コロナ禍をみんなで生き残ろう!

昆知宏

明けましておめでとうございます。

今年2021年があなたにとって
よい1年になりますように。

さて、2021年を迎え正直な気持ちを
言うと私はやっぱりちょっと不安です。

新年早々にネガティブな感情を書くのも
どうかなと思ったのですが、

無理して元気を出しても仕方がないよね
ってことで私自身が感じている不安に
ついて書いていきたいと思います。

新年早々に首都圏では緊急事態宣言が
発令されて終息の目途はGW明け
なんていうふうに言われていますよね。

そうなるとここから4か月程度は
いつもと同じスタイルでは経営上は
厳しくなることが予想されます。

GWで落ち着けば良いのですが、
その先も不透明なのでやっぱり不安。

不安を解決するには不安に向き合う
しかないということで、

要は集客減により経営難を心配している
自分がそこにはいました。

あなたはいかがでしょうか?

先に結論を言います

まずはコロナのようにあなた自身、
私自身がどう頑張ってもコントロール
できないものを心配しても
それはどうしようにありません。

なので感染対策をしっかり行って
回りと歩調を合わせていつも通り
やっていくというのが答えです。

これに関しては心配しても自分自身では
どうにも解決できないので、
うまく距離を置いて向き合いましょう。

しかし一方であなた自身の手によって
解決できる可能性のある不安は
いかがでしょうか?

これについてはある意味心配しがいがあるとも言えます。
具体的に言えば、集客です。

集客においては2021年はどれだけ
インターネットシフトをできるかどうかで
不安を軽減できるかが決まるように思います。

しかし私は今だにオンライン相談をしておらず
時代の最先端についていっていません。

このまま海外のようにコロナが拡大した
ケースを想定すればオンライン相談は
FPの経営上は当面は必須となることは
容易に推測されます。

なので不安を軽減したければ今のうちに
準備をするに越したことはありません。

ZOOMを覚えてリングライトを買えばいい

とはいえこれもそれほど難しいことではありません。

今となればビジネスをしている人には
かなり身近になったZOOMを使い、

ZOOM映えするために機材を買えば良いのです。

そしてオンライン相談をしていることや
具体的にどうやっているのかどんどんアピールする。

相談者にいい印象を持ってもらうために
高性能のカメラと暗さを補填する
リングライトは必須ですね。

インターネット速度が遅いと問題なので
高速度のネット環境を整えればいい。

あとはいつも通りに相談者を迎えて
面談をするのみ。

これだけのアクションなのですが、
今までは結局そこまでの必要がなく
面倒でやってきませんでした。

でも今回みたいにいきなり緊急事態宣言で
今後もどうなるか分からない時に、

毎度毎度不安になるのではなく
そうなったらこうしよう!という
方法が明確にできていればもう
余計な心配はいらないですよね。

それ以上はもう自分自身では
コントロールできないから仕方ないと
割り切れると思うのです。

精神的に強くない方へ

もうひとつお伝えしておきたいのは
自分自身で精神的に強くないことを
自覚している方は、

早々に売り上げ目標という概念を
一回取り払った方が良いです。

特に対前年比を追いかけていくと
逆風の中で強いエネルギーを
あなたが作らないといけないため
かなりの消耗を強いられます。

パワーのある方は関係ない話ですが
自分のエネルギー量が中間よりも
少ないと自覚している方は、

最低限事業が継続できるラインを
意識するくらいにして無理を
しないことは今年は特に大事な
ように思います。

私が思うに精神的にきついピークは
今年の2月、3月くらいになり、

そこからは徐々に良くなってきて
次第に何事もなかったように
元に戻ってくる。

こんなふうに期待しています。

相談者のケアも大事ですが、
あなた自身のケアをしっかりと行ってください。

よい1年にお互いしていきましょうね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします