定額制FPが秘める可能性

石塚駿平

知り合いが日曜朝のTBSの
テレビ番組

『がっちりマンデー!』

に出演していたので見てみました。

赤坂で会員制のレストランを
経営している人です。

メニューはコース料理だけで2万円。

シェフはアメリカの3つ星レストランで修行。

場所は知ってないとまず
わからない細い路地裏にあります。

これだけでも何だかすごそうな
感じがしますが、、、

このレストランには、他の
レストランとは一線を画する
あるユニークな料金体系があります。

それが、テレビに取材をされた
要因でもあるのですが。。

そのユニークな料金体系とは一体何でしょうか?

隠れ家レストランの秘密

それは、

『年会費が年12万円かかる』

ということです。

飲食店では、基本的に都度払いが
基本なので年会費なんてかからないですよね。

しかし、ここは年会費を取りながら
ビジネスとして成功しているので
テレビの取材が入ったそうです。

ちなみに、僕は周りに会員権を
持っている人やオーナーがいるので
年会費を払わなくてもなんとか行けそうです。。

定額制を取り入れたビジネスは
そうでないビジネスと比べて
成功する確率は高いです。

売上が安定するからです。

このビジネスがどうなるのか、
個人的には非常に興味がありますね。

元が取れる定額制カフェ

また、同じ番組の中で目を
引き付けられる業態がありました。

それは、

『定額制のコーヒー飲み放題サービス』

です。

コーヒマフィアというカフェなのですが、
実は僕の家から徒歩3分くらいの所に
新しくできたカフェです。

ここのシステムとしては、

『月3,000円でコーヒー飲み放題』

という形になっています。

会員になると何回でもその
カフェでできたてのコーヒーが
受け取れるという仕組みです。

1日に何回でもOKみたいですね。

カフェのすぐそばには大規模な
オフィスビルがあり、利用者も多そうです。

番組の中では、定額制を利用している
人の月の平均来店回数は

『22回』

とのことでした。

コーヒーが通常1杯300円の設定なので、
22回だと6,600円分です。

利用者の立場だと元が取れて
嬉しいかもしれませんが、、、

カフェ側としてはどうでしょうか?

会費以上の価値を提供しているので、
あまり良くないビジネスに見えますね。

実は、おいしい

しかし、実はそんなことはありません。

例え定額以上のコーヒーをお客さんが
飲んでも、がっちり儲かる仕組みがあるのです。

それは何か、あなたはわかりますか?

・・・

どうでしょうか?

その答えは、

『コーヒーを受け取ったお客さんが
サイドメニューを頼んでくれる』

というものです。

コーヒーだけだと利益は出ないが、
サイドメニューを注文してくれれば
その分利益が上がる。

そして、何よりも大きなポイントなのは、

『来店頻度が高くなればなるほど利益が上がる』

という形になっているということです。

これなら、

「お客さんに○○回以上来られたら
赤字になっちゃうよ・・・」

と心配することもありませんね。

儲かる定額制FP

この仕組み、面白いと思いませんか?

通常のカフェ形態よりも儲かりそうですよね。

そして・・・

個人的に面白いと思ったのは、
この仕組みというのはFPでも
全く同じようにできるということです。

一体、どうやるのか?

ということですが、、、

一番近い形として考えられるのは、

『ある程度安い料金で顧問契約を結び、
定期的な面談でフォローアップする』

という形ですね。

顧問契約のフィーでは、
利益を上げることを目的にしません。

そうではなくて、定期的に面談を
行うことで顧客のニーズを把握し、

必要に応じて別のキャッシュポイントに
繋げることによって利益を上げる。

こういった考え方です。

この仕組みができれば、

『これだけしかフィーをもらってないのに
何回も面談をするのはキツイな・・・』

と思うことはないですよね。

何回も面談を行い、信頼関係を
深めた上で収益を上げることができます。

また、一人あたりの単価も
高くなるので集客数を追う
必要もなくなります。

というように・・・

独立FPとして活動をするには、
このような方法もあります。

ぜひ、頭を柔軟にして考えてみて下さいね。

この記事を書いた人

石塚 駿平

株式会社FPライズ代表。独立FPに専門特化したコンサルティング、セミナー開催などを行っている。現在は依頼のほとんどを断っているが、相談料5万円の住宅相談をネットから月10名集客、開業コンサルティングを行なったFPが独立後15日で100万円以上の売上げを達成など、多くの成果を上げている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします