最優先すべき動画のクオリティはここ

昆知宏

あなたが最近夢中なことはありますか?

私はカメラにハマっています。

前からカメラには興味があったのですが、
じっくり向き合う時間を作れずにいました。

しかし最近仕事で動画撮影用に買った
カメラで子どもの写真を撮ってみたら…
その画力に圧倒されてしまいました。

スマホでは撮れない画に感動すら覚え
すっかりハマってしまったというわけです。

やっぱりちゃんとした機材は違いますよね。

こうやってカメラにハマると次に
誰もが通る危険なことがあります。

それはより良いレンズが欲しくなってしまう病。
カメラの世界では”レンズ沼”と言います。

いいレンズ、欲しいレンズには終わりがなく
どこまでにハマって抜け出せずお金も
かかるというドロ沼を表した表現ですね。

分かる人にしか差が出ないもの

とはいえ正直なところ、
最近のスマホは進化しておりまして
スマホで撮った写真も十分にいい映りです。

「カメラが趣味です!」

なんて言ってるものの
ネットで上がっている写真がスマホで
撮ったものなのか?
一眼カメラで撮ったものなのか?

自信をもって答えられるほどでは
ありません。

趣味の世界では機材については
自己満足のところも大きいですよね。

カメラと同じように仕事でも私は
ただやるからにはいい物を作りたいし
可能な限りはいい機材を使いたいという
性分であるため最近苦しんでいることがあります。

仕事用動画のクオリティについてです。

やるからにはどれも高いレベルにしたい
症候群にかられているわけですが、

これって客観的に見れば正直どうでも
いいというレベルに尽きるかもしれません。

画素数とかいわゆる画質の差というのは
視聴者がスマホなどのデバイスでみれば

差は分かりにくいのが事実でこだわるべきところ
ってそこではないところに気付きます。

動画作成で最大にこだわるべき点はここ

動画を作る時に実は盲点になりがちですが
間違いなくこだわったほうがいい分野があります。

それは音質なのです。

これは自分自身が誰かの動画を視聴したときも
感じるのですが、

スライドや画の解像度はいいには
越したことはないのですが、

多少粗くても内容が理解・読める程度で
あればさほどストレスを感じません。

しかし音質がダメだとものすごい
ストレスを感じます。

「サー」
「ザー」

といった自然音って意外と目立ち、
例えば私の事務所で対策なしに録音すると

車の行き来する音や外の雑音が
なんとなく入ってしまうのです。

こうなると一気に動画の素人感が
全開になってしまい内容がすっと
入ってこなくて離脱しちゃう。

これから動画を作る人は、
「音にはこだわれ!」
というのは確かに腑に落ちます。

アングルはどう映そうか?

次に悩むのはアングル。

どういう撮影方式でいくかも
大変悩みますよね。

ZOOMみたいに画面いっぱいに
資料を表示されて、

ワイプで自分の顔が入ってるというのが
最近のスタンダードでしょうか。

ただ私はリハーサルで撮ってみたところ
どうもこの撮影方法はしっくりこず、

いわゆる普通のセミナー形式で
モニターと登壇者を一枚撮りする
スタイルの方がやっているほうは
しっくりきました。

欲を言うと2台のカメラを使い
モニターと登壇者を分けて撮影し

編集する方法がどうも自分の好みですが
ここは手間との兼ね合いになります。

動画リハをして思ったのは、
自分のりやすいようにやる大事さです。

いかに自分がストレスなく自然に
話せるかその撮影方法は何なのか?

を突き詰めることにあると思いました。

例えばユーチューバーでいい構成に
なっているものも真似ても、

テンションが違ったり世界観が
違うと全くしっくりきません。

自分自身がやりやすい画角や構成を
探す時間は大事と思いました。

正直私は他の人の動画を見ていて
アングルが気になったことって
あんまりなくて、

そこは見栄えよりもやりやすいさが大事であり
視聴者にストレスがかかるところは
まず音質なんだということに気が付きます。

製作物を作ると”こだわり”が多くなりますが
冷静に考えて意味のあることなのか?

違う方法でも実は大差がないのではないか?

このあたりを今一度考える時間をもつと
いろいろとストレスと費用を
押さえられるような気がしました。

動画を作るのはやっぱり大変なので
実行できる人は間違いなくこのご時世では
強いといえます。

だから一緒にがんばりましょう。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします