FPとして結果が出なくて不安なあなたへ

中西雅司

今日は家の近くのモスバーガーで、このメルマガを書いています。

こちらの店舗は、店内の温度が低めなので、頭が冴えます。

なので、仕事がはかどります。

でも、ちょっと温度が低すぎるので、1時間半くらいで寒くなります。

なので、短期集中型ですね。。

さて、何度かこちらでお伝えしていますが、

私は最近、

「燻製を作ること」

にハマっています。

2ヶ月ほど前から、簡単なものから始めました。

例えば、、、

・ナッツ

・チーズ

・さきいか

などです。

いよいよ大物にチャレンジ

そこから、少しずつレベルを上げてきて、

・ベーコン

・魚

・調味料(醤油、オリーブオイル)

などに挑戦をしてきました。

だいぶ慣れてきたので、

最近ついに、大物にチャレンジしました。

それは、

「豚の三枚肉の燻製」

です。

ラーメンのチャーシューに使うお肉です。

なぜ、大物か?

それは、、、

「作るのに時間がかかるから」

です。

例えば、ナッツの燻製は、30分ほどで完成します。

買ってきたナッツを、そのまま燻製器に入れるだけだからです。

でも、この三枚肉は、下ごしらえが必要。

しかも、時間がかかります。

どれくらいだと思いますか?

答えは・・・

三枚肉の下ごしらえの時間は、

「10日間」

です。

毎日、夜寝る前に、冷蔵庫から出して、

包んでいるキッチンペーパーを取り替えるなどし、

丁寧に育てていきました。

毎日工程があるので、少しずつ愛着が湧いていきます。

その工程を経て、昨日ついに燻製器に投入。

初めてだったので、失敗覚悟ではありましたが、

いい感じにできあがって、味も美味しくて大満足です。

実際、

総時間としては、かなり、かかりました。

でも、その分、、、

味に対する満足感も大きく、充実感がありました。

そして、何よりも、とても良い経験になり、学びが多かったです。

「時間をかけることって、良いことだ!」

そう感じた瞬間でした。

時間がかかる人こそ得られるもの

これは、FPビジネスも同じです。

FPとして独立したものの、なかなか結果が出なくて、

・苦しい

・辛い

・早く結果が欲しい

そんな気持ちになってしまう人もいるはずです。

とても不安な気持ちにもなりますよね。

でも、大丈夫です。

燻製と同じで、

時間がかかるということは、その分、多くの経験を積んでいることになるからです。

時間がかかっている分、すぐに結果が出る人にはないような、学びや気づきがあるのです。

なので、決してその時間は、無駄な時間ではありません。

加えて、その経験は必ず将来にも活きてきます。

なので、安心してください。

私も、軌道にのるまでに、時間がかかった経験を持っているので、

その時の経験は、本当に宝になっています。

1日1日の経験を大切にしながら、前に進んでいってくださいね。

行動を止めなければ、必ず結果につながっていきますので。

P.S.

今日は、モスバーガーの

「室温が低いので、頭がさえる」

という利点を活かして、

いつもよりも早くメルマガを書き終えることができました。

でも、そろそろ身体が冷えてきたので、

別のお店に移動したいと思います。

で、、、

こんなことを書いていたら、

「何℃くらいだと、一番頭がさえるのだろう?」

ということが気になってきました。

ネットで記事を検索してみると、

・22度~24度くらいが良さそう

・温度だけではなく、湿度も重要

・女性は、基礎代謝が低い傾向があるので、男性よりも3度ほど高いほうが良い

などが書いてありました。

気になる人は調べてみてくださいね(^^)

ちなみに、私はこちらの記事を参考にしてみましたので、参考に掲載しておきます。

生産性を上げたければ「温度」と「湿度」に気を配れ!? 最適な作業環境を徹底的に考察してみた。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします