「値上げしても売れる」を実現するシンプルな方法

中西雅司

本当なら、すでに東京オリンピックが始まっている時期になりました。

私も、すでに北海道に移住している予定だったのですが、

こんな状況なので、延期です。

なので、まだ東京にいます。

さて、今日は、自宅近くのコメダ珈琲で、

右耳に、黒いイヤホンをしながら、このメルマガを書いています。

ここに来る前に、セブンイレブンに行ったのですが、

少しウロウロして、おにぎりやお弁当などのコーナーを見ていたところ、

FPのあなたに伝えたい大事なことを思いつきました。

それは、、、

「商品サービスの名前の付け方について」

です。

焼きおにぎり・ペペロンチーノ

セブンイレブンの商品棚にある、例えば、焼きおにぎり。

セブンイレブンでは、こんな風な商品名になっています。

「こんがり焼いた 焼きおにぎり ヒゲタ本膳醤油だれ使用」

ただ、「焼きおにぎり」とだけ書いてあるよりも、魅力的に感じませんか?

きっと、魅力的に感じるはずです。

「こんがり焼いた」という言葉により、購入後の具体的なイメージ(得られる結果)がしやすい名称になっています。

次に、ペペロンチーノ。

商品名はこうです。

「オリーブオイル香る!大盛ペペロンチーノ」

こちらも、ただペペロンチーノとだけ書いているよりも、魅力的ですよね。

こちらも、「オリーブオイル香る」と書いてあるだけで、イメージしやすいですよね。

ペペロンチーノで、オリーブオイルが香るのは当たり前なんですけどね。

最後にもう1つ。

とろろそば

とろろそば。

こちらの商品名は、

「だし割とろろを味わう とろ玉そば」

となっています。

単なるとろろではなく、

「だし割とろろ」

と書くことで、魅力が伝わりやすくなっていますよね。

このように、

「価値を伝える言葉を少し足すだけで、魅力が伝わりやすく」

なります。

結果として、

・買いたい気持ちが高まったり、

・高い価格でも買いたくなったり、

・何度も買いたくなったり、

するのです。

FPサービスも同じ

このことは、FPサービスも同じです。

単純に、

「資産運用相談サービス」

とだけ記載するよりも、

「資産運用相談サービス ~お金が自然に増えていく家計の作り方~」

のように、

「価値を伝える言葉を少し足す」

ことにより、魅力が伝わりやすくなります。

結果として、

・より多くの人が買ってくれる(顧客数増加)

・値上げしても売れる(単価アップ)

・何度も買ってくれる(リピート増)

につながっていきます。

ポイントは、

・サービスを受けることによって得られる結果や未来

を伝えていくことです。

価値を言葉にする

あまりやりすぎない程度に、セブンイレブンの店内をウロウロするなどして、

「あなたのサービスの価値を伝えるには、どういう言葉を少し足せばよいか?」

を考えてみてください。

FPの仕事は、非常に価値ある仕事ですから、その価値を言葉にすればOKです。

どうしても、思いつかない場合は、お客様に聞いてみるのも1つの方法ですよ。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

中西雅司

大手生命保険会社に約8年勤務後、2013年にファイナンシャルプランナーとして独立。これまで40万件以上のクレームを見てきた経験から、保険適正化コンサルタントとして活動をする。現在はFPのための経営コンサルタントとして、FPの育成にも力を入れており、『保険の販売手数料に頼らなくても、FPが活躍できる業界を作る』という想いの実現に向け日々邁進している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします