や不動産コンサルなどと
連携をすればいい。

税金の問題を解決したいなら、税理士。

相続の問題を解決したいなら、
税理士や弁護士、司法書士や保険、
不動産業者などなど、と連携をしていきます。

相続は特に連携する業種が多岐に
わたりますね。

AIにも負けない

上記のように、実務経験のないFPが
資格を活用して仕事をするなら、

コーディネーターとして活躍する
姿が一番理想的だと思います。

もちろん、実務経験をどんどん積む
中で、各専門分野に関する知識も
ついていくでしょうから、

コーディネーターの役割だけでは
なく、各専門家の役割を兼ねて
できるようになっても構いません。

それはあなた次第です。

しかし、このコーディネーターの
役割さえ、しっかりとできれば、

お客様に大きな価値を
提供できるようになります。

そして、お客様からフィーを
いただくことも可能になります。

少し話は逸れますが、今後
やってくるAIにも飲み込まれ
にくい仕事になるでしょう。

実務経験がなくてもできる!

もし、あなたがFPとしての
実務経験が全くなくて、

でも、

「独立系FPとして活動していきたい」

と考えているのなら、

まずは、上記のような考え方を
してみましょう。

そして、あなたが本当に今やるべきことは
何かを明確にして、手順を整理して
みてはいかがでしょうか。

安心してください。

実務経験がなくても、FPとして
仕事をし、稼ぐことはできます。

そのために、、、

ゴールをしっかりと定めて、
それに向かって正しく行動を
してください。

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします