ピンチをチャンスにする飲食店に学ぶこと

昆知宏

事務所にFAXDMが多く来ます。
その多くは、テイクアウトのDM。

居酒屋やレストランなどで
売り上げを少しでも補填するために

テイクアウトを始めているお店は
最近多いですよね。

あなたもきっと応援も込めて
何件か購入されたかもしれません。

私は事務所が駅前にあることもあり
最近テイクアウトを始めたお店を
よく目にするものの、

結局買おうかなと思うのは
今まで行ったことがあったり、
気になっていたお店だけ。

このことに気付きました。

前から良く行っていたお店は、
今後も継続して欲しいから応援で
高くても買おうと思いますし、

前から一度行ってみたかったお店は
試しに1回だけ買ってみようかと
いう気持ちになります。

しかしそれ以外のお店は、
あまり手が伸びません。

あ、この差は大事だなと思ったのです。

あまり賢くないどころか不快なオファー

FAXDMも色々なものが来ます。

今まで聞いたことのないお店から
普通の商品紹介で、

しかも5,000円以上から注文可能
なんてくると、

「うーん。」

と思ってしまいます。

勝手にFAXという資源を使って、
しかも案内も普通で魅力がなく、
気軽にも頼めなくて、、、

「何なん。」

と思うわけです。

法人相手にDMを流しているので、
効率を考えてまとめ注文を

期待されているのでしょうけれど、
ちょっとズレてるよなと思いました。

まさに相手よりも自分を見ている
典型例かと思います。

こういう時こそコピーライティングの力で
見出しは、

「助けてください!」

という、ド直球でもうちょっと気軽に
オーダーできるような仕組みにすればいいのに。

と思ってしまいます。

一方でこの危機をチャンスに
変換しようと思っているところは

今後大きく売り上げを伸ばすかも
しれないと思いました。

新たにファンを作っている賢いと思ったオファー

一方でこれはすごいなと思ったのは、

子どもがいる方にお寿司を
1パックプレゼント!

なんていう飲食店もありました。

しかも1,000円くらいしそうな立派なものです。

今は子どもが家にいるため、
少しでも親の家事負担を軽減

させてあげようという粋な
計らいですよね。

これは今厳しいはずなのに、
ここで利益を取りに行かないで
顧客に認知されファンになって
もらう試みです。

SNSでもシェアされている方がいて
これは大きな宣伝効果になったし

このお店に対してかなりプラスの
イメージが私自身も形成されました。

センスあるよなーと思ったわけです。

大手だとカレーのココイチも
キッズカレーセットが

カレーにから揚げにコロッケにと
色々ついて300円という破格で
やっているようで、

目の前の利益を取りに行かず、
薄利でもお店の存在感を出す戦略が
支持されているような気がします。

利益は後で付いてくるを有言実行できるかどうか

これはFPに置き換えるといきなり

「オンライン相談できますよー!」

とかそういう感じで行くのではなくて、

無料オンラインセミナーを配信!
おうちでできるライフプラン作成術!
緊急オンライン無料相談会!

みたいなノリで行った方が、
今回は何となく正解のような気が
しています。

結論から言うと、

顧客リストを取りに行くことが
大事であり、

そのハードルはこのオンライン化で、
実は下がっていたりします。

認知さえされれば、
ファンになってくれるかもしれなく、

あとは自分の努力次第で、
選ばれる存在になれる可能性が
あります。

いきなり強い接触はできずとも、
良い接触は以前よりもむしろ
しやすくなっているこの雰囲気の中
ビジネスの設計を多少カスタムする
メリットは大きいようです。

イメージ的には、

STEP1→STEP2というのが
今までの過程であれば、

ここにSTEP0を追加し、
スリーステップを踏む感じです。

飲食店の方々の様々な工夫には
頭が下がるばかり。

私たちも勉強させていただくことは
とてもとても多いですね。

FPライズメルマガ登録

この記事を書いた人

昆知宏

新潟の住宅会社に営業として勤めた後、『特定の会社に属さずに、客観的な立場から住宅購入をサポートできるFPになりたい』という想いの元独立。住宅購入を専門とするFPとして、新潟でこれから家を買う方への相談を行っている。コンサルティングフィーは土地建物価格の1%と高額ながら、多くの顧客に支持されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします